三宅島 元気ハツラツぅ?

タグ:生活 ( 13 ) タグの人気記事

三宅坂46

  アイドルの女の子が必死に坂を登り切って 「ハア ハア」 あえぐ、エロい変態番組だとキムタクがいったという逸話があるTV番組 『全力坂』 d0161382_12222165.jpg


 特にツマラン番組=「特番」続きで、昨夜、少しはましな放送はないのか番組表をチェックしていたら、いまも深夜に放送しているのを発見。キムタクが港区の坂50本を登った特番もあったけど、やっぱり女性の方がね? 惜しむらくは、若すぎるアイドルばかりで、オジサンにはチョットなんやけど。




d0161382_045074.jpg


 三宅島にも坂はある。というか、坂ばかりなのだがでも坂に名前はない。
円錐形の火山島の4号目くらいが、海の上からニョキッと顔を出しているんだから、当然山から海岸方向に360度斜面となっている。海沿いを走る都道:三宅一周道路も(数え方がビミョーだが)50カ所近い坂から成っている。

d0161382_05495.jpg


d0161382_064453.jpg  でも、すべてとはいわないまでも九分九厘坂なので、それらに○○坂とつけるのはむしろメンドウなことに。特別な呼び名をつけられるとすれば、逆に都道の2・3カ所しかない比較的平らな区間だ。ただ、平らな道になんてつけたらいい?○○平とか?
三宅島には、平坦な旧火口(カルデラ)で、固有の植物に覆われた「八丁平」という湿原があったが、道路に平をつけるのどんなもんか?(残念ながら八丁平も山頂の豊かな緑も2000年噴火で消失)
    <八丁平の写真は  三宅島観光協会 HPより引用>

d0161382_091661.jpg


 どうしても坂に名前をつけるとすれば、一周道路が50カ所近い坂ばかりの道なのだから、勝手に「三宅坂46」に決定。50カ所近いから46というのも相当強引だけどね。
 とはいえ、「三宅坂」といえば、その代名詞で呼ばれた自民党などとの連立政権で自滅し、現在はリベラルな主張はもっともなことも少なくないのに、いまいち存在感も盛り上げる気もない某政党のようにならないことを祈らざるをえないが。

d0161382_010080.jpg

  都道に通じる村道は都道より急坂が多い。


d0161382_027018.jpg
 「三宅坂46」を全国区にするためには、10代アイドルなんてどうでもエエから、島の名物イベントとなりつつある「三宅島レディース・ラン」の坂道版をつくって、壇れいさん、が、ムリなら松雪泰子・高岡早紀さんあたりに三宅坂で「ハア ハア」いって欲しい。それが高望みなら、武井咲ちゃんでも、キムタクでも、 日本坂道学会副会長のタモリ でも、まぁいいけどね。
  金麦ギンギン冷やして待ってるからー!!




d0161382_0104339.jpg


★このGWは日曜日こそ五月晴れでしたが、それ以外はパッとしない天候。そのかわりちゃなんですが、船も飛行機もすごく順調。ANAなんか1週間で1回の欠航だけ。(その分他の時期に取り返さないようにしてほしいものだ!)
  GW後半は、来島されるみなさんに天候も含めいい休日となりますように!



にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  離島情報
  ↑ ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも

by Wamploo | 2012-05-01 23:47 | 三宅の風景

ANA 三宅-羽田路線廃止撤回??

  日本のメディアでは取り上げられていませんが、 ロイタービジネスニュース (日本版3月31日)ウィークリーレポートによれば

d0161382_012218.jpg


 EUのエアバスへの支援と米国のボーイングへの支援はともにWTO協定違反だと提訴合戦になっている問題で、日本政府の理解を求めるため来日中の米国連邦航空省運輸保安局のルービン・オドノヴァン・モイヤー長官代行は、3月29日東京で国交省の尾沢馨一交通審議官と会談し・・・

・・・(中略)・・・

  またこのあと開かれた歓迎レセプションで、モイヤー長官代行は、職務を離れ、まったく個人的発言で、日本の航空行政に干渉する気は一切ないことを理解願いたいと前置きしたうえで、「祖父のジャック・モイヤーが愛した東京三宅島の教え子たちから手紙をもらい赤字航空路線の廃止が提起されていると聞いている。広大な国土を持つ連邦政府は航空アクセス法等により国民の交通権を保障することが求められており、こうした問題でも情報提供等の協力を惜しまない」と述べた。尾沢審議官は、「わが国も離党振興法等により対応しているところだが、諸外国の地方路線の運用も参考にしたい」と表明した。同席していたANAの篠部脩副社長も同長官代行と挨拶を交わした折に、「航空業界の激しい競争のもとで理解を求めたが、一方的な通告と受け取られたとすれば不本意で、あらためて国や東京都の支援も要望し、三宅村や三宅島の方々とも今後十分に協議した上で対処する」ことを明らかにした。

  外国の政府幹部が他国の地方航空路線に言及するのは極めて異例だが、同代行の祖父ジャック・T・モイヤー氏は、1950年代初頭に徴兵され日本に駐在した。
三宅島を訪れたJ・モイヤー氏は、世界でも貴重な海鳥カンムリウミスズメの繁殖地でもある三宅島南西沖の大野原島(三本岳)で爆撃訓練が行われていることを知り、中止するようトルーマン大統領の側近に訴えた。それをきっかけで、三宅島に永住し、三宅島噴火による全島避難中に都内で死去した。島には、(英語)教師としてその薫陶を受けた教え子も少なくない。海洋学者として三宅島の自然を紹介した著作も多数にのぼり、三宅村名誉村民や地球環境保護に貢献する世界の学者・専門家1300人のうちの一人に選ばれている。

