三宅島 元気ハツラツぅ?

タグ:わんこのしま ( 8 ) タグの人気記事

えべっさんの島やったんや

 三宅島の最南にある富賀神社の例大祭が、 この週末8月6日(土)から 9日(火)までの日程で執り行われています。
  日頃見かけない若者も大勢帰島中。
大祭は2000年の噴火により中断され、一昨年の2009年復活。祭りは2年毎ですので、21世紀になって2回目の祭りということになります。

  富賀神社の祭神 事代主命(ことしろぬしのみこと)は、「因幡の白兎」で有名な国造りをした大国主命の長男で、伊豆諸島をつくり、まず三宅島に鎮座し、三島(≒御島)大明神になったそうです。
  三島明神が祀られている静岡県三島大社は、はじめ三宅島の富賀神社にあったものが遷宮したといいます。要するに、伊豆諸島や伊豆半島がのっているフィリピン海プレートの鎮守様はもともと三宅島だったということですな!?
  いずれにしても富賀神社は、歴史と伝統を持った神社なんですね。

  事代主命(三島明神)は、海の神、商業繁盛の神「ゑびすさま」でもある。
あの右手に釣り竿を持って、左脇に鯛を抱えてるありがたい恵比寿様のいらした島に住んでるのに、なぜ生活にゆとりがないんでしょ?

d0161382_233787.jpg

  6日土曜日伊ヶ谷からの神輿の引き渡し場所に向かう伊豆の男衆

d0161382_2345865.jpg


d0161382_2310161.jpg

  「お約束」のチョットしたいざこざを経て、無事に神輿を引き継いで、明朝まで神輿を安置する伊豆老人福祉館まで練り歩く伊豆の衆


  神輿は、富賀神社のある阿古から伊ヶ谷-伊豆-神着-坪田の各集落(旧5ヵ村)をリレーして、島を1周するため「周り神輿」ともいわれます。

  また、神輿を次の集落に受け渡しする際に、相手の集落の男衆と火花を散らす、角突き合わせる、ぶつかり合う、激突する、市街戦を繰り広げる?という激しい祭り。 以前は、機動隊が待機していたという話しもあるほどの攻防が繰り広げられ、「喧嘩祭」ともいわれます。

  もっともいまは、ジャイアンツの番長清原のウエスタンラリアットようなド迫力の戦闘シーンは見られず、長老のみなさんが、熱くなりすぎず「お約束」の小競り合い程度に収めるように、巧みに誘導しています。
 故障ばかりの冷却装置で、まったく収束のめどもつけられない なんとか電力とか保安院のお偉いさんたちにも少しは見習って欲しいものです。


d0161382_23272352.jpg

  伊豆から神輿を引き継ぐ「出陣」前の神着の衆(日曜日)

d0161382_23374762.jpg

  「島の人口って こんなにいた?」と思うくらい人が集まりはじめる。今年は、もう一つの島の夏の一大伝統行事、神着の御笏神社(おしゃく神社)の 牛頭天王祭(ごずてんのうさい) が東日本大震災の影響で中止なっただけに、蓄積されたエネルギーも大きいはず!?

d0161382_23293283.jpg

  伊豆の衆が神輿を「38度線」に

d0161382_23294952.jpg

   無事台座に安置

d0161382_0282451.jpg

   「神着の野郎ども、まだ触るんじゃねエぞ! いま長老(役員)に引き渡し中だから」


d0161382_23302658.jpg

   何ごともなく引き継ぎと思った瞬間、ここでも「お約束」のジャブの応酬というか小競り合いに。
  中にいる?えびすさんもビックリ?


d0161382_23313385.jpg

   「ヘイッ! 伊豆のみなさんよ、俺たちの担ぎ方をよく見とくんだぜ!」

d0161382_23321116.jpg

   「どんなもんだい!オットト・・・」

d0161382_23351838.jpg



d0161382_2342746.jpg

   「最後までしっかり担ぐんだぜ」

d0161382_23335832.jpg

   島役所前も練り歩いて

d0161382_2344357.jpg

   御笏神社(おしゃく神社)に到着

d0161382_23453861.jpg

   「おつかれ !」 お神輿は翌日までここで休息。
  メーンイベントといわれている8日の青コーナー神着から赤コーナー坪田への引き継ぎがちょっと心配ですが・・・


人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト></a> <br />
        <br />
    <a target=【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!




にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ
にほんブログ村   ポッチとクリック ほかの島々のみなさんのブログも


d0161382_094844.jpg


★三宅島を舞台とした映画「ロック わんこの島」
全国で上映中


  噴火災害からの避難と帰島
  主演:佐藤隆太・麻生久美子ほか   
    ♫主題歌 小田和正書き下ろし「hello hello」

    ★映画ガイド
      ◇ぴあ映画生活
      ◇YAHOO映画
      ◇Movie Walker
      ◇シネマトゥデイ
      ◇映画.com 
      ◇MOVIE ENTER


☀わんこの島公式サイト  ←  クリック


d0161382_0121090.jpg



           ◇     ◇     ◇

2011 第4回 離島甲子園 
↑オフィシャルサイト

d0161382_1265413.gif


第4回離島交流中学生野球大会  8月18日(木)~21日(日) 
愛媛県 上島(上島町 - 瀬戸内の島)にて開催

   参考:-みんなでワイワイ- 離島ブログ (enjoy-oki観光情報サイト)

d0161382_12404753.jpg
礼文島(北海道)や久米島(沖縄)など全国から19校が出場
このなかには、三宅はもちろん、1993年(H5)7月の北海道南西沖地震による津波や火災で大きな被害を受けた奥尻島や1986年(S61)三原山の噴火で1万人が全島避難した伊豆大島のほか、島特有の環境から台風や集中豪雨などの自然災害をたびたび受けるところも少なくない。





東京からは三宅島・大島・八丈島の
各中学野球部が出場


『瀬戸内少年野球団』の舞台で、目一杯プレーし、
あわせて日本中の島の仲間との絆を!


d0161382_11581332.jpg



by Wamploo | 2011-08-08 22:44 | 三宅の風景

こんな晴れた日は ずる休み

  夏休みもあと3週間とチョット。
 今年は活動が早い台風の影響もあって、三宅島もスッキリしない天気が続いていました。しかし、ここ4~5日はいい天気。
  今日も朝方こそ雨模様だったものの以後は、夏らしい気候でした。

d0161382_058554.jpg

    伊豆岬灯台       Click the photo

d0161382_015495.jpg

    伊ヶ谷港

d0161382_23493450.jpg



爽やかに晴れた空 空気がおいしいよ  休もう今日は会社  
たまには仕事も悩みも  何もかも忘れて 誰もいない観光地 のんびり出来そう
頑張った私へのごほうびだよ  こんな休みもいいね


という
森高千里の「ずる休み」のフレーズが、ピッタリの感じの三宅島です。

緑も風にそよいでいるし、鳥は朝から煩いくらいさえずっている。
空気もおいしいし(火山ガスが流れた場合は別)、循環道路なので
どこまでも続く道をドライブできるし、美人女優との別れというつらい体験も癒せるし(この話題ホンマに好きやねェ)・・・・


d0161382_23535862.jpg

     伊ヶ谷浜と伊ヶ谷港

d0161382_23551880.jpg

     東海汽船カメリア丸が入港

d0161382_23555313.jpg

   海を眺めながらのビールやCoffee(伊ヶ谷浜海の家SunSetHouse)
     ここのところ東海汽船はほとんど伊ヶ谷港からの入出航。
     飛行機はこの1週間は5日も飛んで、驚きの就航率7割でした。




 ただ念のためにいっておくと
山腹にあった牧場は、雄山の噴火でいまはなく、牛の声を聞きながらのゆっくりお昼をたべるのは、いましばらく?
また、アカコッコやメジロはともかく、誰もいない観光地というほど、閑古鳥は鳴いていません。

d0161382_23591790.jpg


d0161382_23594921.jpg

  夕日のシャワーを浴びるお隣の神津島

d0161382_002845.jpg


 夏はあっという間!
さあ会社を退けたら、竹芝発22時20分発の東海汽船に飛び乗ろう!
2~3日会社をサボったって、たぶん誰も気づかないし、都会の節電のための崇高な行為だと思えば・・・・?



