三宅島 元気ハツラツぅ?

タグ:歴史 ( 7 ) タグの人気記事

飛び立ちかねつ鳥にしあらねば

どうなってしまう 三宅島

d0161382_2124390.jpg

                           Click the photo


 11月1日付けの「広報みやけ」にはビックリ。
  全日空より村に、三宅~羽田路線を2013年3月末で事実上廃線するとの唐突な通告があったという。
雄山の噴火により休止していた三宅島路線は、2008年4月末に8年ぶりに再開されたばかり。
「みやけ」によれば、現在就航しているボンバルディア社製DHC-8-Q300が製造中止となり、「機材更新が不可能かつ安全の確保が困難である」とのこと。

d0161382_21244778.jpg



  これまで1週間に1・2度飛ぶかなという状況だったのが、今年の夏以後は、「今日も飛ぶの?」と思う日も就航し、これで安定してくれれば、村の観光や産業振興や物流の改善にも大きく寄与してくれると「期待高進」していたのに・・。


 航空機は標準的にどのくらいの期間使えるのか分からないが、JALグループなどに導入されている同じ双発ターボプロップ機のサーブ340(36席)は1999年に生産終了になっているが、まだ使われている。

 また三宅便と同じQ300は、沖縄-奄美、宮古-石垣間など沖縄の島々や奄美諸島を結ぶ琉球エアーコミューター、国土交通省航空局・海上保安庁(2009年導入したばかり)などでも使われているが、こうしたコミューター路線や国の機関の所有機の製造中止に伴う「安全の確保」はどうなるのか。

 ANA自身が、伊丹~高知龍馬空港などで運航しているQ300も撤退させるとすれば、後継機は? 高知は2500m滑走路なので、74席のQ400を導入するのか。

島の生活や産業に決定的影響を及ぼす公共交通機関を廃止しようとするのに、いま大問題となっているTPP問題と同じように、情報開示や説明をきちんとせず、唐突に強行するのであればあまりに一方的。

56席のQ300でなくても、とりあえず長崎と離島間(壱岐・対馬・五島列島)などで使われている39席のQ200なども含め、ANAにはぜひ後継機導入検討を進めて欲しい。


  航空業界の激しい競争のもとで離島の足とか公共交通機関という立場なんか「構っていられない」という経済の仕組みに問題があることも事実。
村は島民・村議会・行政(東京都・三宅村)一体となってこの困難を乗り越えようと表明しているが、排他的経済水域の保全、海洋資源の利用、自然環境の保全等に寄与している日本の島々の振興と航空業界をともに所管する国交省をはじめ、政府にもしっかりと対応を望みたい。

  三宅島は、飛行機の問題では、83年から90年近くまで続いた大型ジェット就航が可能な空港整備と引き替えの米軍NLP(米空母艦載機夜間離着陸訓練)基地建設問題、10年前のYS-11型機引退に伴う三宅便撤退騒ぎ、3年ほど前の再開後は、火山ガスを理由とするあまりに低い就航率など空路では悩ませ続けられてきた。政府には、30年前の復興の足元につけ込むような取引条件付きでなく、『国(村)民の生活が第一』で、離島のアクセス権確保に真剣に取り組んでもらいたい。


d0161382_21283167.jpg

                 今年の夏、最後に見かけたJA801K(元 椿号)

  ANAが持つQ300、5機のうち2001年の初期導入機JA801Kは、以前は機体後部にまっ赤なツバキの花が描かれていた。温かみのあるデザインで 椿号・椿姫 など呼ばれていた(「801K」なんていう記号よりよっぽど良かったのに!)。羽田-大島線や北海道等で使用され、三宅にも飛んでいたが、今年の夏、登録抹消され、デンマークかどこか北欧のリース会社に売却されたらしい。いまはヨーロッパのどこの空を飛んでいるのか?d0161382_021823.jpg
















d0161382_2132457.jpg

いまも飛んでいるJA805K(元 ハマナス号)は2003年4月デビューでもう引退?