・・・(中略)・・・

 モイヤー代行は、関空等を視察し、4月2日に離日する。 



  これがレセプションの友好ムードの中の単なる「外交辞令」でないとすれば、ボンバルディア社製DHC-8-Q300の製造中止を理由に三宅~羽田路線を2013年3月末で廃止するという全日空の村への通告が再検討されるという見方も可能な出来事だ。
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
  またこれが、「エイプリールフール」の戯れ事でないとすれば島にとって今年最大のグッドニュースです!
でも、こんな出来事はいまのところありません。ルービン・オドノヴァン・モイヤー長官代行なんていうひとはいません。外圧に弱いというか、アメリカのいうことなら沖縄基地問題のように無理難題でも受け入れてきた日本外交への茶々もまじえたWamplooの希望的物語でした。本気にした方はいないと思うけど、もし、いたらゴメンなさい!

d0161382_043053.jpg


  このところ島にとっても稼ぎ時の週末は、毎週海が荒れ、東海汽船の就航が乱れています。この土曜日も欠航すらしませんでしたが、午後風と波が高くなることが予想されたため、早朝5~6時の着発でした。実際、午後から夕方過ぎ、風・波とも強くなり、雨の影響もあって夕方急速に寒くなる天候に。 その前の土日も欠航でしたし、その前々週もほぼ欠航状態。
  ANA便は、いまのところ火山ガスの影響によりほとんど連日欠航という状況にあるとはいえ、飛行機という選択肢を完全になくされてしまっては、本当に困ったことに。
  
  経済効率だけで判断するのではなく、島民の生活や産業・観光振興等もふまえた見直しを離島振興と航空行政をともに担当する国交省とANAにはぜひお願いしたい。


にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  離島情報
  ↑ ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも



by Wamploo | 2012-04-01 21:46 | 三宅の風景

三宅のみせみせみせやしょう

 今日はあちこちのメディアが「東日本大震災から1年」という特集や特報番組を組んでいる。先ほどフジの特番で『もう「絆」という安っぽい言葉は使わない』という地元の中学生の言葉が紹介されていたが、震災からの復興と福島第一原子力発電所事故について、「被災地ガンバレ」とかという善人面した上っ面の報道だけでなく、「ただちに大きな影響はない」報道や「一つになろう日本」キャンペーンを繰り広げたメディア自身の検証も含め、この1年間の総括と未来に繋がる報道に期待したい。

  とりあえず1日限りのイベントで、明日からまたCM収入第一で、オバカ番組ばかりが幅をきかせるなんてことだけはないようにお願いしますぜ!

d0161382_020567.jpg

三宅島は、ここのところ「ギャーオ」というくらいの大雨も降った空模様でしたが、今日は久々にお日様にお目にかかりました。


 ということで、この話題は、本日ののテレビや新聞報道を見た上で、別の機会にあらためて取り上げることとして、今日は前回のブログで、イマカノデッカさんからのコメントへのお答えで、紹介したいと書いた三宅の店々を見せやしょう。

三宅島の新聞は、空路で八丈島に運ばれた新聞が翌日船便で来るためタイムラグあり、また船が欠航すると当然きません。本日の気象庁の発表によれば、これから低気圧が発生し、 <沿岸波浪モデル予想> では、3.5~4m近い高波となりそうなので、今晩の船は欠航かもしれません? 今のところ久しぶりにのどかな1日だったのに!


        ♣  ♠  ♦  ♥

※Wamplooが利用してるお店のうち、今回は画像があるところだけをご案内します。 


<坪田地区>

d0161382_2373569.jpg

  ①三宅ハートショップ
店舗経営だけでなく、アシタバの「内地」への出荷や島の特産品を使った化粧品・漬け物等の商品開発もおこない「外貨獲得」にも創意工夫しているお店です。


d0161382_2384255.jpg

  ②築穴商店
避難指示が解除された2005年島の復興のため帰島し真っ先に再開したお店の一つ。


d0161382_2395861.jpg

  ③井上豆腐店
こちらも復興のため帰島直後からお店を再開した島で唯一の豆腐屋さん。


d0161382_23105657.jpg

  ④進八屋
入口からは想像できませんが? 棚にはドンキのように盛りだくさんの商品が並んでいます。

d0161382_23115325.jpg

  ⑤割烹 いけ吉
接待に使える和食屋さん。お刺身が特にお薦め。お昼も営業しているらしい。 

d0161382_23124099.jpg

  ⑥居酒屋テス
島で唯一、牛丼が売りの(一つの)居酒屋さん。ランチ営業も。


<神着・伊豆地区>


d0161382_23153060.jpg

   ⑦三宅島酒造 
現在唯一の三宅島ブランドの焼酎「雄山一」を製造販売している蔵元。建物は旧観光ホテルで、1階では島内のお土産も多数取り扱い。Coffeeも飲めます。