 ずる休み (作詞:森高千里 作曲:伊秩弘将)

d0161382_2203647.jpg 気持ちいい朝だよね さえずる小鳥
ゆっくり朝ごはん 食べて出掛けよう
爽やかに晴れた空 空気がおいしいよ
久しぶりの早起き 休もう今日は会社

 ~ 略 ~

爽やかに晴れた空 空気がおいしいよ
どこまでも続く道 明日も休みたいな


きれいな秋空 風にそよぐ緑おいしい空気思いっきりすって ゆっくりお茶でもしよう
たまには一日 何もかも忘れて
明日から又やっていけそうだよ こんな休みがあれば

 

人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト></a> <br />
        <br />
    <a target=【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ
にほんブログ村   ポッチとクリック ほかの島々のみなさんのブログも



にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも


d0161382_0161529.jpg
 
   坪田(長太郎池付近) 

★三宅島を舞台とした映画「ロック わんこの島」
全国で上映中


  噴火災害からの避難と帰島
  主演:佐藤隆太・麻生久美子ほか   
    ♫主題歌 小田和正書き下ろし「hello hello」

    ★映画ガイド
      ◇ぴあ映画生活
      ◇YAHOO映画
      ◇Movie Walker
      ◇シネマトゥデイ
      ◇映画.com 
      ◇MOVIE ENTER


☀わんこの島公式サイト  ←  クリック



d0161382_027221.jpg

     大路池



           ◇     ◇     ◇





2011 第4回 離島甲子園 
↑オフィシャルサイト

d0161382_1265413.gif


第4回離島交流中学生野球大会  8月18日(木)~21日(日) 
愛媛県 上島(上島町 - 瀬戸内の島)にて開催

   参考:-みんなでワイワイ- 離島ブログ (enjoy-oki観光情報サイト)

d0161382_12404753.jpg
礼文島(北海道)や久米島(沖縄)など全国から19校が出場
このなかには、三宅はもちろん、1993年(H5)7月の北海道南西沖地震による津波や火災で大きな被害を受けた奥尻島や1986年(S61)三原山の噴火で1万人が全島避難した伊豆大島のほか、島特有の環境から台風や集中豪雨などの自然災害をたびたび受けるところも少なくない。





東京からは三宅島・大島・八丈島の
各中学野球部が出場


『瀬戸内少年野球団』の舞台で、目一杯プレーし、
あわせて日本中の島の仲間との絆を!


d0161382_11581332.jpg

by Wamploo | 2011-08-07 21:53 | 三宅の風景

桜花 いのちいっぱい咲くからに 生命をかけて わが眺めたり


 「帰京」のとき定期船が東京湾に入ると、山や丘の裾野にへばりつくような房総半島の海べりの集落が見えてくる。さらに羽田を越え、レインボーブリッジが見えてくると、高層・超高層ビルが林立し、万里の長城のように連なっているのが分かる。これを何キロも広がるビルにダーと繋げてしまえば、防潮堤防のかわりになるかもしれないが・・・・

d0161382_13441423.jpg


d0161382_13445111.jpg


 リゲインの『24時間戦えますか』というキャッチフレーズが流行語となったバブルの時代、国や東京都が音頭をとって、「世界都市Tokyo」「24時間都市化」「世界の金融センター化」などがめざされた。
 臨海部開発が始まり、それから20数年、いつのまにか山手線の駅前はもちろん多摩地域でも高層ビルが珍しくなくなってきた。あっちこっち向いたドミノのようにビルが建てられ、夜間陸地を冷やすはずの海風が入る隙間もない。熱がこもった内陸部はエアコンでビルや室内を冷やし、その廃熱でますます全体が高温化し、熱帯夜が増え、ますます空調に頼るという悪循環を招いているのはご存じのとおり。

 24時間都市化によって昼夜を分かたず活動することが趨勢となり、それを支えるライフラインとして、終日営業のコンビニ・スーパー・ファストフード店等がだんだん当たり前になっていく。最近では24時間営業の看板を掲げる保育園(託児施設)まで増えている。こうしたライフスタイルは定着し、バブルがはじけ、失われた20年という不況の時代になってもかわらない。というか、むしろ減少する売上を回復しようとむしろ営業時間の延長が図られてきた。