d0161382_21465726.jpg

まんなかに駐機しているQ300は、他の機種と較べると本当にミニモニ(古ッ!)という感じ

   
 飛行機という” ライバル”がいなくなると、「旅客船」ではなく、「人等運搬船」ではという厳しい声も聞く東海汽船のホスピタリティーがより低下する心配も。


d0161382_2127503.jpg

みずほ銀行も今月中に三宅島から撤退するらしい。いわゆる「企業の論理」や「資本の論理」というやつなんでしょうが、島の活性化が求められる時期に、唯一の都市銀行で、東京都や三宅村の指定金融機関として恩恵を受けてきた割にあまりにクールな対応。




d0161382_21263291.jpg

世間(よのなか)を憂しとやさしと思へども 飛び立ちかねつ鳥にしあらねば
        (万葉集八九三  山上憶良)

d0161382_21271655.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ
にほんブログ村   ポッチとクリック ほかの島々のみなさんのブログも
by Wamploo | 2011-11-06 21:20 | まじめに?

えべっさんの島やったんや

 三宅島の最南にある富賀神社の例大祭が、 この週末8月6日(土)から 9日(火)までの日程で執り行われています。
  日頃見かけない若者も大勢帰島中。
大祭は2000年の噴火により中断され、一昨年の2009年復活。祭りは2年毎ですので、21世紀になって2回目の祭りということになります。

  富賀神社の祭神 事代主命(ことしろぬしのみこと)は、「因幡の白兎」で有名な国造りをした大国主命の長男で、伊豆諸島をつくり、まず三宅島に鎮座し、三島(≒御島)大明神になったそうです。
  三島明神が祀られている静岡県三島大社は、はじめ三宅島の富賀神社にあったものが遷宮したといいます。要するに、伊豆諸島や伊豆半島がのっているフィリピン海プレートの鎮守様はもともと三宅島だったということですな!?
  いずれにしても富賀神社は、歴史と伝統を持った神社なんですね。

  事代主命(三島明神)は、海の神、商業繁盛の神「ゑびすさま」でもある。
あの右手に釣り竿を持って、左脇に鯛を抱えてるありがたい恵比寿様のいらした島に住んでるのに、なぜ生活にゆとりがないんでしょ?

d0161382_233787.jpg

  6日土曜日伊ヶ谷からの神輿の引き渡し場所に向かう伊豆の男衆

d0161382_2345865.jpg


d0161382_2310161.jpg

  「お約束」のチョットしたいざこざを経て、無事に神輿を引き継いで、明朝まで神輿を安置する伊豆老人福祉館まで練り歩く伊豆の衆


  神輿は、富賀神社のある阿古から伊ヶ谷-伊豆-神着-坪田の各集落(旧5ヵ村)をリレーして、島を1周するため「周り神輿」ともいわれます。

  また、神輿を次の集落に受け渡しする際に、相手の集落の男衆と火花を散らす、角突き合わせる、ぶつかり合う、激突する、市街戦を繰り広げる?という激しい祭り。 以前は、機動隊が待機していたという話しもあるほどの攻防が繰り広げられ、「喧嘩祭」ともいわれます。

  もっともいまは、ジャイアンツの番長清原のウエスタンラリアットようなド迫力の戦闘シーンは見られず、長老のみなさんが、熱くなりすぎず「お約束」の小競り合い程度に収めるように、巧みに誘導しています。
 故障ばかりの冷却装置で、まったく収束のめどもつけられない なんとか電力とか保安院のお偉いさんたちにも少しは見習って欲しいものです。


d0161382_23272352.jpg

  伊豆から神輿を引き継ぐ「出陣」前の神着の衆(日曜日)

d0161382_23374762.jpg

  「島の人口って こんなにいた?」と思うくらい人が集まりはじめる。今年は、もう一つの島の夏の一大伝統行事、神着の御笏神社(おしゃく神社)の 牛頭天王祭(ごずてんのうさい) が東日本大震災の影響で中止なっただけに、蓄積されたエネルギーも大きいはず!?

