三宅島 元気ハツラツぅ?

タグ:デモクラシー ( 12 ) タグの人気記事

三宅島にはホットスポットが見つからず ホッと

  気にながらも決算期の忙しさにかまけてか、飲み会が忙しくてか?すっかりブログの更新がご無沙汰に。

先々週は、駆け足で久々に「内地」に出かけ、友人が持っているというのでガイガーカウンターを借りてきました。
 もしとんでもない数値が出たらどうしようとドキドキしながら、測定してみました。が、3.11以前とは比べるデータがないので、どのくらい高くなったのか判りませんが、幸いなことに「直ちに健康に影響はない」レベルのようです。

d0161382_7271522.jpg

  ほぼグランドレベルで、最小0.08マイクロシーベルト(μSv/h)、最大0.16マイクロシーベルト。簡易な機器は、どちらかというと高めな数値が出やすいということで、おそらく村の発表している数値と変わらないレベルだと思います。とりあえずホッ!

d0161382_72846.jpg

  ただこのなかでは、意外と部屋の中の数値が高く、日頃の無精な生活がガイガーカウンターで実証されてしまった!掃除しよっ!



それにしても野田政府の原発再稼働はなんなのか。はじめから再稼働という結論があって、それに向けてアリバイづくりをしているのがミエミエ。沖縄の普天間や辺野古基地と全くおなじ強引さ。
突っ走るノダメ総理はもちろん、原発発電に否定的と思われている枝野さんも菅内閣当時、脱原発に走った菅総理の「暴走」を防ぐため、総理だけでなく、自分を含めた4者協議で決定することをのませたという。それが現在の4者協議での再稼働に繋がったという話を11日の東京新聞が報じていたが、本当にタヌキばかり信用できない!


d0161382_729042.jpg

写真をクリックすると大きな絵で

週末夜船に乗る前に時間があったので、六義園に寄り道し、しだれ桜のライトアップを数年ぶりに見ました。


d0161382_1118188.jpg

  門の手前まですごい人出、サクラの花びらの数より眺めている人間の方が多いのでは?

d0161382_7303142.jpg

  昼休みにソメイヨシノにもご対面

d0161382_7295137.jpg

 都内某所(自生地を守るためあえて伏せます)で、七島スミレと思われる花も。まったく別の場所でも見つけたので、「内地」でも探せば意外とあちこちに?

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  離島情報
  ↑ ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも



by Wamploo | 2012-04-18 07:17 | 三宅の風景

「冬来たりなば春遠からじ」ってホンマかいな?

d0161382_23221918.jpg

        いつの間に降ったの?     Click the photo

d0161382_23245267.jpg
 先週は週初めから天気は良くなかったものの寒さはほどほどでしたが、ウイークエンドに向かうと天候は回復しましたが、風も強くなり寒さもひとしおに。

 今日は 二十四節気 の一つ【雨水】 -雪から雨の季節に変わり、雪が溶け始めるころ- というのに、いつの間にか雄山の山頂はまっ白。「内地」もかなり寒いようですが、三宅もまだまだ冬です。 

 
d0161382_23384118.jpg


 マッカーハシズム?

 冬といえば、前回のブログで『「ヒットラーの前夜」のような風が上方の方からの吹いて、メディアも「坂本龍馬気取りのヒーロー」に面白半分のヨイショをも繰り返しているし、アブナイ、アブナイ!』と書きましたが、先週は「ありゃまあ」という日本の「民主主義の冬」となり得かねない時代に逆行する寒波のようなニュースも。

 水曜日の東京新聞のコラム「筆洗」によれば、橋下市長の業務命令で、大阪市の労組等の活動を徹底的に調査するため、全職員に労組活動に誘った(誘われた?-職員とは限らない)人物の名前やだれか政治家を応援したことがあるかなどを書いて出さないと処分するという強制尋問のようなアンケート、要するに北朝鮮の秘密警察がやるような調査を公然とやってるらしい。

d0161382_23275823.jpg


d0161382_23352397.jpg

  コラムもさすがに「いくら問題の多い役所としても、密告を奨励するアンケートを強行する人権感覚には慄然(りつぜん)とする」と書いています。
  これってキリシタン弾圧の踏み絵とかローマ教皇と違う考えを表明したガリレオへの「異端審問」と同じやん。例が古すぎるとすれば、大ファンの映画監督・俳優のジョージ・クルーニーがメガホンをとった  「グッドナイト&グッドラック」  で描いたマッカーシズム(McCarthyism)とソックリ。「ハシズム」という言葉もあったみたいだから、「マッカーハシズム」になりまんの?



d0161382_23332273.jpg


 やったことが違法とか問題があるとすれば、ほしたらその行為を追及すんねんやったら分かりまっせ(まぁ大阪のお役人はニュースの種になるのが好きらしいしな?)。 
でも、考えていることやそれを他の人にアピールしたりすること=「思想信条がイカン」と取り締まるなんて、アカンのちゃいまっか!?味噌もクソも一緒にしてはあきまへん!