 今年の初め、新年のブログでスーパーの正月営業を取り上げた
「コンビニもないところに住んでいるひがみといわれかもしれないけど。-中略 - 消費者であるわれわれも、エコ、エコ、地球温暖化防止といいながら、365日24時間の便利さに慣れすぎ」と。若い人はコンビニが近くにあることが居住条件になっているという話を聞くが、あれば便利だけど、なくてもどうっていうこともないことは、島で暮らしてみてよくわかった。大型スーパーもコンビニもなく、夜はともかく暗いけど、だからこそ満天の星空が見える幸せを感じるというのは、けっして負け惜しみではない。

d0161382_13472242.jpg



d0161382_19463476.jpg

Click the photo 

 24時間活動する都市は電力消費量も当然多く、原発事故による夏の電力不足が喧伝されている。
原発の必要性を強調するため、揚水発電等の電力量を意図的に隠し、夏期の「電力不足」を演出していると週刊誌にすっぱ抜かれ、政府が慌てているという話もある。が、いずれにせよ、地方に原発を押しつけて、明るく便利な大都市を謳歌する時代から脱却しなければアカンことは確か。

 その夏の電力不足を巡って、いまパチンコ業界が「この非常時に」と関東各県庁などの標的となっている。ギャンブル・借金依存症等を引き起こす「娯楽」でもあり、新装開店の店の前で学生が朝早くから並んでいるのをみると「パリとか他の国の学生ならこんなに雇用問題が深刻ならストライキをやってるのに、あんたらはパチンコかい」とツッコミたくなる存在でもある。しかし、10年以上台の前に座ったことがないとはいえ、お世話にはなっている。一宿一飯ではなく、一時(いっとき)一ションの義というべきか、膀胱が満タンのときのよく利用させてもらう義理がある。悩むところだが、トイレ分だけは庇ばわざるをえない気がする。

 まずなにか民族差別的な感じがしないでもない特定業界狙い撃ちのようでモヤモヤが残る。「欲しがりません。勝つまでは」の戦争中ではないが、エライ人が「これはムダ」というのはどこか胡散臭い。「カラオケ」だって「PS3・XBOX」、「TDL」だって、コンビニの多頻度小口配送システム、自動車工場に部品をそのとき必要な分だけちょこまか納品させるジャスト・イン・タイムだってエネルギーの「ムダだちゅーの」といえないことはない。
 農林水産業等では風評被害の補償が検討されているのだから、営業休止させるならばある程度補償も考えなくては、この業界の経営者や従業員はどう食べていけばいいのか。
 だいたいこれまで消費活性化のために「カジノを合法化しろ」と威勢良く叫んでいたこれらの自治体の知事らの多くが、パチンコなんて「どうでもいいもの」と真っ先に叩くのはいまいちスッキリしない。

d0161382_13475827.jpg


 逆にいまの事態である意味スッキリしたのは、
◇原子力村の学者のみなさんが、これまでにいかにいい加減なことをいっていたかが明らかになったこと。
◇サイエンス・リテラシーやメディア・リテラシー(科学やメディアの情報がホンマかどうか嗅ぎ分ける能力みたいなもの)をまったく持たずに、これらの人々やマスメディアを100%信頼しきっていると命すら危険になることが分かったこと。
 それにしても、「安全だ、安全だ」「直ちに影響はない」とばかりいっているこれらのセンセイたちをいつまでマスメディアが重用する気なのか。放射能をいつまでも世界に撒き散らしているという批判も起こっているが、、このままでは日本の政・財・官・学とメディアが一緒になってウソの情報も撒き散らしていると国際的非難を招きかねない。センセイたちも、大スポンサーを批判できないメディアも今後どう軌道修正を図るのでしょうか。

 もっともとっくに修正した賢明なセンセイもいないわけではない。
 一番顕著なのは、いま原発の危険性を指摘する学者としてTVに引っ張りダコの中部大学の武田邦彦教授。たしかに1年半前に出版した「偽善エネルギー」では、政治家や官僚による人災は心配している。しかし、原発そのものに関しては、「巨大地震は四国沖から北は東京湾まで、そこに(原発を)つくらなければ安全」 「日本の原発軽水炉は安全、メルトダウンなんてSFの世界の話」なんて書いている。原子力安全委員会の会議では「最も安全なエネルギー産業の1つではなかったか」  「(しかし)ほとんどの国民は「原子力発電所は安全でない」と認識しているのではないかと危惧しているわけであります」などと原発の危険性ではなく国民の認識を危惧していたわけで、その辺もきちんと明らかにしないと、学者としての信頼性が「フィクションの世界の話」になってしまうのではと危惧するのは、よけいなお節介?