d0161382_23293283.jpg

  伊豆の衆が神輿を「38度線」に

d0161382_23294952.jpg

   無事台座に安置

d0161382_0282451.jpg

   「神着の野郎ども、まだ触るんじゃねエぞ! いま長老(役員)に引き渡し中だから」


d0161382_23302658.jpg

   何ごともなく引き継ぎと思った瞬間、ここでも「お約束」のジャブの応酬というか小競り合いに。
  中にいる?えびすさんもビックリ?


d0161382_23313385.jpg

   「ヘイッ! 伊豆のみなさんよ、俺たちの担ぎ方をよく見とくんだぜ!」

d0161382_23321116.jpg

   「どんなもんだい!オットト・・・」

d0161382_23351838.jpg



d0161382_2342746.jpg

   「最後までしっかり担ぐんだぜ」

d0161382_23335832.jpg

   島役所前も練り歩いて

d0161382_2344357.jpg

   御笏神社(おしゃく神社)に到着

d0161382_23453861.jpg

   「おつかれ !」 お神輿は翌日までここで休息。
  メーンイベントといわれている8日の青コーナー神着から赤コーナー坪田への引き継ぎがちょっと心配ですが・・・


人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト></a> <br />
        <br />
    <a target=【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!




にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ
にほんブログ村   ポッチとクリック ほかの島々のみなさんのブログも


d0161382_094844.jpg


★三宅島を舞台とした映画「ロック わんこの島」
全国で上映中


  噴火災害からの避難と帰島
  主演:佐藤隆太・麻生久美子ほか   
    ♫主題歌 小田和正書き下ろし「hello hello」

    ★映画ガイド
      ◇ぴあ映画生活
      ◇YAHOO映画
      ◇Movie Walker
      ◇シネマトゥデイ
      ◇映画.com 
      ◇MOVIE ENTER


☀わんこの島公式サイト  ←  クリック


d0161382_0121090.jpg



           ◇     ◇     ◇

2011 第4回 離島甲子園 
↑オフィシャルサイト

d0161382_1265413.gif


第4回離島交流中学生野球大会  8月18日(木)~21日(日) 
愛媛県 上島(上島町 - 瀬戸内の島)にて開催

   参考:-みんなでワイワイ- 離島ブログ (enjoy-oki観光情報サイト)

d0161382_12404753.jpg
礼文島(北海道)や久米島(沖縄)など全国から19校が出場
このなかには、三宅はもちろん、1993年(H5)7月の北海道南西沖地震による津波や火災で大きな被害を受けた奥尻島や1986年(S61)三原山の噴火で1万人が全島避難した伊豆大島のほか、島特有の環境から台風や集中豪雨などの自然災害をたびたび受けるところも少なくない。





東京からは三宅島・大島・八丈島の
各中学野球部が出場


『瀬戸内少年野球団』の舞台で、目一杯プレーし、
あわせて日本中の島の仲間との絆を!


d0161382_11581332.jpg



by Wamploo | 2011-08-08 22:44 | 三宅の風景

花の絵島が唐糸ならば  たぐりよせたい膝元へ

三宅ゆかりの人物   -その2-


生島 新五郎

  この1日から公開された柴咲コウ・二宮和也主演の映画「大奥」*
島には映画館はないので、映画の出来映えは分かりませんが、よしながふみの原作コミックはなかなか面白そう。
  大奥といえば、2006年仲間由紀恵主演の「大奥」がそうであったように、最大の事件は「江島(絵島)生島事件」。その一方の主役、生島新五郎は三宅島伊ヶ谷に眠っています。


*男子だけを襲う謎の疫病が蔓延し、男女の役割が逆転し、女将軍に大奥三千人の美男が、剣の腕と才覚で出世し、将軍に見初められていく様を描く。
(これも面白そうだが、SMAPの稲垣吾郎が暴虐の限りを尽くす君主を演じたと話題になっている役所広司主演『十三人の刺客』もかなり気になる)


d0161382_2148494.jpg

                           生島新五郎の墓(三宅村伊ヶ谷)