  すくなくても「 基本的人権を擁護し、社会正義を実現する ことを使命とします(弁護士法1条1項)」という弁護士出身の市長のやることやおまへん。
 そういえばチャップリンなどをハリウッドから追放したマッカーシー上院議員も弁護士出身だったらしんやけど、なんででっしゃろ?

 メディアは橋下氏の「船中八策」に関して、「俺の方が先に言った」と都知事閣下が言ったとか、しょうもないことは伝えるねんけど、なぜかこの問題はほとんど報じられへん。だいたい坂本龍馬気取りで、Wamplooがめっちゃ好きな高知の銘酒 「船中八策」 を不味くしないでほしい、なんて冗談を言って場合ではおまへん。やがて戦前と同じようにメディアも自由にものが言えなくなる(いまもそないに言いまへんけど)のは、ごっつい恐いでんがな。

 ★橋下市長が卒業した早稲田大学の 水島朝穂教授のHP【今週の「直言」(2012年2月20日付)】 に、水島先生の見方とともに問題の強制アンケートのPDFファイルが掲載されていましたのでご紹介します(上の下線部分をクリックすると表示されます)。


d0161382_23392516.jpg

  西側の大久保浜からは(右から)クッキリめに大島・利島・新島も見えました。強風もおさまり今日は海ものどかさを取り戻しました。でもやっぱり寒い。もしかして氷点下?
  三宅にも、デモクラシーにも早く春を!


にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  離島情報 ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも


人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト></a> <br />
        <br />
    <a target=【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
by Wamploo | 2012-02-19 22:49 | 三宅の風景

取りつく島は

 「海で溺れても上陸する島がないこと」が転じて、頼りとしてすがる手掛かりがないことを『取り付く島がない』といいますよね。
  もっとも「取り付く暇」という”言いまつがい”もあって、Wamplooもちょっと前まで、忙しい人相手の相談などの場合に使う慣用句で、「ヒマ」だと思ってましたが・・・。
 それはともかく、今回の三宅村の村長選と村議選のW選挙、まさに「取りつく島がない」感じで、けっこう悩みました。

d0161382_12492616.jpg

             2月11日「東京新聞」

 全日空の航空路廃止問題、火山ガス高濃度地区の規制、産業・観光振興、人工透析設備導入、人口減少・高齢化、バイクレース等々村を取り巻く問題点は、多くのみなさんが選挙公報で課題として取り上げています。 
  しかし、すべてとはいいませんが、ヘッドラインとして取り上げてはいても、どのように解決・改革していくのか、優先順位や、いつ頃までに実現をめざすのか具体的なところはほとんど分かりませんでした。(選挙カーも候補者名を連呼するスタイルが大部分で、政策はいまいちよく分からず)

 帰島前の村長選などでは公開討論会も実施されたようです。「公報」等が限られたスペースで十分に説明できないのだとすれば、村民の選択権を保障するために、こうした工夫も検討しても良かったのでは。

d0161382_12495062.jpg

村長には、島の子供たちの教育に長年たずさわってきた桜田昭正元教育長が当選


  選択といえば、日曜日の18時から例のNHK白熱教室シリーズで、まさにこの問題を取り上げています。
現在のプログラムは「コロンビア大学白熱教室」 で、全盲の女性教授(もしくは、巷では美人教授という冠も)、シーナ・アイエンガー女史の「選択こそ力なり」をテーマにした講義。

 「偶然や運命に身を任せるのではなく、自分で選択すること」が成功の鍵であり、「人生があなたから決して奪えないものがあります。それこそが、選択の力なのです」と教授はいいます。
 またこのコロンビア大の人気教授は、「選択の可能性がなければ、私たちはただの構成員、道具あるいは物にすぎない。」という米詩人アーチボルド・マクリーシュの言葉を紹介し、偶然や運命に大きく左右されるのが人生の一側面であっても、人生において「自分で選択すること」の重要性を強調しています。

d0161382_12502226.jpg

   熱戦が繰り広げられた週末はのどかな1日。
多事多難な時期に村政を担った平野祐康村長お疲れ様でした。



 それぞれの人生にも大きな影響を及ぼす原発問題をはじめ、消費税や社会保障など日本の国民は、大きな分岐点にいま立たされています。

 弱肉強食の小泉・竹中路線で、「中流」が壊され、みんなが貧しくなってしまったり、将来に展望が持てなくなってなる世の中になってしまったことへの怒りが、民主党政権を選択させました。
しかし、いつの間にか消費税増税に、社会保障は負担は引き上げる一方、給付は切り下げる、原子力発電は結局継続されそうな流れに。
  それだけでなく、「死の商人」で金儲けはしないという国是だったはずなのに、武器輸出3原則はいつの間にかなし崩しになり、原発のアジア各国への輸出を推進したり、自民党政権でも手を出さなかったことまでやり始める。
  これでは、漫画好きだけど漢字は読めないなどと揶揄されましたが麻生太郎総理の方が、小泉路線に異を唱え、市場原理主義の見直しを表明したという点では、まだマシだったのでは?
 
