三宅島 元気ハツラツぅ?

タグ:生きもの ( 6 ) タグの人気記事

恋の季節 車道のまんなかで愛を叫ぶ!


恋の季節です





 週初めは雪だったというのに、もう恋の季節に
わたし? なわけないでしょ!









カエルです。  カ ・ エ ・ ル



 
d0161382_2053652.jpg

  アズマヒキガエル。国立環境研究所などによれば、誰かが興味本位か実験材料として、本州から伊豆諸島に持ち込み大繁殖したものらしい。環境に与える影響はよく分かっていないが、昆虫やミミズ・蜘蛛等を食べるためこれほど繁殖すると食物連鎖に大きな影響があるのでは?


d0161382_0342862.jpg



 『サテ  お立会い 手前ここに取りい出したる陣中膏は、これ「がまの油」、がまと言ったってそこにもいる、ここにもいると言う物とは物が違う・・・』という四六のガマの仲間。

d0161382_035478.jpg



 平均10年程度の寿命で、1回の産卵で1,500-14,000個の卵を産むという。島の人口約2,800人と比べても問題外の天文学的な生息数になる。この島には天敵となるヘビも存在しない。三宅島特産 がまの油として売り出すには十分な数だろう。もっともがまの油の正体は馬油らしいが。



d0161382_0374815.jpg


d0161382_0371473.jpg


 夜行性のため暗くなると出てくる。「クゥー クゥー」という誘いかける求愛の声。どこかで聞いた声。タンチョウヅルの鳴き声から金属的響きを取り去ったような
I Love Youの大合唱?
 それにしても多過ぎ。しかも車道にも平気で出てくる。もっとも多いところでは3mくらいの距離に10匹以上の蛙口密度。安全運転には役立つかもしれないが、雨の日の夜は最徐行しても避けるのがタイヘン。

 「人の恋路を邪魔する奴は、馬に蹴られて死んじまえ」という都都逸にならい、カエルが愛を叫ぶのも認めますよ。

でも、車道のまん中はやめていただけませんか!せめて道端の隅っこの方で愛を叫んでくれ!



d0161382_0383043.jpg

この週末は三宅島も雨模様。風は、冬場の西風から一色から南風や北風も。
これも春が近づいていている兆し?


関連ブログ
 ★生きとし生けるもの The second  




レコメンデーションエンジン

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ

フィードメーター - 三宅島 元気ハツラツぅ?
by Wamploo | 2011-02-20 20:40 | 三宅の風景

シッ、お黙り!

地球の息吹と再生を繰りかえす三宅の大自然紹介シリーズ 第2弾

~ 長太郎池 ~

d0161382_23345182.jpg

 なぜ長太郎池という名なのかは資料を見ても分からしません。
2500年以上前の噴火で流れ出した溶岩により海のなかにできた潮だまり。天然のプール(Tide Pool)です。
 以前は池の縁に当たる岩の高さが現在より1mほど高かったようですが、10年前の噴火による地殻変動で地盤沈下し、干満の影響を大きく受けるようになり、満潮のときはその姿は消えてしまいます。
 50mプールほどの大きさがあり、中・大型の肉食魚等は入ってこられないこともあって、熱帯漁のような魚たちやイソギンチャクなど多様な生物を観察することができます。


d0161382_2342230.jpg



d0161382_23544432.jpg

                                   オヤビッチャ
和名は沖縄の方言「あやびっち」から来ている。綾(=木目細かな模様を織り成したさま)がはしると言う意味?らしい。(「ダイバーのための海水魚図鑑」より http://www.sea-fishes.com/index.html)

d0161382_23472461.jpg


d0161382_23591234.jpg

  サンゴの群生の世界最北限は三宅島といわれるがこれは??

d0161382_04930.jpg


d0161382_085739.jpg

                                 カゴカキダイ
 見た目からは想像しにくいが、味は良いらしい


d0161382_0111280.jpg

                           宇宙からやってきた謎の怪奇生物?