  大奥の大年寄江島(一般には絵島と表記されるが本当の名は江島)は、六代将軍家宣の側室月光院の名代として家宣の墓参のため、正徳4年 (1714年) 芝増上寺へ参詣、帰途に芝居見物、宴会を開いたが、門限に遅れ、不運も重なり大問題に発展してしまう。
  評定所の審理により、江島(絵島)は人気歌舞伎役者生島新五郎との密会を疑われ、裁決は死一等を減じての島流し。生島は三宅島に遠島。最終的に1500名余の人々が処罰される。
 月光院の必死の嘆願により、江島についてはさらに罪一等を減じて信濃の高遠藩お預け=事実上の流罪でとなり、二度と江戸の土を踏むことなく、高遠で28年間幽閉生活を送り、1741年61歳で没する。
  一方、新五郎は、1742年30年近い遠島を許され江戸に戻ったとも、1733年三宅島伊ケ谷で生涯を閉じたともいわれるが真相は不明だ。

d0161382_125338.jpg

 この事件の成り行きは、諸説いろいろあるが

 ◎次期将軍として紀州徳川家を推す
    譜代大名や五代綱吉により引き上げられた老中秋元喬知らの幕閣 
      & 前将軍家宣の正室 天英院
                      VS
 ◎次期将軍として尾張徳川家を推す
    家宣が引き連れ、幕政を握っていた新井白石・間部詮房らのブレーン
      & 前将軍家宣の側室で 現七代将軍家継の生母であるも月光院

 という幕府内の熾烈な権力闘争が背景になっていることは間違いないようだ。


d0161382_12574587.jpg
 
 
d0161382_1314920.jpg

  事件の結果、江島が右腕として支えていた月光院の力は押さえ込まれ、1716年徳川家継七代将軍が八歳で没した後、いま公開中の「大奥」の主人公徳川吉宗(暴れん坊将軍)が八代将軍に就任する。

d0161382_1324395.jpg

当時の医療水準を考えても、跡取りの夭逝や女性ばかり何千人集められたにも関わらず、直系がたびたび途絶えてしまう徳川幕府の「大奥」というシステムは何だったのか。
 将軍の寵愛を受けることもなく大奥で生涯を終わらざるを得なかった江島が、仮に歌舞伎役者の追っかけをしたとしても仕方がないような気も。韓流スター等を追っかけているオネー様たちはどう思います?

d0161382_1301957.jpg

        この付近の観光インフォメーションは結構整えられている

d0161382_1341826.jpg

新五郎の墓は、崖地の上から江戸の方向を見つめるように建てられている。
  江島は高遠の「蓮華寺」に葬られ、別々の生涯を不憫に思った人々が、生島の墓の土を高遠に運び、一緒に埋設したいう説もある。
  しかし放免されて新五郎が江戸に戻ったとすればこのお墓は・・・?
歌舞伎や舞台・映画、小説などでいろいろ脚色された話が入り交じって、この事件の真相や顛末は謎の部分が多い。

d0161382_1373677.jpg


『花の絵島が唐糸ならば  たぐりよせたい膝元へ』

新五郎が絵島を偲んで詠んだ歌だという。
とすれば、二人は純愛だったのかも?


d0161382_135634100.jpg

                                  Click the photo 

More わんこのしま  ←Click
by wamploo | 2010-10-03 13:38 | History of Miyakejim

波乱バンジョーの人生

三宅ゆかりの人物  - その1 -


浅沼 稲次郎

d0161382_0205181.jpg


 1898年(明治31年)三宅島神着村生まれ。
 早稲田大学在学中社会主義運動に参加し、戦争中は軍部に協力するなどの遍歴を経た後、戦後社会党右派書記長、日本社会党委員長などを歴任し、「人間機関車」「ヌマさん」と呼ばれ、30年に渡り住み続けた下町を中心に絶大な人気を誇った。
 1960年10月12日、初めてTV中継された日比谷公会堂での立会演説会で、演説の真っ最中に右翼の少年に刺され、61年間の波乱の生涯を閉じた。

