三宅島 元気ハツラツぅ?

おニイさんは山に木を植えに

 週末は、三宅島植樹ボランティア(第2回、三宅島植林組合およびイオン環境財団主催)に参加しました。
 島外から約70人、島内からも同じくらいのボランティアが参加し、約2000本の植林を実施。地元三宅高校バレー部の生徒はんたちも一所懸命に作業に加わっていました。

d0161382_2531724.jpg

                作業終了後の昼食&交流会の風景

  植えるのは、何十年後かに本格的な森を形作るタブノキやスダジイなどが育つお膳立てをする火山ガスにも強いヤブツバキ、ヒサガキ、ハチジョウイボタなどの苗木です。これらは同じ種類でもほかの土地から持ってくると島の植物のDNAを攪乱するため、すべて三宅島産の苗木だといいいます。事前の準備にも大変な労力がかかっているようです。


d0161382_1293034.jpg

     山はハチジョウススキの花穂がいっぱい(向こうに見えるのは御蔵島)

  このススキは噴火後の裸地に根を降ろす先駆植物で、土壌を守り、やがて植物相が豊かになってくると、他の植物にバトンタッチし、ゆっくり退場していきます。いまの強い者だけが生き残ればよいという経済合理性一辺倒の世の中で、信じられないくらい奥ゆかしい植物なんですね。
 長い船旅で島へ渡ってこられるボランティアにも、ハチジョウススキにも本当に頭が下がります。


ボランティアや関係者のみなさん本当にお疲れ様でした。


珍しく?お仕事(作業)に集中していて写真を撮る余裕はありませんでした。
詳細は ㈱旅職人のブログにのってましたので ↓

http://tabi-shokunin.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/10/post_bd4a.html



穂芒や おれがつぶりも ともそよぎ  (一茶)
by Wamploo | 2010-10-24 20:12 | 三宅の風景
<< Onlyわん このしま 下町からのスカイツリー >>



噴火から10年、帰島から5年、火山ガス「噴出ヤメッ!」とは、なかなかならない三宅島に、元気を取り戻してもらえるように、写真を中心に、テキト~に文章まき散らし、テキトーに規則正しく綴っていければと・・・
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
外部リンク
タグ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Powered By イーココロ!
FX情報サイトの入り口
ファン
ブログジャンル
画像一覧