d0161382_0175126.jpg

                             サンゴイソギンチャク
 サボテンのようなムーミンに登場するニョロニョロのような??

d0161382_021656.jpg

  クマノミの姿は見つからなかった。ザンネン

d0161382_0265697.jpg

  潮が引いているときは、お子ちゃまも安心して磯遊び

d0161382_0295836.jpg


d0161382_0324382.jpg

 この魚たちの名前をどなたか教えて ↑ ↓

d0161382_0351870.jpg


d0161382_040354.jpg

 このときは、波で海中の浮遊物も多く、スッキリとした絵はなかなか・・・

d0161382_04392.jpg

 なにか「飲み過ぎちまったゼッ」という感じのサカナくん

 
d0161382_047315.jpg


d0161382_0511188.jpg

 藻はCO2を吸収し、光合成により酸素を生み出す

d0161382_0551614.jpg

                                 ニシキベラ
 今はやりの女装家と男装家が混在する複雑な魚??
もともと雄である1次雄と、雌が性転換した2次雄がいて、
1次雄は、2次雄より体が小さく、色彩も雌に似せているという。
2次雄は体も大きく2次雄特有の派手な体色だという訳の分からなさ。
しかし、これにはそれぞれが自分のDNAを残す深い戦略があるらしい。

d0161382_0562520.jpg


d0161382_1034.jpg

  潮だまりの南には、19km離れた御蔵島が間近に見える。



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ


by Wamploo | 2010-09-06 23:28 | 三宅の風景

続  待てば大路の日和あり

大路池の生きものたち



大路池を彩るアジサイや木々の
photographs、動物たちもちょっぴり



d0161382_0555982.jpg

滴が木々や動物たち生命を育む源となり、私たち人間の水源ともなっていく

d0161382_101167.jpg


d0161382_121181.jpg

三宅島を代表するガクアジサイが湖畔で咲き誇る


d0161382_1184332.jpg

玉のようなつぼみをつけるタマアジサイ

d0161382_121635.jpg

車にひかれないようエスカルゴくん頑張って!

d0161382_125080.jpg


d0161382_1233954.jpg

火山岩(弾)に根を降ろす草たち

d0161382_1244242.jpg

噴火を繰り返す島は、百年単位の時を経て、
こうして深い森が再生されていく

d0161382_1255416.jpg


d0161382_1322786.jpg

大路池にもあの悪名高いブラックバスが。
それためかほかの魚の姿は見つけられなかった

d0161382_1264813.jpg

岸辺にはアナコンダを思わせる木も少なくない

d0161382_1274353.jpg


d0161382_1281321.jpg

迷子椎
古くから噴火は御神火と呼ばれ、その噴火を司る神が宿るご神木と崇められてきた樹齢600年以上のスダジイ
(600年前といえば日本では室町時代、ヨーロッパではジャンヌダルクがイギリス軍に奮戦していた。所在不明の高齢者をメディアが面白半分で取り上げているが、いくらなんでもこの椎の木に対抗する”高齢者”はいないでしょ!)
 