d0161382_0215639.jpg


 今も残る三宅島の質素な生家。都道から村道を登った芝生広場もある児童公園の一角にあるが、場所はかなり分かりにくい。
 三宅島の観光スポット全般的にいえることだが、観光を目玉にしている割には、インフォメーションがいまいち!住んでいる人間には、狭い島で目をつぶっても行ける場所でも、限られた滞在時間の観光客にはもう少し丁寧なナビゲートがあってもいい。

d0161382_023185.jpg


d0161382_328615.jpg

毎日新聞記者が撮影した有名なテロの瞬間(日本初のピュリツアー受賞の写真。世の中に事実を知らせることを優先すべきか、カメラを犯人に放り投げても人命を助けるべきかジャーナリスト入門の教材の一つともなっている)

d0161382_024916.jpg

火山ガスの影響により像はかなり変色してしまったが、浅沼氏の現代への想いは、



d0161382_0324215.jpg

日比谷公会堂での最後の「浅沼演説」

 ~略~ 総理は、投資によって生産がふえ、生産がふえれば所得がふえ、所得がふえれば貯蓄がふえ、貯蓄がふえればまた投資がふえる、こういっておるのでありますが、池田総理のいうように、資木主義の経済が循環論法で動いていたら、不景気も、恐慌も、首切りも、賃下げもなくなることになります。しかしながら……しかしながら、どうでしょうか。戦後15年間、この間3回にわたる不景気がきておるのであります。なぜ、そういうことになるかといえば、生産が伸びた割に国民大衆の収入が増加しておらないところで物が売れなくなった結果であります。
 したがってほんとうに経済を伸ばすためには、国民大衆の収入をふやすための社会保障、減税などの政策が積極的に取り入れられたければならぬと思うのであります。 ~その一つは、大企業のみ税金の特別拮置をとっておる、措置法を改正して、大企業からもっとより多く税金なとるべきであると、私どもは主張するのであります。~国民に対しては法律を守れといって、税金だけはどしどし取り立ててゆく。これでは国民はいつまでもだまってはいられないと思います。政治のあり方を正しくする基本はまず政府みずから憲法を守って、きれいな清潔な政治を行なうことであります。そして青少年には希望のある生活を、働きたいものには職場を、お年よりには安定した生活を国が保障するような政策を実行しなければなりません。

 
d0161382_0282016.jpg


 続き~ 略~ 外国の軍隊が二十五年の長きにわたって駐留するということは、日本の国はじまっていらいの不自然なできごとであります。インドのネールは「われわれは外国の基地を好まない。外国の基地が国内にあることは、その心臓部に外国の勢力が入り込んでいるようなことを示すものであって、常にそれは戦争のにおいをただよわす」こういっておるのでありますが、私どももまったく、これと同じ感じに打たれるのであります(拍手)。
 日米安全保障条約は昭和二十六年、対日平和条約が締結された日に調印されたものであります。じらい日本は、アメリカにたいして軍事基地の提供をなし、アメリカは日本に軍隊を駐とんせしめるということになったのであります。
~略~したがいまして日本が完全独立国家になるためには、アメリカ軍隊には帰ってもらう、アメリカの基地を返してもらう、そうして積極的中立政策を行なうことが日本外交の基本でなければならぬと思うのであります。
~    