 そうした政治の現状から、いま一番恐いのは、「何ごとも自分で決めたがらないという私たち日本人」が、引っ張っていってくれる強いリーダー(独裁者)を求めること。
 「ヒットラーの前夜」のような風が上方の方からの吹いています。メディアも「小泉劇場」や「どげんかせんといかん知事」で繰り広げた面白半分のヨイショを 「坂本龍馬気取りのヒーロー」にも繰り返しているし、アブナイ、アブナイ!

d0161382_12513275.jpg

      「闘い」終わって日が暮れて。さぁ・・・・


にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  離島情報 ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも


人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト></a> <br />
        <br />
    <a target=【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

by Wamploo | 2012-02-13 13:00 | 三宅の風景

堪へ難きを堪へ 忍び難きを忍び

 この暮れの3連休は、前回のブログに書いたように久々の「帰京」。
いつものことだが、昼間はうちの用事や通院や買い物、夜は旧友などとの飲み会であっという間に過ぎていった。

  飲み会での一番の話題は、みんなそう遠い将来でもなくなってきた年金問題。
  年金保険料は2004年から2017年まで毎年アップし、支給開始は60歳から65歳まで順次引き上げられる。民間保険会社ならば詐欺として訴えられて当然の行為なのに、厚労省はさらに68歳~70歳に引き上げることすら検討している。本当にわれわれや子供たちの老後はどうなってしまうのか。

 いま政府は、「税と社会保障の一体化改革」を進めている。が、要するに税金も社会保障も国民にとって遣らずぶったくりの制度にしますよというもの。

d0161382_17113123.jpg


 菅前総理は、「財政再建」のために消費税を10%にといって、参議院選挙で大敗した。ところが、そのあと看板を付け替え「社会保障」の財源確保のためにと「税と社会保障の一体改革」に手をつけ、いま後任の野田首相がその実現に狂奔している。

 しかし、そもそも平成元年(1989)の竹下内閣による消費税導入時から福祉のための予算といっていたのに、消費税増税分がほぼそのまま大手企業の減税に回されてきた実態が、慶大の金子勝教授を初めとする多くの学者やエコノミストに指摘されてる。
  今度は「財政再建」「社会保障」「復興財源」のためといっても、まったく信用できないんですよね。

 自民・公明党による小泉内閣の時代の「百年安心プラン」が八百長だったことが判明し、それらへの批判で政権を取ったはずの民主党に「増税認めないと、年金払わんよ」といわれても、「承知しました」なんて簡単にいえるわけない。

d0161382_17544794.jpg

    近所の紅葉の木はほぼ終わりを告げていたが、ここだけまだ赤々と

 いまこの国で、沖縄の人たちだけの怒りだけが突出しているようにみえる。
例の普天間基地の辺野古への移転で、環境影響評価(アセスメント)の評価書の「年内」提出のため、防衛省は、宅配業者を使ったり、どさくさ紛れに警備員しかいない夜明け前の県庁に持ち込むなど むしろこじれさせるために行動してるとしか思えないむちゃくちゃぶり。

  この問題で野田首相は「『正心誠意』対応」するといっっていた。田中聡沖縄防衛前局長は「これから犯す前に、犯しますよといいますか」と度し難い発言で更迭された。しかし、こんなやり方が野田さんの『正心誠意』なのか。危険な基地はもう勘弁してくれという沖縄の人々の気持ちを「犯す」以外のなにものでもないという意味では前局長の方が言行一致ではあるが、「どいつもこいつも」としかいいようがないのは悲し過ぎる。

 普天間も社会保障・消費税増税、震災復興、原発事故も 「堪へ難きを堪へ忍ひ難きを忍」  いでも、一向に明るい未来は見えてこない。
 普天間もそうだが、消費税も年金も国民はそう簡単に認めるほど「アホ」ではないはず。
これらをやむを得ないものと誘導するメディアと国民の怒りの隔たりもやがて明らかになると思うのだが・・・。

d0161382_1756587.jpg

        三宅から見えるのは南側だが、これは東側の富士山

d0161382_1852880.jpg

   来春には、東京スカイツリーもオープン

 今年は多くの人の命が失われ、いまも原発事故の影響に怯える毎日が続く未曾有の「災」の年だった。
しかもこれらにしっかり対応してない一方、増税や普天間、TPPなど「いまなんでこんなことばかり」と思えることに熱心な政治の「冷温停止状態」で、この国の行方はたまらなく心配。
  2012年は、福島や沖縄、東北・関東各県の被災地などに少しでも明るい日が差し、新しい社会への転機となることを祈らずにいられません。

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  離島情報 ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも


 旧友たちから、最近のブログは文章が長すぎるという「難癖」があったので、だいぶ端折ったのだが、また言われそう。「もっと短く・簡潔に」と。
それは業務命令でしょうか。承知しました。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ
にほんブログ村   ポッチとクリック ほかの島々のみなさんのブログも

by Wamploo | 2011-12-30 19:58 | Other

異論! 反論! OBJECTION?