 また道路公団問題で勇名をはせた作家の猪瀬直樹氏なども自身のブログで「節電を機にライフスタイルの見直しを」というタイトルで、パチンコ業界叩きはともかく、電力を使いまくりのこの10年から20年くらいのライフスタイルを見直すべきと真っ当な主張をしている。が、ならばメディア等で「東京は24時間都市に生まれ変わって国際競争力を高めよ」などと正反対のことをいっていたことはどうなってしまうのか、言葉を大切にする文学者としてちゃんと説明してもらえないと胸にストンと落ちない。 

 一方、経済評論家の勝間和代さんは、原発推進の宣伝に出たり、原発に対する理解が不十分なのに番組で推進を主張した責任を自身のブログや投稿サイトで 認め謝罪している。ネットでは「自分もダマされていたと被害者面するな」などの厳しい意見もあるが、その他の学者や文化人、知識人とよばれる多くの人たちがダンマリを決め込んだり、前述のように知らぬ間に方向転換しているのと比べれば、勇気のある行動だと、カツマーを褒めてあげてもいいのでは。


★遅くなりましたが三宅島のサクラをご紹介

d0161382_143832.jpg


d0161382_1433691.jpg

    もちろんメーンは伊豆諸島が本家本元のオオシマザクラ

d0161382_1474625.jpg

    三宅高校前

d0161382_14849.jpg

    三宅農林合同庁舎

d0161382_1484316.jpg

    旧伊豆小学校

d0161382_14101441.jpg


d0161382_14173068.jpg

    旧伊豆小学校(小次郎井戸)

d0161382_1412330.jpg


d0161382_14103528.jpg

    島を出てきた30日(土)はまだ島のあちこちに八重桜の花が残っていました。

d0161382_1411057.jpg


d0161382_14113099.jpg

    大久保浜のサクラ

d0161382_14122943.jpg

    伊豆 普済院の大桜(樹齢200年を超える三宅村指定の天然記念物)

d0161382_14131635.jpg


d0161382_14141192.jpg

    伊豆 善陽寺の桜


            ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼ 


 >★「三宅島」島民4人と1ぴき 写真展
  ←クリック
三宅島の民宿経営者・商店主・ネイチャーガイドなどが切り取った三宅島の魅力
今日3日から公開中  コニカミノルタが文化事業として運営しているギャラリー 入園料無料 お近くの方や新宿付近に用事の際は駅前ですのでぜひお立ち寄りを
5月3日~5月18日 10:30~19:00(最終日は15:00まで)
新宿駅前(東口) コニカミノルタプラザ(新宿タカノフルーツ4F)にて開催。     

d0161382_12293564.jpg

三宅の「アイランドシック」とともに、「Days Japan」の写真展「地球の上に生きる2011」も同時開催中。こちらもぜひ。

d0161382_1227177.jpg

国際フォトジャーナリズム大賞入賞作などプロフォトグラファーが撮った「Days」のギャラリーは、東日本やハイチの地震、アフガニスタンなどメッセージ性が強い作品なので、奥からC→B→Aギャラリーの順で回り、最後に『「三宅島」島民4人と1ぴき 写真展』でホッとするコースがお薦め。(「Days」Bギャラリーのびっくり動物写真も癒されます)

「地球の上に生きる2011」 DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展
会場: コニカミノルタプラザ
スケジュール: 2011年05月03日 ~ 2011年05月18日
住所: 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル4F
電話: 03-3225-5001 ファックス: 03-3225-0800

DAYS JAPAN のホームページ

            ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼


★三宅島を舞台とした映画「ロック わんこの島」の上映7月23日に決定★
ポスター完成
  主演:佐藤隆太・麻生久美子ほか   
      ♫主題歌 小田和正書き下ろし「hello hello」

   ☀公式サイト  ←  クリック
  ☀映画.com:三宅島復興のシンボル犬“ロック”の実話を映画化 


d0161382_14312174.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ


 
by wamploo | 2011-05-03 09:26 | まじめに?