最後の演説 浅沼暗殺事件動画
http://www.liveleak.com/view?i=344_1228020096

d0161382_1123138.jpg


 浅沼氏が率いた社会党の血筋を引くのは現在の社民党になるのだろうが、政界再編のなかで、旧社会党から民主党に乗り換えた議員も少なくなく、民主党も親戚筋ではある。
 浅沼さんが死の直前まで訴えた日本の完全独立が、それから50年経っても実現されたとはいえず、むしろ米軍への「思いやり予算」などにより、むしろ日本が米軍を自国に帰りにくくしている。
 浅沼さんのDNAも含まれている政権が生まれたのに、沖縄の人々がいくら基地の撤去を訴えても、聞き入れず、あたらしい基地を辺野古につくろうとしている姿を天国の稲次郎さんはどんな想いで見ているんでしょう。

d0161382_1135385.jpg


 その民主党代表に再選されたおらが街の総理-菅さんは、結構期待はずれというか全然期待はずれ。アカン。
 人間より市場の方を信頼すべきと考える前原サンらに支持されて、市民運動家の面影なんかどこにあるのという感じ。

 人々の幸福実現を目的としているはずの経済や財政政策を、一部の富裕層の幸福のために行う市場原理主義は破綻したはずなのに、政権が変わっても、その亡霊が甦ってしまい、なかなかしぶとい。

 カンキチ君は、「強い経済、強い財政、強い社会保障」とか「第一に雇用、第二に雇用、第三に雇用」、「50、いや100ぐらいの特命チームを作る」とかだれかスピーチライターがつくったキャッチコピーを唱えているだけで、何をどうするのか消費税増税以外はまったく見えてこない。

 菅サンがあまりに期待はずれの一方、ダメダメのマスメディア(幹部や記者が長年にわたり政府から官房機密費を貰っていたことは知らんぷりなのに)があまりに小沢叩きに熱心なため、逆に小沢サンを応援したい気にもなる。 が、つい数年前、すでに国民に見放されていた自民党と大連立しようとした人物でもある。個別には菅さんよりいいことをいっているンだけど、ハズレ気味の政治的センスや、さらに一郎クンの政治的野望がどの辺にあるのかさっぱり分からないからなぁ。

d0161382_316206.jpg


 総理はまだ3ヶ月しかやってないと騒いでましたけど、引き続きあと何ヶ月だか何年だかやることになったんですから、「第一に政権維持、第二に政権維持、第三に政権維持」なんてことにならないように、公約どおり雇用対策くらいはしっかりやってください。
 なにしろ大手企業は、国家予算(一般会計)92兆円の何倍にもなる250兆円とか400兆円とかメチャクチャ貯め込んでいるらしい。新しい事業に投資するわけでもなく、株や有価証券を買ってただひたすら貯め込むだけで、使い道にも困っている。その数パーセントでいいので雇用などに使ってもらってもバチはあたらないはず!そうでなければ半年後に卒業を迎える高校生や大学生など、若い連中があまりにかわいそう!

問題は、国際競争力が低下するとか何とかいって渋る企業や経済界のみなさんに、わが総理がちゃんともの申せるかどうか。
 しかし、「賢人会議」で有名な世界経済フォーラムの先週9日に報道された「2010年版世界競争力報告」によれば、日本の総合順位は6位。
  国際競争力っていったい何者なのか?世界で6番目に強い国なのに、むしろそれが人々の幸福追求を妨げる大きな壁となっているなんて、仕事も満足にないなんてことはアリエナイ!競争力は大丈夫、菅総理がんばろう!



★今日の三宅はほとんど雲もなく、スッキリした空模様。秋を過ぎればこんな天気もこれからそう多くは望めない。連休で渡島してきた観光や帰省のみなさんには絶好の気候のもとゆったりと島を楽しんでいって欲しい。
by wamploo | 2010-09-19 23:54 | History of Miyakejim

おらが街の

 社用で帰京して用事で吉祥寺へ

 吉祥寺は、おらが街の総理、菅直人新内閣誕生で、思いっきり盛り上がっているはず。
 商店街などでは、「祝総理就任  ひきわり納豆ダブルパック 半額セール」、「生ビール・ホッピー9時まで10円」とか「ジャンジャンバリバリ、全機種全台開放、出します最強出玉乱舞!!」とか・・・・


d0161382_11134188.jpg



 と思っていたが、サンロード商店街に祝賀の看板が掲げられ、地域のミニコミ誌が特集で取り上げている以外は・・・・?