月日の経つのは驚くほど早いもので、筑紫哲也さんが亡くなって今日で3年。

 正直言って、『朝日ジャーナル』の編集長時代、40代の筑紫さんは、先鋭的なことを言うちょっと”チャラい”ジャーナリストという感じで、あまり好きではなかった。
  平成の時代に入いっても、どちらかといえば子どもの頃からラジオで聴いていた久米さんの『ニュースステーション』の方が贔屓だった。それが『NEWS23』の筑紫哲也にシフトしていったのは、いつの頃からだったか覚えていない。だが、後年たまたま間近で話しを伺う機会が何回かあって、ジャーナリストとしてはもちろん、その多面的な人間的魅力に引きつけられた。

d0161382_12525191.jpg  いま彼が生きていれば、阪神大震災のときと同じように、3.11にはすぐ宮城や福島に駆けつけ、現場から中継したであろう。また「一つになろう、日本」なんていう原発事故をなかったことにするようなキャンペーンではなく、  「多事争論」  を巻き起こしていたのではと思うと残念でならない。
 筑紫さんに続くと思われるジャーナリストは、鳥越俊太郎、長野智子、金平茂紀、国谷裕子氏などいないわけではないが、その多くは巨大メディアのなかで、どちらかといえば冷遇されている。

d0161382_17545249.jpg

Click

 福島第一原子力発電所の事故報道でも、原発の安全神話が「ずっとウソだった」ことが分かっているのに、事故後もずっと「ただちに健康に影響ない」や「風評被害防止」をいう政府と専門家だという原子力村の学者たちの見解をそのまま流すだけ。その後、原発から20kmとか30kmどころか、東京周辺等でもホットスポット見つかり、内部被曝の心配や土壌汚染対策に莫大な経費がかかることが明らかになった。
 事故前の「メディアとスポンサーの電力会社の癒着」構造が、事故後も基本的に変わっていないことが、国民の命にも影響を及ぼす事態を生んでいることへの反省は、主要メディアから出てこない。

d0161382_1756087.jpg


 筑紫さんは、TBSがオウムに坂本弁護士へのインタビューテープを見せたことが坂本一家殺人事件に繋がった事件で、「報道機関が存立の最大のベースは、信頼性です。その意味で、TBSは今日、死んだに等しいと思います。」
「過ちを犯したということもさることながら、その過ちに対して、どこまで真っ正面から対応できるか、その点でもTBSは過ちを犯したと私は思います。そして、これからやるべき事はいっぱい残っていおり、自分たちがどういう事を考え、何をやっているのかという事を、もう少し公開すると言いますか、きちんと説明するということも一つの勤めだろうと思います。」と述べた。
しかし、いまこんなに率直に自分たちの過ちを謝罪するジャーナリストはいるでしょうか。


                      ☆  ☆  ☆

  信頼できないといっても、現代の情報社会、ジャーナリズムが確立されていないこの国でもメディアの情報に私たちは頼らざるを得ない。では、メディアに流されない能力=メディアリテラシーを少しでも向上させるためには、どうしたらよいのでしょうか。

d0161382_17574149.jpg


  筑紫さんはこのことに関する「論」として、「知の三角形」ということを述べている。
情報社会の洪水におぼれないためには、私たちが日々メディアから摂取している情報=Information(I)と自ら向上させる知識=Knowledge(K)、知恵=Wisdom(W)の三つが形作る「知の三角形」をバランスよくしていくことだという。

 私たちはTV等を通じたIの摂取ばかり多く、それを判断するためのKの摂取が少ない。最終的に判断・理解するWはもっと少ない。この三角形のバランスの取れたものにするために、まずKを増やさなければならない。そのためには、物事に対して好奇心と探求心を持って、少しずつ知識を増やしていくこと。それが一定の段階でW=知恵の増大に繋がるというのだが・・・。

 まあそうなんでしょうけど、面白くもないテレビのスイッチを入れ、今夜も1杯飲むということが習慣づいてしまった身には苦行のようにも感じる。しかし、そのむかし難しい計算が解けたときの感動でも思い出して、少しは、「血」じゃなくて、「遅」・「恥」でも、「もちろん痴」でもなくて、「知」を増やす努力もしましょうかね?