d0161382_23171637.jpg

d0161382_23355560.jpg

   ⑧清漁水産 
帰島後苦労して島のクサヤを復活させたお店。クサヤだけでなく、鍋・味噌汁、揚げ物等に使える青ムロアジのすり身(冷凍)もお薦めです。


d0161382_23181996.jpg

  ⑨岡太楼本舗
島の名物土産「牛乳せんべい」の製造販売元。焼いているところにぶつかると、まだ柔らかい焼きたてを試食させてもらえます。

d0161382_2320412.jpg

  ⑩さぶちゃん
お刺身を初めとする定食が美味い居酒屋さん。ランチタイムにも。

d0161382_23212399.jpg

  ⑪正大ストア
島でチラシを配布する数少ない店舗。売り場も広く雑貨類も数多く扱っている。

d0161382_2322511.jpg

  ⑫利八屋
こちらも噴火による避難指示が解除された2005年帰島直後から島の復興のため再開したお店の一つ。最近オヤジさんを見かけませんが、商工会の仕事が忙しいんでしょうか。

d0161382_23233187.jpg

  ⑬ヤマシタ
1年半ほど前にReopen。島の人に必要な品をできるだけ安く揃えるという経営姿勢は感謝状もの、パチパチパチ。社長はジャズメンというウワサも?

d0161382_475188.jpg

  ⑭ギャラリー・カフェ Canon 
島でオンリーワンのカフェ。キャノンではなくカノン(追複曲≒輪唱)なので念のため。ランチでは ハンバーガーやピザがお薦め。 


<阿古地区>

d0161382_23261722.jpg
 
  ⑮はせがわ
お刺身や総菜類が特にお薦めのお店です。島でただ一つの製パン業、築穴製菓のパン類も数多く扱っています。新聞も全国紙各紙がほぼそろいます。  

d0161382_23283414.jpg

  ⑯ツチヤ
錆ヶ浜港からすぐの豊富な品揃えのお店。野菜等の生鮮品だけでなく、総菜・弁当類も充実。特に海苔弁500円は★★☆

d0161382_23294280.jpg

  ⑰いきいきお魚センター
三宅島近海で採れた新鮮な魚などを販売している漁協直売店。伊勢エビ・タカベ・アカイカ等お土産にも。錆ヶ浜港船待の向かい側です。

d0161382_23312577.jpg

   ⑱沖倉商店 
食品・雑貨だけでなく、独自に商品開発したTシャツ・手ぬぐい等のお土産も。
また沖倉商店のブログは、目を見張る夕日のPhotoや島情報など島では必須チェック項目。このほかYouTube・Facebook・twitterなど多チャンネルで島から情報を発信しています。
 

d0161382_23315545.jpg

  ⑲キタガワ商店
生鮮食品のほか、総菜類・弁当類も多数扱っている緑の屋根が印象的なお店。

d0161382_2332271.jpg

  ⑳シタヤマ商店
化粧品・雑貨類の品揃えでは一番かも?島で唯一100円ショップも併設している。また動物病院やペットショップも。 

d0161382_23331742.jpg

   ㉑海 楽 
メーンは島のナンバーワンホテルだが、レストランや釣り具ショップも併設。宴会も可。錆ヶ浜港を上がってすぐ。


d0161382_23342385.jpg

  ㉒ふるさと味覚館
三宅村が整備したふるさと体験ビレッジのレストラン。ビレッジには、このほかに温泉施設がある。三本岳の向こうに沈む夕陽を眺めながら食事やお酒が楽しめる。地魚寿司やアシタバの天ぷらなどが看板商品かな?
 
d0161382_2335772.jpg

  ㉓ふるさとの湯
軽く飲んでから温まるか、温まってからガンガン飲むか、それが問題だ。味覚館から徒歩1分。内風呂だけでなく、寒風の中での露天風呂もなかなか?




d0161382_2231537.jpg

           ↑ クリックすると拡大
  【案内図】 
話しも聞かず、地図も読めない男につき、位置はテキトーですので、おおよその目安ということでご理解を。

  ★このほかのお店は、またあらためて



にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  離島情報
  ↑ ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも

by Wamploo | 2012-03-11 16:34 | 三宅の風景

島のエネルギーについてテーゲーに考えるノダ

 今朝、「福島第一原発2号機で圧力容器で原因不明の温度上昇続く」という不気味なニュースが流れていました。先月は、「原子炉内の水が8.5トン漏れる」とか「循環注水冷却システムのホースに亀裂 汚染水凍結の恐れ」とか、正月早々には、「福島県の放射性物質の降下量が急上昇」したとかいろいろなニュースが飛び交っています。

  事故からまもなく1年になろうというのに、相変わらずの情報隠蔽体質で本当のところ原発がどうなっているのか、さっぱりわれわれには分からない。
「原子炉が冷温停止状態に達し、事故は収束した」といった昨年12月半ばの野田首相の事故収束宣言は何だったんでしょうか。

  また、この冬は大方の原発が停止(54基中稼働は3基のみ)して、電力供給不足の恐れが伝えられましたが、近年にない厳冬にもかかわらず今のところ昨年夏のような混乱は幸い生じず、何とかピークを乗り越えそうです。
  原発がないと経済も生活もメチャクチャになるという情報は、どこまで正しかったのかしっかり検証する必要があるんでしょうね。
 とはいっても、これまでのようにあっけらかんと、原子力や化石エネルギーを大量消費する経済構造や生活スタイルの見直しを迫られていることには変わりありません。