 キジムナーという木の精霊が住むという沖縄のガジュマルの古木に似たたたずまいを感じる。
 
この木を目標にすれば深い森の中でも迷わないということから迷子椎と名付けられている。


d0161382_3263531.jpg

     Tajaという音楽ユニットのCDジャケットにも

d0161382_1292838.jpg

こうした巨樹もやがて朽ちて分解され

d0161382_1302577.jpg

食物連鎖の循環のなかで、土壌に帰って行く

d0161382_133786.jpg

三宅島はこの連鎖のなかに、周期的な噴火という状況も加わり、独特の自然が作られてきた

d0161382_2242288.jpg

そしてまた新たな命が生まれる

d0161382_22432447.jpg

                岸辺を飛び交うコシアキトンボ(腰空蜻蛉) 
豊かな植物の恵を受け、昆虫や鳥など多様な生物が暮らす。






 サッカー日本代表の監督がようやく決まった。
 アルベルト・ザッケローニ新監督は、セリエAでACミランをリーグ優勝させた経験を持つなど名将なのだろう。しかし、サッカー協会が日本代表にふさわしい監督としてどのような基準で選考し、決定したのかさっぱり聞こえてこない。
小倉協会会長は「ヨーロッパトップリーグのクラブチームの監督を長く務めるなど、豊富な経験を持った指導者である。戦略家であるとも聞いているので、是非とも、日本が目指す“攻撃的サッカー”を実現してほしい」とコメントを出しているが、要は「一流の実績のある監督だから何とかしてくれるでしょう」程度の認識しかないのか?
ここ3回のワールドカップの間の監督たち、トルシエ、ジーコ、オシム、岡田という流れにも、何を目差し、どのように選手やチームを育成しようと考えているのかまったく分からなかったが、今回も???


 いくら実績があるとはいっても、現在の日本チームに適した指導者かどうかは別問題。大沢親分を高校野球の監督にしたら、甲子園で活躍できるチームをすぐ作れるとは限らない。

 いま中国人旅行者の化粧品や家電製品のの買い物ぶりが話題になっているが、自分に合う合わないなど関係なく日本人がパリでビトンなどのブランドバッグに群がっている姿と、このヨーロッパのトップリーグの監督経験者を有り難がたがる姿が三つ重なって見えるのは海外旅行に行けず(ある意味海外に住んでいるが)、ブランド品にも縁のないものの僻みだろうか。

by Wamploo | 2010-09-02 00:00 | 三宅の風景

鳴くのなら あっちで鳴いたらいいやん ニイニイゼミ

三宅島もここ数日台風4号の影響で不安定な天気が続いています。



今日は、三宅の夏景色をチョッピリ。


d0161382_22281124.jpg

 阿古漁港そばのスーパー土屋商店の裏手で見つけたハイビスカス。
 沖縄ではそこかしこに生えているけど、さすがに三宅島では人為的に植えられたものしか見かけない。
沖縄のアカバナーは樹高は屋根に届くほどあっても、花はいかにも一日花という儚い風情。それゆえこの花の花言葉の一つは、多くの女性が追い求めるであろう「常に新しい美」。
でも、三宅で見かけるハイビスカスの花は、肉厚で立派(品種の違い)。「常に新しい美」というより「1Week Beauty」という感じ。

d0161382_23404288.jpg

 こどもの頃、夏といえばせみ採り。手の届かないぎりぎりの高さにいて、あと一歩でキャッチできなかった思い出。
 でも、いま三宅は蝉の恋の大シーズン。昼間の大合唱だけでなく、夕方になると灯りに惹かれ、流しの蝉たちが、むこうからわが家に押し掛けてくる。

d0161382_23582696.jpg

 半間の網戸に5~6匹留まっていることも。こどもの頃なら大喜びなんだろうけど、ここで大合唱は暑さ倍増。

d0161382_02466.jpg

  網戸を閉め忘れるとベッドにまで。ここで産卵しないでよ!

d0161382_07249.jpg

台風一過でまた週末は暑さが戻ってきそう。





★北海道から沖縄まで全国17の離島で学ぶ中学生の大会。8月19日(木)~21日(土)開催。東京代表というより関東代表で、大島・三宅・八丈の三島から出場します。
by wamploo | 2010-08-13 00:07 | 三宅の風景

生きとし生けるもの  The second

 ワールドカップ決勝トーナメント、ベスト8進出を期待した日本代表は敗れた。両チームとももう少しポジティブな戦術をとるという希望的観測ははずれたが、それなりにハラハラドキドキさせる試合だった。