d0161382_175813100.gif




2008年3月28日(金)News23  筑紫哲也の最後の「多事争論」 

          @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

                     ~ 略 ~
 力の強いもの、大きな権力に対する監視の役を果たそうとすること、それから、とかく1つの方向に流れやすいこの国の中で、この傾向はテレビの影響が大きいんですけれども、少数派であることを恐れないこと、多様な意見や立場をなるだけ登場させることで、この社会に自由の気風を保つこと、そいうことが含まれています。

それを実際に、すべてまっとうできたとは言いません。しかし、そういう意志を持つ番組であろうとは努めてまいりました。この18年間、人は変わったんですけど、そのことでは変わりはありません。同じようにこれからも松明は受け継がれていきます。

この18年間の間、どうして番組が生き残れたんだろうかということをこの際、私は改めて考えてみたんですけども、やっぱり1番の理由は、やはりご覧にいただいてるみなさまからの信頼感の支えが大きかったと思います。

どうぞこれからも変わらぬ、変わらずニュース23をよろしくお願いいたします。


          @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

d0161382_12541312.jpg

★ おすすめ
生前の筑紫哲也さんからの最後の活字メッセージ 「若き友人たちへ―筑紫哲也ラスト・メッセージ」
       と
井上陽水・中島みゆき・石川さゆり・Cocco、綾瀬はるか・草なぎ剛・おすぎ・太田光、坂本龍一・大林宣彦・阿川佐和子、梅原猛・姜尚中・寺島実郎・天野祐吉・立花隆、松坂大輔さんらによる筑紫さんの三回忌を前にした追悼集。タイトルはそのままずばりの 「 筑紫哲也 」 (週刊朝日MOOK)



 きょうは、ざっとこんなところです        
    ↑ クリックするとラストメッセージが 
    


にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ
にほんブログ村   ポッチとクリック ほかの島々のみなさんのブログも
by Wamploo | 2011-11-07 17:44 | Other

知事選挙へ

明日10日は、知事選挙です。
が、今日の船で急遽「帰京」することにしたので、雨が降り出す前に期日前投票に行ってきました。

d0161382_1362376.jpg

 
 日本全体というか世界が被災支援に力を注ぐときに、統一地方選挙をやっていていいのかどうか。
  自分たちの代表者を選ぶ民主主義の基本だけに、選ぶ情報も不十分ななかで無理に投票させることは理解に苦しみます。
 マスメディアも選挙報道にほとんど取り組まず、『仏TV「日本人はバラエティー番組を見て笑い転げている場合か?」』というニュースを今朝見ましたが、世界が心配し、支援しようとしてるときに日本全体がアホと思われかねない状況をつくりだしています。
  日頃「世論はこうだ」などといっているのに、世論を最もあらわすべきに選挙、知事選だけでも東京1300万人、神奈川900万人を初め、約4000万人の生活を大きく左右するリーダーを決めようというときにこれでは・・・。


d0161382_1371094.jpg

  島の掲示板には本気モードの?3人だけのポスターしかありません。23区などではどのくらい貼ってあるんでしょう?

 メディアを通じての情報があまりに少ないため、候補者に対するアンケートをネットで検索し、次のHPを参考に投票しました。

 特に原発事故の最中であり、「エネルギー政策を知りたい・・・」で、各候補が原子力発電についてどう考えているのか。原発推進だとすれば、事故を防げる方策を考えているのか。原発推進に反対だとすれば、原発をこれからどうしていくのか、現実的な代替エネルギーを考えてるのかなどをチェックしました。
  アンケートへの回答だけで、それに対するツッコミまでは、限られた時間のなかのでの立ち上げなのでありませんが、メディアが伝えない情報であり、たいへん参考になりました。

 ◎投票前にチェック!都知事選に関するアンケートまとめ

 ◎「候補者のエネルギー政策を知りたい有権者の会」の各県知事候補へのアンケート 坂本龍一・田中優・大貫妙子氏らが立ち上げたもの




          ★    ★    ★


★三宅島を舞台とした映画「わんこのしま」の上映7月23日に決定★
  主演:佐藤隆太・麻生久美子ほか   
      ♫主題歌 小田和正書き下ろし「hello hello」

   ☀公式サイト  ←  クリック
  ☀映画.com:三宅島復興のシンボル犬“ロック”の実話を映画化 

             ★    ★

★「三宅島」島民4人と1ぴき 写真展
三宅島の民宿経営者・商店主・ネイチャーガイドなどが切り取った三宅島の魅力

5月3日~5月18日 10:30~19:00(最終日は15:00まで)
 新宿駅前(東口) コニカミノルタプラザ(新宿タカノフルーツ4F)にて開催。
     


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ





by wamploo | 2011-04-09 12:04 | 三宅の風景

あけまして おめでとうございます  -続-

d0161382_0302418.jpg



        前回からの続き


 元日営業みたいなものは、結婚と離婚などと同じで、始めるときよりやめるときの方がはるかに難しい。自分がスーパーのマネージャーだとしたも「そんなに儲かるものでもないし、もうやめません?」ていえる自信はない。「君たちはやる気があるのか。収益が上がらないのは、君らの売り方に問題があるんじゃないか」なんて上司にいわれシュンとしたりして。