             ▽     ▽     ▽     ▽     ▽

 そこで、地元三宅島のエネルギーの現状と、今後の「提言」--というのには遠く及ばないテーゲーな思いつきを。

 エネルギーといっても、三宅にはプロパンガスと東京電力の電気、あと自動車用燃料ぐらいしか基本的にありません。プロパンはどちらかといえば、調理や補助暖房手段で、消費エネルギーの大部分は電力が担っています。

 その島の生活の命運を握る発電は、島の最北端の大久保地区にある大久保浜発電所(出力5,500kWの火力発電所)で発電され、都道沿いの基幹幹線を通じて島中に送電されます。
 三宅島噴火時や島の復興のときも、東電関係のみなさんの必死の作業で、このライフラインは維持・復旧されてきました。
 ところがこの発電所には一つ大きな問題があります。その名が示すように「大久保浜」に面し、海とほとんど変わらない高さに設置されていることです。

d0161382_23455464.jpg

   手前の白い施設等が発電所設備。そのすぐ先は集落と大久保浜

  大久保地区は、3.11のときも津波警報で避難指示が出された島でももっとも低地にある集落の一つです。23区でいえば亀戸のような感じ?幸い津波は50Cm程度で、翌日には避難指示は解除されましたが、島全体の電力供給場所としては「いかがなものか」という立地です。
 たぶん円形(円錐)に近い島の形状から(島の外周に沿って津波が分散されたため)、過去大きな津波の記録が見あたらなかったことや、北部は噴火の影響が比較的少なかった歴史等をふまえてのことだとは思いますが?

  とはいえ、現実に千年に一度の大震災が起き、4年以内にマグニチュード7が70%の確率で起こるとメディアで連日取り上げられている首都直下型地震等の対策も必要です。お隣の新島と式根島はもともと一つの島だったのが、18世紀元禄の大地震による大津波によってに分離されなんて信じられないことも起こりうるのですから。

  このままでは災害時に島の電力が失われることから発生する二次災害や発電業務を守る東京電力のみなさんの安全も心配です。(もちろん大久保の集落を津波から守ることも)

d0161382_0564829.jpg

 夜明け前の大久保浜全景  浜は全国でも屈指の水質を誇る三宅の自慢の一つ
     (晴れていれば向こうに神津島・式根島・新島・利島に大島もくっきりと)


で、テーゲーな思いつき提案に戻りますが

  「どこに」はさておき、「どんな」発電方法にするか。三宅島の風土を活かした再生可能エネルギーという面では大きな可能性が!?


        ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

まず火山といえば地熱発電。「日本は温泉はたくさんあるのに、なぜ地熱を使わないの」 という意見が海外からけっこう寄せられているらしいんだけど、マグマを恐れるだけでなく積極的に利用できれば。

波力発電。伊豆小笠原諸島沿岸は、国内でも有数の波浪条件が厳しい地域。波浪(波高・周期)の年平均値は、海が荒れることで知られる日本海側等と比べても、大きいという。大波に発達する10m/sec 以上の風の発生日数が平均約180日間をこえるという「恵まれた条件」も。

風力発電(陸上・海上)。風も伊豆小笠原諸島は、国内でも有数の強風地帯。これも冬季の激しい季節風の日本海側等と比べても年間平均風速が上回っているという。

海流(潮流)発電。海流や潮の満ち引きのエネルギーを利用する発電。黒潮にもご協力いただいて。360度海やしね。

        ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

d0161382_1718447.jpg

       東京電力大久保浜発電所


d0161382_7304277.jpg



  福島第一原子力発電所のメルトダウン以来、「エネルギーの地産地消」という考えが出てきました。またエネルギー源を集中するとイザッというときにリスクが大きいため「分散型エネルギー源」なんちゅうこともいわれます。
 三宅島で「地産地消」の再生可能エネルギーといったら、やっぱり波や風、火山(地熱)が最有力候補。
  噴火・火山ガス、船や欠航など波や風に苦しむだけでなく、それを逆手に取るというか、マイナスをプラスに転じるというか、積極的にその恵み利用しようというのが、まさに「火山の島」「地球とふれあえる島」三宅であり、島との共生ではないかと・・・・。

 もちろん実現にあたっては、コスト、噴火・火山ガスの影響、漁業権、航路、土地、環境、技術開発、法規制などクリアしなくちゃならない様々な問題はあります。
 でも、今のまま大久保浜でのリスクは放置できないし、噴火・火山ガスの影響は火力発電でも同じだし(再生エネルギーで分散させた方がむしろリスクは低減)。
漁業権や環境などはできるだけ影響の少ない立地条件のもとで合意を得る努力するしかありません。
最大の問題は資金・コスト。いまの状況では東電さんが縦に首を振るかどうか?

 政府はどこまで本気か分からなくなってきましたが、それなりの予算を計上して、再生可能エネルギーに取り組まざるの得ないのは確か。一方東京都は臨海部に独自の発電所つくるような計画も。
  「再生可能エネルギー特区」とかなんとか、島中でみんなが知恵を出しあってエネルギー先進自治体になるには絶好の機会。参考にしたい市や町村から視察もそれなりにきて、観光面でもけっこうメリットは大きいと思うんだけどな?