梅は 咲いたか  桜は ・・・

帰京していました

d0161382_220184.jpg

  合間に、週末から梅祭りを開催するという小金井公園へ

d0161382_202229.jpg


小金井公園の梅林は、広くはありませんが、早咲きから遅咲きまで種類はいろいろ。
 島ではあまり梅の木は見られません。次の帰京の機会には、
ここか湯島天神、向島百花園、いっそ遠出して吉野梅郷(青梅市)
あたりで愛でることができれば・・・・でも決算期前はムリかも?



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * **


小金井公園を出て、五日市街道沿いの玉川上水を眺めると
???
なにか以前と違う?

d0161382_2291335.jpg

 公園入口前付近の岸辺が、床屋帰りの頭のようにスッキリしたような?

d0161382_2351279.jpg

  繁りすぎたケヤキやシュロなどを間伐したようです。
これまで落葉期前は、過密の木々で上水が暗く覆われ、まるで満員電車に放り込まれた乗客のように押し合い圧し合いしているような感じでしたが。

d0161382_1013512.jpg

Befor というか、まだ手つかずでボサボサの部分

d0161382_238847.jpg


d0161382_3171872.jpg

 初代は、徳川吉宗の命(めい)と大岡越前の指示により玉川上水沿岸に植えらられたという小金井桜。現在の小金井桜は、日照不足や排気ガスで木が衰弱し、この木のように腐朽菌に侵され、枯れていくものも多いらしい。


「 植えることと同じくらい、木を切ることも大切 」

むかし、造園の専門家に、林や森を守り育てる勘所について、聞いたとき 「えっ?」と思った。
 わたしたちは、単純に樹木を増やすこと=善、木を切ること=環境にマイナスだと思ってしまう。
しかし、現実には、間伐が行われなくなり、日本の山林もダメになったといわれる。樹間をちゃんと確保して、日照や風の通り道を確保してやらねば、幹や根の生長が妨げられる。下草も育たず、土壌の養分も流出してしまう。その結果一本一本の樹木が衰え、全体としても不健康な林や森になってしまうということなのだ。
 「緑を何十万本・何百万本増やします」という政治家やお役所の宣伝文句をよく聞くが、緑の質的な向上を抜きに、樹木の本数だけを競うのは、向こう受けねらいのリップサービスと聞いた方がいいんでしょか。
 もっとも火山ガスで山頂から中腹にかけて枯れた木ばかりが目立つ三宅島では別の話かな?


d0161382_447444.jpg

          一昨年に見た小金井桜が満開の玉川上水

 島の水不足解消に奔走した幕末の三宅島のヒーロー小金井小次郎を育てた玉川上水の豊かな水。彼も花見に興じたであろう向島墨堤・王子飛鳥山・品川御殿山と並ぶ江戸の桜四大名所の一つであった武州小金井の桜。
 並木再生などのその沿岸の整備計画は、玉川上水全長43kmのうち数㎞?数百メートル?限定の模様。エコや温暖化防止、環境保護の重要性が唱えられる時代、いまある緑を守るとか健康に育てる対策にも、もっと大胆に力を注いで欲しいところ。



☆三宅島を舞台にした映画「わんこのしま」は、昨年11月で現地ロケは終わったんだと思っていました。でも、まだちょっぴり撮影シーンが残っているようです。この週末から3~4日間エキストラ参加のお願いメールがきました。イケメンのエキストラが必要かどうかは不明ですが、 「まだやっているの?とおっしゃらずに…」 「この時期に初夏のシーンを撮るなんて バカじゃないの!と言わずに」  「この時期に船が錆ヶ浜に来る訳ないじゃん!とかも言わずに…。何とかご協力お願い致します」という島の人間のツッコミどころをしっかり押さえたスタッフさんからです。協力したいけどなあ、天候と体調次第かな。  とおっしゃらずに…?


★鹿児島と宮崎県にまたがる新燃岳は、噴火を繰り返し、終息の見込みが立ちません。同じように2000年の噴火で降り続ける火山灰や噴石に困惑し、10年以上経ったいまも火山ガスが止まない三宅島。とても他人事とは思えず、一刻も早い沈静化を祈っています。

 つい数分程前のニュースによれば予知連が「当分噴火は続くだろう」という ” 初の見解 ” を発表したようです。それにしても噴火開始から半月近くも経ってからやっと見解を発表する「火山噴火予知連絡会」って??
 人知を超えた大きな力と人間からすれば永遠とも思える歴史を持った地球の活動を前もって把握する難しい作業に取り組んでらっしゃることは分かりますが、せめて「噴火をそのうちもし予知できたら連絡するねっ と思っている学者の会」ぐらいの名前にした方がいいんじゃないの?