d0161382_11191255.jpg


d0161382_161275.jpg


 見回すと、菅とか総理・首相などの文字は、

d0161382_11244641.jpg




      KAN EKO = カン エコ ? 
      =金子印店だけでした(^_^)

d0161382_11255685.jpg



 やっぱり東京ですからね!
住みたい街No.1でも、おらが街ではない。 
これが同じ東京でも新小岩銀座商店街や大山ハッピーロード商店街あたりならばまた違った展開があったかも?
吉祥寺もチェーン店が多く、地域性は二の次だから、お店も取り上げにくいということもあるのでしょうか。

 



 菅さん、どうなんでしょう。
 これまでは、期待するとガックンというなんか民主党を象徴するようなイメージ?

 例の普天間問題は、あっさり辺野古へ。
 結果の是非は別として、混乱しても、県外や国外で悩んだ鳩山さんの方が沖縄のことを愚直に考えていたようにも?

 三宅島も80年代の中曽根首相のときに米軍戦闘機の夜間離着陸訓練(NLP)基地建設が計画されて、島の復興や経済発展か平和な環境の維持かで、十数年にわたり島の人たちの間に亀裂を生じさせられた歴史がある。
 反対運動と再度の噴火という状況の下で、硫黄島を暫定的に基地とすることとなったが、三宅の人にとっても、沖縄の基地はひとごととは思えない問題なのでは。
参考:三宅を愛した故亀井淳氏のコラム
 http://www.kameijun.com/ochibo/004.html


 消費税増税も何だかなぁ。
 もともと福祉のためにといわれて導入されたのに、結局企業の法人税の引き下げとツーペイだった。年収300万円層の非正規雇用と何億円も稼ぐ役員が同じ税率というのは、福祉どころかどう考えてもますます格差社会にしていくとしか思えないンですけど。

 とはいえ、市場原理主義の多い松下政経塾出身の人たちは??だし、菅さんが厚労大臣のときのように国民の目線に立って政治にあたってくれることに期待しますか?!

  だれが総理になっても、国民が選挙にいくだけの投票民主主義で、あとはお任せでは、なかなかうまくいかないことだけは確かみたいですね。


d0161382_1595584.jpg

                         <吉祥寺 月窓寺>
by wamploo | 2010-06-13 00:06 | Other

150年前の大先輩? -その2-

d0161382_4535642.jpg

 こうした小次郎の功績がとりもつ縁となって、1978年に三宅村と小金井市は友好都市となった。
 噴火による島民避難の際には、小金井の友好協会を中心に島の人々を支援する活動が行われた。
 東は新宿から南は川崎大師まで縄張りとして取り仕切った大親分さんも、自分の行動が120年後にこうした実を実らせるとは予想だにしなかっただろう。

(井戸のほとりにある友好の碑の碑文は、小次郎の(曾?)孫に当る関綾二郎氏(初代小金井市市長)の書)



d0161382_4544419.jpg

                               <小金井神社>

d0161382_22544711.jpg





小金井村の鎮守である小金井神社には、小次郎が明治13年に奉納したという狛犬がある。(台座には小次郎の本名で「願主 関小治郎」と記されている。)













d0161382_4581046.jpg


d0161382_2322356.jpg












 『小金井小次郎伝』(1975.4.2  皆木繁宏 小金井新聞社)によれば台座には、子分198名の名が刻まれているという。とはいっても、この著作のなかでも「現在は相当と欠損があり、判読できないものがある」と書かれている。それからさらに35年の月日が流れており、鳥居の正面左側の狛犬の台座の刻銘は、ほぼ全面的に脱落、右側(写真)も剥がれ落ちる寸前の状況で、小次郎はんも子分はんたちも天空あるいは地の底からお嘆きかも・・・・?