 というテーゲーな思いつきを今朝夢で見たんですけど、この夢をマジ正夢にするとしたらどないしたらエエねん??

d0161382_7311624.jpg

    災害時にここに何かあると通信・医療等にも大きな影響が

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  離島情報 ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも


人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト></a> <br />
        <br />
    <a target=【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

by Wamploo | 2012-02-06 22:40 | まじめに?

今日は江戸より寒い!かも


  今日は、夜明け早うに雷鳴にて眼覺め申した。
其ののちも頻繁に天気異なり、辰の下刻には、雪も吹き仰天。
とは申せ、一昨日も昼前に参~四分ほど雪、降りもうしたが。
雄山の山頂をば別として、昨年は、ひとたびも雪をば見のうござったに。

d0161382_065233.jpg

  江戸の都は、晴れでござったようだが、三宅はときどき雪も吹き附ける天気にて、メタボ気味が身にも寒風凍み申した。

  今年が冬は、近年にのう寒さであると気象予報士が森田正光殿か、どなたかが申しておったが、矢張り此の三宅島も寒い冬でござる。
夕刻などは江戸御城府内に出ておらん低温注意報に霜注意報まで出てござった(在所に応じ發表基準は異なり申すが)。


 全般的には、曇りの天空文樣でござったが、思ひ立ったように吹き附ける雪の向こう側の天空は、晴れ間がのぞくこともあり、大気が乱れをば感じせしめる面妖な天気でござった。

d0161382_074835.jpg

 三宅より見える新島沖には、ダウンバーストか竜巻がごとき渦も見ゑ申した。されど、おそらくは下降気流ではござらず、天空の大気と比べ海水温が高く、温められた水蒸気が、上昇気流をば生みてゐると存じまする。とは云へ、藤四郎の吟味ゆゑに自信はござらんが。


d0161382_085767.jpg

 東海汽船は、昨晩の夜船は夕刻早々に欠航に。今宵は條件附きにて出港候成り。着岸くださらぬと蔬菜等兵糧も島に入りてこぬゆゑ誠に困り申す。


にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  離島情報 ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも


人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト></a> <br />
        <br />
    <a target=【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

by Wamploo | 2012-02-02 23:38 | 三宅の風景

3300分 夢中の旅?

 東海汽船さるびあ丸が大変なことに?!

 1月29日日曜日、定刻22時20分に下り便=三宅島・御蔵島・八丈島行きが、東京竹芝客船ターミナルを出航。
  しかし、30日(月)3時半頃 低気圧接近通過に伴う海上状況及び港内状況不良のにより、三宅島通過を決め八丈島へ。が、八丈島も接岸できないまま折り返し上り便となり、その上りも三宅島に着岸せず、スルーして夕方竹芝桟橋へ帰港。

 30日夜、三宅島・御蔵島・八丈島の各島とも条件付きで再び定刻に竹芝を出航。
「条件付き」とは、接岸できない場合は通過または引き返すこともあるという条件で出航することです。
その期待どおり?下りはシケのため三宅を通り過ぎ八丈島底土港に入港。八丈発の折り返し上り便は、昼前は三宅島三池港に寄港という案内がありましたが、またまた途中海上不良及び港内状況が悪いということで、三宅をパスし東京港へ。

 本日31日も先ほど定刻に竹芝埠頭を出たようですが、明朝2月1日の5時に三宅島に接岸できるんでしょうか??
  29日の22時から延べ55時間(3300分)あまり。東京(竹芝)←→小笠原(父島)、片道1000Kmの彼方を往復する船旅と同じ時間。島の友人等も乗船していて気の毒ですが、小笠原まで特2等(2段ベッド - 東海汽船の特2等よりは広く快適)でいけば往復7万円ちょっと。それだけ船旅を過ごせたと思えば・・・・?

d0161382_22551125.jpg

  週末から週明けは天候は良かったのですが・・なぜ?

 「バカヤロー」という声が聞こえてきますが、そうでも思わないと。
それにしても、30日午後の三宅近海は、「凪ぎ」といった方が納得がいく状態だったのに、なぜ接岸できなかったのか、判断を急ぎすぎたのではという声は数多く聞きました。
 ただ、観光客の方があまりいないこの季節の週初めというのは、まだ不幸中の幸いでした。

 ANAの飛行機(DHC8-300)は、1月19日に今年何回目かの就航をしたきり、火山ガスや視界不良で欠航し、しかも1月29日(日)から2月3日(金)まで、機体整備のため運休という状況。
  あとはちょっと交通費高くなりますが、大島または八丈島からヘリ抜けという手がなくないのですが、搭乗人員も限られるので、予約はなかなか取れません。 島の冬場はジタバタしても仕方がありません。こんな2日連続上限便ともスルーというのはそう滅多にあるわけでもないので、運が悪かったと思うしか・・・。日頃の行いが悪い人もいるけど?

d0161382_22573291.jpg

初冠雪から1週間を過ぎた今日もまだ雄山は綿帽子を脱いでません。例年よりやっぱり三宅も寒い。 HALよ早く来い!

