三宅島 元気ハツラツぅ?

欠航、 ケッ!だらけ

 ANAは、今年に入って1月2日の1日しか飛ばず、就航率4.5%  
でも、もう少しの辛抱。現在の唯一残っている坪田高濃度地区の居住規制がほぼ解除されるこの4月からは「定期」便の発着も大幅に向上するではず。だって、機体やクルーのみなさんへの火山ガスの影響は十分に考えなくちゃイカンけど、島民が事実上24時間暮らしていいとされたたところで、三宅空港への着陸から離陸まで45分しかない飛行機の運行がこれまでみたいなことはありえな~いはず。いまも規制区域に含まれる滑走路は端っこの一部分(1/3くらい)なんだし。

 
 飛行機の問題は「もう少し待っててね」で一件落着!
 いま問題なのは東海汽船の定期船。元日に上下便、2日に上り便が欠航したが、その後は条件付きでも就航していた。しかし、先週の日曜16日から強風やシケで欠航続き。22日までのこの1週間で上り・下り便延べ14便中、上り4便下り3便が欠航。就航率50%。シケによる欠航は連続となりやすいため、上りでいえば日・月、水・木と続けて三宅に定期船はいらっしゃいませんでした。

 19日水曜日の午後、上り便に乗る人を送りに三池港に行ったのですが、岸壁目前あと数十メートのところで接岸せずにUターンしてサヨ-ナラ!
「一応ぎりぎりまで入港する姿勢は見せたんだから」と理解する人、「ケッ、あそこまできておきながら、ケツ向けやがって」と怒る人。いずれにせよ、みんながさあ乗船という直前だっただけに、彼女が目を閉じ、唇を重ねようとした瞬間に「あっ、ガスの元栓閉めてきたかしら」なんてくるりと背を向けいってしまったような悲しさが・・・?


d0161382_9162374.jpg

             欠航? ケッ!だらけ。
             三池 ふね欠航だらけ? 
         あっという間に遠ざかっていくサルビア丸


 接岸には波・風の状況や港の形状、接岸技術・度胸?などいろんな要素が影響する。無理に接岸して、岸壁に船腹をドーンとなっても困る。とはいえ、そもそも島に3つある港で、この日三池港をチョイスしたことが??という声は多かった。そのあと伊ヶ谷港を見ましたが、岸壁への波は三池よりずっと緩やかだった。ナゼ?


d0161382_9382090.jpg

この時期 阿古の錆ヶ浜港は、西風・高波で使用できないことが多い

d0161382_9385917.jpg

 直前で船が踵を返した翌々日、72時間ぶりの上り便は伊ヶ谷港入港で無事出発


d0161382_1123154.jpg




d0161382_4421422.jpg


 1月20日は、今年最初の満月
 干満の差が大きい満月の大潮だったことも波を高くしたのかも?

d0161382_91743100.jpg


by Wamploo | 2011-01-23 14:08 | 三宅の風景
<< 梅は 咲いたか  桜は ・・・ 真っ赤なお鼻の ♪♪ >>



噴火から10年、帰島から5年、火山ガス「噴出ヤメッ!」とは、なかなかならない三宅島に、元気を取り戻してもらえるように、写真を中心に、テキト~に文章まき散らし、テキトーに規則正しく綴っていければと・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
外部リンク
タグ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Powered By イーココロ!
FX情報サイトの入り口
ファン
ブログジャンル
画像一覧