関連ブログ
  ♠ 150年前の大先輩? -その1- 
  ♦ わんこのしまの撮影に
  ♣うみ・そらとくれば次は当然

by Wamploo | 2011-02-04 00:20 | Other

わんこのしまの撮影に

わんこのしま」の撮影もいよいよクランクアップ間近に?

 先日、知り合いに誘われ、マネージャーの許可を得て(誰やねん)、
急遽撮影に参加。
いわゆるエキストラですけど、出演には間違いない!(カットされなければ)
一応佐藤隆太さん・麻生久美子さんと“共演”ということ?!
さらに言えば一方的な友情出演!?

佐藤さんは、スクリーンやTVで見るままの爽やかな青年という感じでした。
麻生久美子さん、「純喫茶磯辺」のウエートレス役や「時効警察」「有頂天ホテル」などコミカルな役しか記憶にないのですが、印象が異なる美人女優さんでした。幅広い役をこなせる役者さんですね。
 「復讐するは我にあり」の嫁役が忘れがたい倍賞美津子さんの姿は残念ながら見つかりませんでした。

スタッフのみなさんのエキストラへの配慮もしっかりしたもので、★二つ半あげてもいいかな?
リハーサルを重ね、本番もTake3か4で、いつまで取り直すんだろう、もしかして完徹?なんて思っていたら「OK」出ました。

  
d0161382_817245.jpg

       記念品はフジテレビのタオル

d0161382_8174343.jpg

        いわゆるロケ弁



 初っぱなからいろいろあった映画ですが、無事撮影が終わりそうでなにより!!


まもなくセットの解体がはじまると寂しい気も

d0161382_2242968.jpg

 Before(というか建設中)


d0161382_8192445.jpg

 Middle(というか撮影中)


d0161382_8195850.jpg

 After(というかそろそろ解体)



 来夏公開を楽しみに待ってます!  
 

わんこのしまのパブリシティ   http://www.cinematoday.jp/page/N0028288

★三宅島は一昨日夜からから昨日の朝にかけて雷鳴と豪雨でした。
 今朝は青空も。 明日の休日に向けいい天気になってくれればいいのですが・・・
by wamploo | 2010-11-22 07:27 | Other

Onlyわん このしま

特報
  撮影快調? 2011夏 全国ロードショー 『わんこのしま』
    2000年9月 火山噴火により 主人と離ればなれに
   三宅島で生まれ育ったわんこロックは  


 

 先週は、月曜の午後と火曜の昼頃お日様が出たもののあとはずっと天気が優れず。さらに10月末だというのに週末は台風14号が三宅沖を通過


d0161382_1965735.jpg

     三宅島では最大瞬間風速44.9メートルを観測した

 
d0161382_1974444.jpg

 気象庁の用語では、関東地方に島嶼部は含まないようです。でも、ニュースで「台風は三宅島沖を通過し、これから関東地方に接近」なんていわれると、「三宅はナニ地方なんだよ!」とついツっ込んでしまう。
   
d0161382_19232332.jpg

土砂崩れが何カ所かあったようですが、大きな被害でありませんように!


             ★   ★   ★   ★

 
 三宅島を舞台とした映画「わんこのしま」の撮影も佳境を迎えたようです。あいにくの天気で、エキストラが乗ってくる船の欠航等もあって、なかなか順調には・・・


d0161382_1211230.jpg

 阿古の錆ヶ浜港でおこなわれた全島避難の撮影風景

d0161382_1223910.jpg

 桟橋にいるのは、ほとんどが島内外から参加したエキストラ
 
d0161382_1232379.jpg

 まだキャスト等は、公式発表されていないようなので名前は差し控えます(ネット検索すればすぐ分かるけど)。主演は、人気ドラマと映画で甲子園をめざす熱血教師役をやったいま大人気のあの人です。オロナミンCじゃなくて、アリナミンVのCMにも出てる?