 ってなわけで、三宅島も冬真っ最中。
でも「内地」はもっと寒いんですよね。
ご参考までに三宅島と東京(気象台=千代田区)との今月の気温を載っけておきます。

d0161382_2304428.jpg

  そんなに変わりません。最高気温は。


d0161382_231550.jpg

  でも、最低気温の差は大きい。零下なんて考えられない。


d0161382_23475495.jpg

  最低気温の差が、平均気温の差に。それでも冬はやっぱり寒いけど。

★いま、さるびあ丸にご乗船のみなさん6時間後の明朝、三宅島に無事到着されますように!


にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  離島情報 ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも


人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト></a> <br />
        <br />
    <a target=【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!


by Wamploo | 2012-01-31 22:58 | 三宅の風景

夏を求めて秋の旅 1/2

d0161382_11353517.jpg



  今年の夏は、台風の接近が多く、島で海を満喫しようと思っているうちに秋に。水温もこの時期としては低いといえないものの波がおヘソ付近にかかると、やっぱりちょっちチベたい。
 ということで、台風騒ぎの連休中、なんとか島を離れ、駆け足でOKINAWAへ。島から島へ、どんだけ島好き!? 



d0161382_11421146.jpg

 三宅島に住んで、その自然の豊かさとともに、その厳しさも日々実感。その一つが、悪天候時は身体ごと飛ばされそう強風。
  台風銀座の沖縄では、その対策として石垣が有名ですが、そのほかどのような工夫をしているのか。美ら海水族館に行ったついでに、さっそく沖縄本でリファレンスした備瀬(本部町)のフクギ並木を偵察に。


d0161382_1225775.jpg



d0161382_1242510.jpg

  屋敷林(防風林)が続いて福木並木に

d0161382_13501081.jpg

  沖縄の半端じゃない台風時の暴風にも、これだけビッシリと家や畑が覆われていれば負けなそう。

d0161382_14102877.jpg

  防風だけでなく、防潮・防火、土の飛散・流出防止の役割や強烈な日差しも防いでくれるフクギ。
  三宅ではツバキや大葉夜叉五倍子(おおばやしゃぶし)などが防風林ですが、このくらい強力なストッパーがいたらいいんですけどね。
  もちろんフクギをそのまま持ってきても?  気温などの自然環境や生育が遅いという問題もあるし、三宅では火山ガスも考慮しなくてはならない。
生態系への影響も考えて、いい防風林になる木をだれか研究してくれないかな?!

d0161382_13532320.jpg

  街路樹等にも使われていますが、沖縄でも都市化によりこれほどのフクギを群生させた場所はなくなり、本島では、備瀬はフクギの「聖地」に。癒しの景観が本部半島でも注目スポットとなりつつあり、この日も若い人たちや家族連れが何人も散策していました。

d0161382_13535841.jpg


d0161382_13561097.jpg


d0161382_1322284.jpg


d0161382_1463637.jpg


d0161382_1495843.jpg

  「世の中、同時に二ついいことはない」わけで、都会でイチョウの実や落ち葉が問題となるように、実だくさんのフクギの実(種子)の掃除もシーズンには大変らしい。
近縁種のマンゴスチンは「果物の女王」といわれますが、フクギの実は食べられない。常緑樹なので、落ち葉の問題は少ないと思いますが、刈り込みなどそれなりに手入れも必要。またそのままだと根っこが邪魔になってくるとも。
沖縄でも少なくなったフクギ並木を守るため地域の苦労や努力がしのばれます。

d0161382_13583229.jpg

福木をバックに、ちゅらさんアサヒカズラ(英名:Chain-of-love(愛の鎖))もいいさ~?

d0161382_13591042.jpg

                     Click the photo
でも うちなーにはアカバナー(ハイビスカス)がやっぱり一番似合う  


d0161382_1414844.jpg

  幹周り3m以上の樹齢数百年?のフクギ(今帰仁城跡)


  強く儚い者たち   (作詞 こっこ 作曲 柴草玲 唄Cocco)
d0161382_1761836.jpg 
     愛する人を守るため
     大切なもの築くため
     海へ出たのね
     嵐の中で戦って
     突風の中生きのびて
     ここへ来たのね

     この港はいい所よ
     朝陽がきれいなの
     住みつく人もいるのよ
     ゆっくり休みなさい
     疲れた羽根を癒すの

     だけど飛魚のアーチをくぐって
     宝島が見えるころ
     何も失わずに
     同じでいられると思う?

     人は弱いものよ
     とても弱いものよ
   ~略~





もちろんメーンの美ら海水族館へも

d0161382_18485069.jpg

いきなりオオテンジクザメ(沖縄名:タコクイヤー(蛸食い屋))とご対面

d0161382_18573446.jpg

  沖縄県の県漁グルクンとマンタ

d0161382_1972173.jpg

  子どもたちに人気のガーデンイール(ニシキアナゴとチンアナゴ)  
穴から上半身?を出して、潮の流れに身体を向け、流れてくるプランクトンを食べます。


d0161382_19205355.jpg

  ダントツの一番人気ジンベイザメ(甚平鮫、英名: Whale shark)


d0161382_19245315.jpg

                    Click the photo 
  

d0161382_19253813.jpg

現在3尾のジンベイザメいを飼育中。
一番大きいオスのジンタの全長は8.5m、推定体重5.5t  
1995年3月に水族館に連れてこられ、今も世界最長飼育記録を更新中。
魚類最大のジンベイザメは10~12mになるというので、まだ成長中?

d0161382_19265281.jpg

一番大きいマンタ(メス)は身体の幅4.5m、推定体重650kg


d0161382_19274854.jpg

  エサとなるプランクトンや小魚を追って泳ぎ回るジンベイザメやクジラ、イルカを豊魚をもたらす海の神、漁業神=「えびす」として祀っている地域もある。とすれば、三宅島とも近しい関係??強引すぎるけど。

  ★関係ブログ えべっさんの島やったんや


d0161382_21305443.jpg

                     Click the photo

To be contined...