 なんでもかんでも規制緩和のかけ声に踊らされ、ルールもへったくれもなく共有地を台なしにするようなことはイカンのじゃないのということですよ。「スーパーの悲劇」は。
 消費者であるわれわれも、エコ、エコ、地球温暖化防止といいながら、365日24時間の便利さに慣れすぎ。そりゃコンビニもないところに住んでいるひがみといわれかもしれないけど。しかし、あれば便利だけど、なくてもどうっていうこともないことは、この間の島の生活で実感済み。

 もう少し共有地を守るための約束事というか公式ルールがあっていいと思う。しかし、最小不幸社会?宰相不幸社会?なんてよくわからない宣伝文句で、市場万能主義にのめりこんでいくご公儀のもとでは期待薄。せめて旅行会社のシーズン料金が高くなるように、この三が日に働く人たちの賃金は2~3倍にする法整備ぐらいはやってくれれば。そうすれば、収支計算も適当で、何となく我が社も三が日営業しておこうという方針は見直されるのでは。

 環境保護とともに、こうした業界で働く人たちも新年くらい家庭団らんができるように、われわれ消費者も不買運動てな大げさなものでなくて、正月三が日はできるだけ買い物を控える程度のことは、努力してもいいよね。
 
 なんて、エラソーにいいながら、さっき、年賀状を出しに行ったついでに、コンビニでついツマミを買ってしまった。いい加減!


d0161382_1993479.jpg





d0161382_0323259.jpg


d0161382_8302271.jpg


d0161382_0364069.jpg


d0161382_0381181.jpg


d0161382_039326.jpg



p.s.
 スーパーマーケットは、年中無休(365日営業)、24時間や深夜営業がいまや珍しくないが、大手スーパーのサミットは、今年元日営業をやめた。社員の福利厚生のためという公式発表。売れるのは刺身や酒、福袋くらいで、普段の休日より売上が少ないという状況がその裏にはあるらしいのだが、そうであっても英断である。パチパチ.
ほかのスーパーも 見習ってミヨーカドー♪♪

by wamploo | 2011-01-06 07:28 | まじめに?

あけまして おめでとうございます

d0161382_8251690.jpg

                                

 のんびりしたお正月でした。
 子供たちが元日から仕事なのが寂しいかったけど。
 12月がともかく忙しい職場だったときは、大晦日に仕事から帰るとバッタリ。新年早々毎年のように熱が出て三が日唸っていたのが懐かしい?

 それにしても、別に「ない自慢」をするわけではないけど、コンビニも大型スーパー、マックもレンタルビデオ店もない島に慣れたからか、帰京すると都会の便利さと行きすぎた浪費をつくづく感じる。スーパーも多くは元日からやっているし。
 この国で唯一の「安息日」ともいうべき正月三が日は、みんな休むという伝統はいつ頃からなくなってしまったの。

 電気・ガス・水道や通信・交通などのインフラや消防・警察、救急病院、ホテル・民宿などの観光業などはいまもお正月だからといって休むわけにはいかないことは変わらない。郵便屋さんなんて本当にご苦労様。でもスーパーまではどうなんでしょう。

 
「ほかが休んでいるときに、うちが営業すれば儲かるやろ」というのは分かりますよ。でも、こうしてどこもかしかも開店していたらどうなの。いまは逆にほかの会社だけ儲けさせないために無理して営業してるんじゃないの。元日営業のために社員はそれぞれの家庭で新年の挨拶をするまもなく出社し、商品補充のための物流を初めとする関連業界の一部も働かざるを得ない。

 むかしむかし先生から「共有地の悲劇」というちょいと難しい話を聞いた。

 -村の共有地で村人が牛を放牧する。自分だけの土地であれば牛の数を制限して、放牧地の環境がが保たれるようにする。しかし共有地なので、自分だけ規制すると、ほかの村人が牛の数を増やして、自分の利益が少なくなってしまう。結果、みんなが牛を増やしすぎて、牧草地から草がなくなり、牛がみんな死んでしまう-

 簡単に言えばこんな話で、一人ひとりはその状況により自分に一番いい選択をしても、自由奔放に任せていると、全体としては破局に向かってしまうということか。市場経済万能主義に警告をならすような寓話でもある。いまは牛がいない三宅島からは、漁場で漁を獲ることを例にする方がいいかもしれないけど?


                                   -つづく-


d0161382_832530.jpg


d0161382_8334494.jpg

by wamploo | 2011-01-04 07:23 | まじめに?