 代表が帰国し、次は、監督選びでまた大騒ぎが予想される。しかし肝心な実際にピッチに立つ個々の選手の育成が忘れられている。トータルな戦略もなく、監督を選び、ダメだたったら監督の首をすげ替えるというサッカーはもう卒業してほしい。
 今回の結果で一転して岡ちゃん大絶賛だが、4年ごとに勝ち負けだけで評価が乱高下する、結果だけの成果主義のようなシステムを見直さないと、ベスト16の壁は乗り越えられないと思う。

 日本戦は終わり、盛り上がりも一段落。しかし、サッカーはこれから!
ボールタッチ、ドリブル・パス、位置取り、トリックプレー、シュート等超一流のスキルがぶつかるこれからが面白い。なにより「ウォーォ」とかやたら煩いM木安太郎等のつぼ八で呑みながら応援してるとっつぁんたちのような解説を聞かなくてもよい!
 ただ、あまり夜遅くまで見過ぎると仕事に差し支え、日本代表やJリーグの試合がもの足りになくという弊害が生じるので、見過ぎに注意しましょう。




では、三宅で見かけた生きものたちの続き

d0161382_16485648.jpg

 三宅島の簡易水道の水源でもある火口湖、大路池(たいろいけ)で見つけた
エスカルゴ用より一回り大きなカタツムリ。


d0161382_17191979.jpg

 近所で見かけたアズマヒキガエル。国立環境研究所のHPによると広く本州に分布する蛙で、数十年前に大島や三宅島に持ち込まれたらしい。天敵の少ない島への侵入を許すと大繁殖し、昆虫等の在来生物に影響が及ぼす可能性があるという。


三宅島と言えばバードアイランド

 アカコッコをはじめとする珍しい鳥も多いが、小型鳥類が大部分。うるさいほど声はすれども、姿は見えず、その姿をカメラに収めるには、居場所を見つけるそれなりの訓練と最低でも300mm以上の長玉のレンズが必要だと思いますが、いまのところどちらも満たされていません。

∴ これらの珍しい鳥たちのショットは今のところありません。

d0161382_18333720.jpg


どこの海でも飛んでるカモメさん

d0161382_18374590.jpg


d0161382_18381965.jpg


d0161382_18322578.jpg


d0161382_18443875.jpg


 と、三宅島にも意外と多いカラス君。海辺の溶岩流の岩礁に立つカラスの絵はちょっと珍しいかも?

d0161382_18491234.jpg


近所に飛んできたダイサギ。三宅ではこのとき以来見かけないMy貴重種。  



三宅島アカコッコ館公式HP http://www.wbsj.org/sanctuary/miyake/


犬猫以外の哺乳類は


d0161382_19163246.jpg


 牛。
 
 かつては山の中腹に緑豊かな村営牧場があり、都内の農家から預託された牛が放牧されていた。
 しかし、噴火で牧場は壊滅し、いまも緑は回復していない。
 三宅島の乳牛は幕末の侠客小金井小次郎が始めたという伝説があるくらい歴史があり、お酒ばかりでなく、たまには新鮮な牛乳もごくごく飲みたいものとしては残念。


d0161382_1917584.jpg


 いま三宅で牛が見られるのは、島の数少ないお土産牛乳せんべいを作っている岡太楼本舗の模型と島しょ農林水産総合センター三宅事業所のブロンズ像だけ。もちろん口蹄疫の心配はないと思います。


おさかなさんは、


まだ海には足しか浸かったことがないので、魚類は

d0161382_20481553.jpg


なんとかという魚の稚魚だけですが、

d0161382_20484829.jpg

寂しいので、三宅沿岸を泳いでいたヤリイカ(手前)とアカイカ(奥)の写真もおまけしておきます。
<三宅村ふるさと体験ビレッジ:ふるさと味覚館の握り>


7月4日日曜日午後1時35分~ NHKで、三宅の噴火、避難と帰島のアーカイブスと、後半で三宅の現在を放送するようです。
by Wamploo | 2010-07-02 23:23 | 三宅の風景

生きとし生けるもの

まさかの2勝1敗。やりましたねぇ ワールドカップ!!