 


にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ
にほんブログ村   ポッチとクリック ほかの島々のみなさんのブログも
by Wamploo | 2011-09-30 23:20 | Other

キューちゃんといえば

 
 高橋でも、坂本でも、太郎でも、テレビ通販がやたら多いキュートと言い難い東京ローカルの放送局でもなく、キュウリのキューちゃんです。

  というのも、ご近所に間借りした一坪ほどの菜園をのぞくと、アレッ? いつの間にかヘチマがなってる。と、思ったら巨大化した胡瓜。先週は、オクラくらいだった大きさだったのに(^^;)
全長38cm、重さ820グラム。お店で買ったキュウリは約150gだったので、およそ5.5倍のジャイアントサイズ。

d0161382_383469.jpg


 これは食用にはチョットと思いますよね。
とはいっても、豪雨や強風・突風、日照り、病気や害虫、カラスやイタチの襲撃などをかわしここまで大きくなったのに、捨ててしまうのは忍びありません。
でも漬け物にはムリ。ネットで調べた結果、あの懐かしい「キュウリのキューちゃん」風に調理すれば成長しすぎたキュウリもそれなりに食べられるようだ。


レシピはいろいろあるようですが、

①キュウリを輪切りにする。
②醤油100cc、本みりん50cc、酒50cc、米酢50CC、昆布だし少々、ハチミツ大さじ1を鍋に入れ、煮立ったら、キュウリ・生姜千切り・鷹の爪数本をいれ、1分ほど煮て、ガスを止め、冷まして味をしみこませる。
③冷めたら、汁だけ分けて、再度火にかけ、②を繰り返す。
④冷蔵庫でベンチタイムをとり、冷えたらゴマをかけ、コップを準備して、ビールを注いで、喉を潤しながら、食すというのが正統派、小笠原流の調理法らしい?


 これは、 COOKPAD   という30代女性の3人に1人が利用する日本最大の料理サイトをうたい文句にしているホームページを参考に、若干アレンジしました。でも、40代女性やオジサンは何人に1人利用しているんでしょう?

d0161382_7234819.jpg

 まず輪切りに

d0161382_7242568.jpg

鍋で1分ほど煮て冷ますを繰り返す

d0161382_7245731.jpg

で、できあがり。煮すぎで本家のような歯ごたえには欠けることと見た目はともかく、味はナチュラルなキュウリのキューちゃんという感じでGOODでした。




d0161382_7293639.jpg

 それから1本だけ採れたゴーヤをサラダに。普通はツナを合わせるんでしょうが、数日中に社用で「江戸」に渡るかもしれないので、安眠を貪っていたハムくんを傷む前に呼び出し冷蔵庫内の整理も。マヨネーズが切れていたので、和風ドレッシングで食べました。ゴーヤとハムもなかなか旨い!。


 「キューちゃん」をつくった煮汁は、魚の甘露煮に使えるとCOOKPADにも書かれていたので、お酒をつけ足して、サバの煮付け=筒煮をつくってみました。「キューちゃん」とはかなり違った味でさらにお酒が進みました。

d0161382_7301277.jpg


夏バテでも食べられるおかずでした。みなさんもよろしければご参考に。



人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト></a> <br />
        <br />
    <a target=【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!





2011 第4回 離島甲子園  いよいよ開幕
↑オフィシャルサイト

d0161382_1265413.gif


第4回離島交流中学生野球大会  8月18日(木)~21日(日) 
愛媛県 上島(上島町 - 瀬戸内の島)にて開催

   参考:-みんなでワイワイ- 離島ブログ (enjoy-oki観光情報サイト)

d0161382_12404753.jpg
礼文島(北海道)や久米島(沖縄)など全国から19校が出場
このなかには、三宅はもちろん、1993年(H5)7月の北海道南西沖地震による津波や火災で大きな被害を受けた奥尻島や1986年(S61)三原山の噴火で1万人が全島避難した伊豆大島のほか、島特有の環境から台風や集中豪雨などの自然災害をたびたび受けるところも少なくない。





東京からは三宅島・大島・八丈島の
各中学野球部が出場


『瀬戸内少年野球団』の舞台で、目一杯プレーし、
あわせて日本中の島の仲間との絆を!
 


にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ
にほんブログ村   ポッチとクリック ほかの島々のみなさんのブログも

   
d0161382_11581332.jpg

by Wamploo | 2011-08-18 07:46 | Other

欠航、 ケッ!だらけ

 ANAは、今年に入って1月2日の1日しか飛ばず、就航率4.5%  
でも、もう少しの辛抱。現在の唯一残っている坪田高濃度地区の居住規制がほぼ解除されるこの4月からは「定期」便の発着も大幅に向上するではず。だって、機体やクルーのみなさんへの火山ガスの影響は十分に考えなくちゃイカンけど、島民が事実上24時間暮らしていいとされたたところで、三宅空港への着陸から離陸まで45分しかない飛行機の運行がこれまでみたいなことはありえな~いはず。いまも規制区域に含まれる滑走路は端っこの一部分(1/3くらい)なんだし。

 
 飛行機の問題は「もう少し待っててね」で一件落着!
 いま問題なのは東海汽船の定期船。元日に上下便、2日に上り便が欠航したが、その後は条件付きでも就航していた。しかし、先週の日曜16日から強風やシケで欠航続き。22日までのこの1週間で上り・下り便延べ14便中、上り4便下り3便が欠航。就航率50%。シケによる欠航は連続となりやすいため、上りでいえば日・月、水・木と続けて三宅に定期船はいらっしゃいませんでした。

 19日水曜日の午後、上り便に乗る人を送りに三池港に行ったのですが、岸壁目前あと数十メートのところで接岸せずにUターンしてサヨ-ナラ!
「一応ぎりぎりまで入港する姿勢は見せたんだから」と理解する人、「ケッ、あそこまできておきながら、ケツ向けやがって」と怒る人。いずれにせよ、みんながさあ乗船という直前だっただけに、彼女が目を閉じ、唇を重ねようとした瞬間に「あっ、ガスの元栓閉めてきたかしら」なんてくるりと背を向けいってしまったような悲しさが・・・?


d0161382_9162374.jpg

             欠航? ケッ!だらけ。
             三池 ふね欠航だらけ? 
         あっという間に遠ざかっていくサルビア丸


 接岸には波・風の状況や港の形状、接岸技術・度胸?などいろんな要素が影響する。無理に接岸して、岸壁に船腹をドーンとなっても困る。とはいえ、そもそも島に3つある港で、この日三池港をチョイスしたことが??という声は多かった。そのあと伊ヶ谷港を見ましたが、岸壁への波は三池よりずっと緩やかだった。ナゼ?


d0161382_9382090.jpg

この時期 阿古の錆ヶ浜港は、西風・高波で使用できないことが多い

d0161382_9385917.jpg

 直前で船が踵を返した翌々日、72時間ぶりの上り便は伊ヶ谷港入港で無事出発


d0161382_1123154.jpg




d0161382_4421422.jpg


 1月20日は、今年最初の満月
 干満の差が大きい満月の大潮だったことも波を高くしたのかも?

d0161382_91743100.jpg


by Wamploo | 2011-01-23 14:08 | 三宅の風景

あけまして おめでとうございます  -続-

d0161382_0302418.jpg



        前回からの続き


 元日営業みたいなものは、結婚と離婚などと同じで、始めるときよりやめるときの方がはるかに難しい。自分がスーパーのマネージャーだとしたも「そんなに儲かるものでもないし、もうやめません?」ていえる自信はない。「君たちはやる気があるのか。収益が上がらないのは、君らの売り方に問題があるんじゃないか」なんて上司にいわれシュンとしたりして。

 なんでもかんでも規制緩和のかけ声に踊らされ、ルールもへったくれもなく共有地を台なしにするようなことはイカンのじゃないのということですよ。「スーパーの悲劇」は。
 消費者であるわれわれも、エコ、エコ、地球温暖化防止といいながら、365日24時間の便利さに慣れすぎ。そりゃコンビニもないところに住んでいるひがみといわれかもしれないけど。しかし、あれば便利だけど、なくてもどうっていうこともないことは、この間の島の生活で実感済み。

 もう少し共有地を守るための約束事というか公式ルールがあっていいと思う。しかし、最小不幸社会?宰相不幸社会?なんてよくわからない宣伝文句で、市場万能主義にのめりこんでいくご公儀のもとでは期待薄。せめて旅行会社のシーズン料金が高くなるように、この三が日に働く人たちの賃金は2~3倍にする法整備ぐらいはやってくれれば。そうすれば、収支計算も適当で、何となく我が社も三が日営業しておこうという方針は見直されるのでは。

 環境保護とともに、こうした業界で働く人たちも新年くらい家庭団らんができるように、われわれ消費者も不買運動てな大げさなものでなくて、正月三が日はできるだけ買い物を控える程度のことは、努力してもいいよね。
 
 なんて、エラソーにいいながら、さっき、年賀状を出しに行ったついでに、コンビニでついツマミを買ってしまった。いい加減!


d0161382_1993479.jpg





d0161382_0323259.jpg


d0161382_8302271.jpg


d0161382_0364069.jpg


d0161382_0381181.jpg


d0161382_039326.jpg



p.s.
 スーパーマーケットは、年中無休(365日営業)、24時間や深夜営業がいまや珍しくないが、大手スーパーのサミットは、今年元日営業をやめた。社員の福利厚生のためという公式発表。売れるのは刺身や酒、福袋くらいで、普段の休日より売上が少ないという状況がその裏にはあるらしいのだが、そうであっても英断である。パチパチ.
ほかのスーパーも 見習ってミヨーカドー♪♪

by wamploo | 2011-01-06 07:28 | まじめに?



噴火から10年、帰島から5年、火山ガス「噴出ヤメッ!」とは、なかなかならない三宅島に、元気を取り戻してもらえるように、写真を中心に、テキト~に文章まき散らし、テキトーに規則正しく綴っていければと・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
外部リンク
タグ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Powered By イーココロ!
FX情報サイトの入り口
ファン
ブログジャンル
画像一覧