波乱バンジョーの人生

三宅ゆかりの人物  - その1 -


浅沼 稲次郎

d0161382_0205181.jpg


 1898年(明治31年)三宅島神着村生まれ。
 早稲田大学在学中社会主義運動に参加し、戦争中は軍部に協力するなどの遍歴を経た後、戦後社会党右派書記長、日本社会党委員長などを歴任し、「人間機関車」「ヌマさん」と呼ばれ、30年に渡り住み続けた下町を中心に絶大な人気を誇った。
 1960年10月12日、初めてTV中継された日比谷公会堂での立会演説会で、演説の真っ最中に右翼の少年に刺され、61年間の波乱の生涯を閉じた。

d0161382_0215639.jpg


 今も残る三宅島の質素な生家。都道から村道を登った芝生広場もある児童公園の一角にあるが、場所はかなり分かりにくい。
 三宅島の観光スポット全般的にいえることだが、観光を目玉にしている割には、インフォメーションがいまいち!住んでいる人間には、狭い島で目をつぶっても行ける場所でも、限られた滞在時間の観光客にはもう少し丁寧なナビゲートがあってもいい。

d0161382_023185.jpg


d0161382_328615.jpg

毎日新聞記者が撮影した有名なテロの瞬間(日本初のピュリツアー受賞の写真。世の中に事実を知らせることを優先すべきか、カメラを犯人に放り投げても人命を助けるべきかジャーナリスト入門の教材の一つともなっている)

d0161382_024916.jpg

火山ガスの影響により像はかなり変色してしまったが、浅沼氏の現代への想いは、



d0161382_0324215.jpg

日比谷公会堂での最後の「浅沼演説」

 ~略~ 総理は、投資によって生産がふえ、生産がふえれば所得がふえ、所得がふえれば貯蓄がふえ、貯蓄がふえればまた投資がふえる、こういっておるのでありますが、池田総理のいうように、資木主義の経済が循環論法で動いていたら、不景気も、恐慌も、首切りも、賃下げもなくなることになります。しかしながら……しかしながら、どうでしょうか。戦後15年間、この間3回にわたる不景気がきておるのであります。なぜ、そういうことになるかといえば、生産が伸びた割に国民大衆の収入が増加しておらないところで物が売れなくなった結果であります。
 したがってほんとうに経済を伸ばすためには、国民大衆の収入をふやすための社会保障、減税などの政策が積極的に取り入れられたければならぬと思うのであります。 ~その一つは、大企業のみ税金の特別拮置をとっておる、措置法を改正して、大企業からもっとより多く税金なとるべきであると、私どもは主張するのであります。~国民に対しては法律を守れといって、税金だけはどしどし取り立ててゆく。これでは国民はいつまでもだまってはいられないと思います。政治のあり方を正しくする基本はまず政府みずから憲法を守って、きれいな清潔な政治を行なうことであります。そして青少年には希望のある生活を、働きたいものには職場を、お年よりには安定した生活を国が保障するような政策を実行しなければなりません。

 
d0161382_0282016.jpg


 続き~ 略~ 外国の軍隊が二十五年の長きにわたって駐留するということは、日本の国はじまっていらいの不自然なできごとであります。インドのネールは「われわれは外国の基地を好まない。外国の基地が国内にあることは、その心臓部に外国の勢力が入り込んでいるようなことを示すものであって、常にそれは戦争のにおいをただよわす」こういっておるのでありますが、私どももまったく、これと同じ感じに打たれるのであります(拍手)。
 日米安全保障条約は昭和二十六年、対日平和条約が締結された日に調印されたものであります。じらい日本は、アメリカにたいして軍事基地の提供をなし、アメリカは日本に軍隊を駐とんせしめるということになったのであります。
~略~したがいまして日本が完全独立国家になるためには、アメリカ軍隊には帰ってもらう、アメリカの基地を返してもらう、そうして積極的中立政策を行なうことが日本外交の基本でなければならぬと思うのであります。
~    

最後の演説 浅沼暗殺事件動画
http://www.liveleak.com/view?i=344_1228020096

d0161382_1123138.jpg


 浅沼氏が率いた社会党の血筋を引くのは現在の社民党になるのだろうが、政界再編のなかで、旧社会党から民主党に乗り換えた議員も少なくなく、民主党も親戚筋ではある。
 浅沼さんが死の直前まで訴えた日本の完全独立が、それから50年経っても実現されたとはいえず、むしろ米軍への「思いやり予算」などにより、むしろ日本が米軍を自国に帰りにくくしている。
 浅沼さんのDNAも含まれている政権が生まれたのに、沖縄の人々がいくら基地の撤去を訴えても、聞き入れず、あたらしい基地を辺野古につくろうとしている姿を天国の稲次郎さんはどんな想いで見ているんでしょう。

d0161382_1135385.jpg


 その民主党代表に再選されたおらが街の総理-菅さんは、結構期待はずれというか全然期待はずれ。アカン。
 人間より市場の方を信頼すべきと考える前原サンらに支持されて、市民運動家の面影なんかどこにあるのという感じ。