これまでのW・カップと異なり、前評判があまりに悪すぎたことが、選手に変なプレッシャーを与えず、良い結果を生んだような気も・・・?

 スポーツ・芸能にしろ社会・政治にしろ、マスメディアが煽って、あるときは過剰期待による熱狂を生み出し、あるときはメディアによる集団リンチともいうべきバッシングの嵐、全肯定か全否定の両極端。
 中継は大はしゃぎするだけで、「サッカーよく知らないし、明日の仕事あるかどうか分からないけど、とりあえず今晩は渋谷で盛り上がっちゃうしかないっしょ」というニイちゃんたちとほとんどかわらない。

つい先日まで、「岡田更迭すべし」と焚きつけてきたメディアのみなさまにはさぞかし困った事態かもね?でも、手のひら返しだけど、まぁ これで商売になるからそれはそれでラッキー?

ともあれ岡ちゃんは、「ざまあみろ」と舌を出してることでしょう!?




さて、本題はこの数ヶ月間に三宅で
出会った生きものたちのPhoto





d0161382_19364890.jpg

  『君は完全に包囲されている。手を上げて、おとなしく投降しなさい!』


d0161382_15356.jpg

大捕物かと思ったら所轄のおまわりさんのコンパニオンアニマルというかヒーリング キャットというか、猫のおまわりさん?   巡回ご苦労様です。
                                 <三宅警察署前>      


d0161382_110526.jpg

「お客さん、終点ですよ」   呑みすぎのおとうさん状態!? 
                 <阿古 いきいきお魚センター駐車場にて>

d0161382_1163956.jpg

                            <三宅村伊豆にて>

d0161382_19414578.jpg

鼻の頭のバットマンのような模様がイカスだろ。なっ!

d0161382_120592.jpg


d0161382_1254515.jpg


d0161382_19274583.jpg

                            <三宅村坪田>

 
三宅島の七不思議 
一つ目は、クタ~と無防備に横たわっている
ニャンコが多いこと、
二つ目は、ほとんど犬を見かけないこと
三つ目は、まだ三つ目以下の不思議が 発見されてないこと。

 まだそれほど暑いわけでもないのに、インドの牛のように我が物顔の この猫たちの態度はなんなのか!?

 刺激が少ない島の生活環境の反映なのか。
犬が少ないために緊張感が生まれない?
強いて天敵と言えばカラスぐらい。
犬がいない(少ない)のは、起伏が激しく、高齢化が進んでいる島では散歩が大変だからなのか。
このへんにつきましては、今後のフィールドワークのテーマとして探求して参りたいと鋭意検討しているところでございます。


d0161382_19331021.jpg

阿古の溶岩流の岩場を住処にする逞しいねこ。エサはどうしてるのか?

d0161382_22442966.jpg


d0161382_2245751.jpg


 生きとし生けるものなんていいながら 猫だけになってしまいましたが、そのほかの三宅の生きものについて考えるは、また次回のこころだァーッ!


全日本蹴球団のベスト4は、当面の究極的目標で、いくらなんでもぼったくりすぎ。 今回は99%ないと確信しますが、ボール廻しがこれまでのワールドカップよりレベルアップしたように感じる今回、明日のパラグアイ戦は、2-1(あるいは1-1でPK戦により)でベスト8進出と期待を込めて予想しましたニャン・・・
by Wamploo | 2010-06-28 21:54 | 三宅の風景



噴火から10年、帰島から5年、火山ガス「噴出ヤメッ!」とは、なかなかならない三宅島に、元気を取り戻してもらえるように、写真を中心に、テキト~に文章まき散らし、テキトーに規則正しく綴っていければと・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
外部リンク
タグ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Powered By イーココロ!
FX情報サイトの入り口
ファン
ブログジャンル
画像一覧