d0161382_533986.jpg
 島の水問題に貢献した大侠客の墓所は、はけの裾、神社から北西に200mほどの西念寺にある。一族の眠る場所で、彼の墓に隣接して、山岡鉄舟の筆になる追悼碑がそびえ立っており、一目で見つけられるように?なっている。


d0161382_543439.jpg













  『小金井小次郎伝』(前出)によれば、彼は臨終に際して、子分たちに「この道は俺一代」限りと言い残している。
 確かに彼の子孫は、跡目を継がず、普通の人として正道を歩み、やがて地域の政治的リーダーにもなっていく。しかし、彼の残した小金井一家は肥大化して、子分たちは、地域ごとに分割統治を図り、合従連衡を繰りかえしながら現在まで続いている。彼の墓の外柵には、各局が競って番組を持たせた有名な女性占い師Hとの関係が数年前にマスコミを賑わせた人物もふくめ、一家の組長たちの名前たちが刻まれている。

 小次郎の島での功績は認めつつも、こうした組織の「開祖」という一面も否定はできない。もちろん幕末の侠客・博徒と現在のヤクザはイコールではないだろうし、小次郎の想いとも異なるのかもしれない。また、ヤクザを生み出す社会、ヤクザを必要とし、利用する社会構造等々・・・・いろいろと考えると・・・・。
 どんな環境でもめげず、周囲の人たちや地域にも目配りを忘れなかった小次郎“先輩”。人間的には魅力的で、会えばファンになってしまうような人物だと思うが、それだけに小次郎さんをめぐる悩ましい”ちい散歩”であった。

by wamploo | 2010-05-29 23:38 | History of Miyakejim

150年前の大先輩? -その1-

 多摩に居住歴があり、三宅島にきたものとしては、小金井小次郎という名を忘れてはならない。
 などと、エラソーにいっても、桜の名所で広~い小金井公園が好きで、またオシゴトの関連で玉川上水周辺を廻ることも多かったので、名前だけは知っていたが、正直なところWho are  you? 島への転勤が決まるまでよく知らなかったンですけど。


                    * * * *

 小次郎は、小金井村の庄屋の次男として幕末に生まれた。博打好きで十代前半で勘当され、やがて多摩から神奈川にかけて、千数百人とも三千人ともいわれる子分を抱えた博徒の大親分となった人物である。
 この親分は、1849年(嘉永2年)38歳のときに度重なる賭博開帳の罪(喧嘩という説も)で三宅島遠島となる。

 急峻な山地であるため、沢はあっても、川というほど流れはない三宅島。当然この時代も水不足に悩まされていた。野川や玉川上水、はけ(国分寺崖線)からの湧水など豊かな水に恵まれ、「黄金の井戸」や「黄金に値する豊かな水が湧く」地といことから地名がつけられた小金井から、水不足の三宅島へ流されたのは皮肉な巡り合わせではある。小次郎は、島で水の尊さをはじめて知る。


d0161382_1122428.jpg


d0161382_1134332.jpg


d0161382_1330648.jpg
 

d0161382_16364834.jpg
            
           玉川上水(いずれも小金井公園付近)


d0161382_0461255.jpg 彼は、兄弟分の新門辰五郎らの博徒の人脈や自身の資金力も活かし、工事材料を江戸から調達し、島民を雇い、子分にした流人たちを動員して、貯水池(槽)を築造する。
 島の人々は、この貯水池を小次郎井戸又は小金井井戸と呼び、大変感謝した。以後およそ1世紀、簡易水道が設置される昭和四十年ごろまでこの貯水池は利用されたいう。



d0161382_1631328.jpg




d0161382_2514188.jpg

                     小次郎井戸(三宅村伊豆)



by Wamploo | 2010-05-25 21:25 | History of Miyakejim



噴火から10年、帰島から5年、火山ガス「噴出ヤメッ!」とは、なかなかならない三宅島に、元気を取り戻してもらえるように、写真を中心に、テキト~に文章まき散らし、テキトーに規則正しく綴っていければと・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
外部リンク
タグ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Powered By イーココロ!
FX情報サイトの入り口
ファン
ブログジャンル
画像一覧