 人々の幸福実現を目的としているはずの経済や財政政策を、一部の富裕層の幸福のために行う市場原理主義は破綻したはずなのに、政権が変わっても、その亡霊が甦ってしまい、なかなかしぶとい。

 カンキチ君は、「強い経済、強い財政、強い社会保障」とか「第一に雇用、第二に雇用、第三に雇用」、「50、いや100ぐらいの特命チームを作る」とかだれかスピーチライターがつくったキャッチコピーを唱えているだけで、何をどうするのか消費税増税以外はまったく見えてこない。

 菅サンがあまりに期待はずれの一方、ダメダメのマスメディア(幹部や記者が長年にわたり政府から官房機密費を貰っていたことは知らんぷりなのに)があまりに小沢叩きに熱心なため、逆に小沢サンを応援したい気にもなる。 が、つい数年前、すでに国民に見放されていた自民党と大連立しようとした人物でもある。個別には菅さんよりいいことをいっているンだけど、ハズレ気味の政治的センスや、さらに一郎クンの政治的野望がどの辺にあるのかさっぱり分からないからなぁ。

d0161382_316206.jpg


 総理はまだ3ヶ月しかやってないと騒いでましたけど、引き続きあと何ヶ月だか何年だかやることになったんですから、「第一に政権維持、第二に政権維持、第三に政権維持」なんてことにならないように、公約どおり雇用対策くらいはしっかりやってください。
 なにしろ大手企業は、国家予算(一般会計)92兆円の何倍にもなる250兆円とか400兆円とかメチャクチャ貯め込んでいるらしい。新しい事業に投資するわけでもなく、株や有価証券を買ってただひたすら貯め込むだけで、使い道にも困っている。その数パーセントでいいので雇用などに使ってもらってもバチはあたらないはず!そうでなければ半年後に卒業を迎える高校生や大学生など、若い連中があまりにかわいそう!

問題は、国際競争力が低下するとか何とかいって渋る企業や経済界のみなさんに、わが総理がちゃんともの申せるかどうか。
 しかし、「賢人会議」で有名な世界経済フォーラムの先週9日に報道された「2010年版世界競争力報告」によれば、日本の総合順位は6位。
  国際競争力っていったい何者なのか?世界で6番目に強い国なのに、むしろそれが人々の幸福追求を妨げる大きな壁となっているなんて、仕事も満足にないなんてことはアリエナイ!競争力は大丈夫、菅総理がんばろう!



★今日の三宅はほとんど雲もなく、スッキリした空模様。秋を過ぎればこんな天気もこれからそう多くは望めない。連休で渡島してきた観光や帰省のみなさんには絶好の気候のもとゆったりと島を楽しんでいって欲しい。
by wamploo | 2010-09-19 23:54 | History of Miyakejim

し ま せ ん

 にぎやかだった参議院選挙とワールドカップも終わり,街も少し静かに。
とはいっても、島の選挙、”しません”は、ずーともの寂しいくらい静かでした。

 選挙といっても、街頭宣伝があるわけではなく、マニュフェストも配られない。面積は、世田谷区とほぼ同じでも、有権者数は、世田谷の0.4%にも満たない約2500人しかいないので仕方がないのでしょうが・・・?

 ワールドカップもパブリック・ビューイングなんてないし、いくら早起きの高齢者が多いといっても朝の3時・4時なんて微妙な時間にテレビを観るために布団を跳ね上げるほどの元気があるとも思えないし・・・。



選挙を感じさせるものといえば選挙ポスターの公営掲示板と

d0161382_23425396.jpg

 雨後の竹の子のように産まれた多くの新党のポスターはなかった

主な政党のポスターくらい。


d0161382_23441569.jpg


d0161382_1105286.jpg


d0161382_1144476.jpg




 ワールドカップは、スペイン優勝で終了。芸術的ともいえるスペイン選手たちのパス回し。

 しかし、トヨタカップでジーコのドリブルに魅せられて、サッカーにはまっていった元サッカー少年としては、度外れた組織的なサッカーは、工場の組み立てラインや軍隊の儀式を見ているようでイマイチ好きになれない。欧州流のサッカーに次第に近づいているとはいえ、神業的なドリブル等で突破していく南アメリカ勢の今後の奮起を期待したい。

 4年後の日本代表は、そして自分自身は、三宅島は、どうなっているんでしょうか???


d0161382_0104447.jpg

by Wamploo | 2010-07-14 22:39 | Other



噴火から10年、帰島から5年、火山ガス「噴出ヤメッ!」とは、なかなかならない三宅島に、元気を取り戻してもらえるように、写真を中心に、テキト~に文章まき散らし、テキトーに規則正しく綴っていければと・・・
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
外部リンク
タグ
ライフログ
検索
人気ジャンル
Powered By イーココロ!
FX情報サイトの入り口
ファン
ブログジャンル
画像一覧