d0161382_1243169.jpg

 エキストラに応募した島の知り合いは、本番は夏の場面で、半袖で寒くて仕方がなかった。指示口調のスタッフもいてカチンときたとぼやいていてました。出演料はフジTVのタオル1本とのこと。でもボランティアみたいなもので、無報酬を承知して参加したんだからね。

d0161382_1251987.jpg

 ただ島の宣伝をしてやるんだからなんて思いのスタッフがもしいたとすれば、一度つまらない事件で撮影中止になったのを許した島の人たちの気持ちを踏みにじることに。島の非公式情報ネットワーク=要は口コミですが、なかなか侮れない。たかがエキストラ、されどエキストラ?協力した人たちの気持ちに応えるような姿勢で。


d0161382_1254492.jpg

 今朝は1日遅れの台風一過で、久々に青空が広がってきました。
「わんこのしま」も無事クランクアップを!

d0161382_1261043.jpg

 船は定期船のさるびあ丸

Onlyわん この島 三宅島
. ©



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ


by Wamploo | 2010-11-01 06:55 | 三宅の風景

花の絵島が唐糸ならば  たぐりよせたい膝元へ

三宅ゆかりの人物   -その2-


生島 新五郎

  この1日から公開された柴咲コウ・二宮和也主演の映画「大奥」*
島には映画館はないので、映画の出来映えは分かりませんが、よしながふみの原作コミックはなかなか面白そう。
  大奥といえば、2006年仲間由紀恵主演の「大奥」がそうであったように、最大の事件は「江島(絵島)生島事件」。その一方の主役、生島新五郎は三宅島伊ヶ谷に眠っています。


*男子だけを襲う謎の疫病が蔓延し、男女の役割が逆転し、女将軍に大奥三千人の美男が、剣の腕と才覚で出世し、将軍に見初められていく様を描く。
(これも面白そうだが、SMAPの稲垣吾郎が暴虐の限りを尽くす君主を演じたと話題になっている役所広司主演『十三人の刺客』もかなり気になる)


d0161382_2148494.jpg

                           生島新五郎の墓(三宅村伊ヶ谷)


  大奥の大年寄江島(一般には絵島と表記されるが本当の名は江島)は、六代将軍家宣の側室月光院の名代として家宣の墓参のため、正徳4年 (1714年) 芝増上寺へ参詣、帰途に芝居見物、宴会を開いたが、門限に遅れ、不運も重なり大問題に発展してしまう。
  評定所の審理により、江島(絵島)は人気歌舞伎役者生島新五郎との密会を疑われ、裁決は死一等を減じての島流し。生島は三宅島に遠島。最終的に1500名余の人々が処罰される。
 月光院の必死の嘆願により、江島についてはさらに罪一等を減じて信濃の高遠藩お預け=事実上の流罪でとなり、二度と江戸の土を踏むことなく、高遠で28年間幽閉生活を送り、1741年61歳で没する。
  一方、新五郎は、1742年30年近い遠島を許され江戸に戻ったとも、1733年三宅島伊ケ谷で生涯を閉じたともいわれるが真相は不明だ。

d0161382_125338.jpg

 この事件の成り行きは、諸説いろいろあるが

 ◎次期将軍として紀州徳川家を推す
    譜代大名や五代綱吉により引き上げられた老中秋元喬知らの幕閣 
      & 前将軍家宣の正室 天英院
                      VS
 ◎次期将軍として尾張徳川家を推す
    家宣が引き連れ、幕政を握っていた新井白石・間部詮房らのブレーン
      & 前将軍家宣の側室で 現七代将軍家継の生母であるも月光院

 という幕府内の熾烈な権力闘争が背景になっていることは間違いないようだ。


d0161382_12574587.jpg
 
 
d0161382_1314920.jpg

  事件の結果、江島が右腕として支えていた月光院の力は押さえ込まれ、1716年徳川家継七代将軍が八歳で没した後、いま公開中の「大奥」の主人公徳川吉宗(暴れん坊将軍)が八代将軍に就任する。

d0161382_1324395.jpg

当時の医療水準を考えても、跡取りの夭逝や女性ばかり何千人集められたにも関わらず、直系がたびたび途絶えてしまう徳川幕府の「大奥」というシステムは何だったのか。
 将軍の寵愛を受けることもなく大奥で生涯を終わらざるを得なかった江島が、仮に歌舞伎役者の追っかけをしたとしても仕方がないような気も。韓流スター等を追っかけているオネー様たちはどう思います?

d0161382_1301957.jpg

        この付近の観光インフォメーションは結構整えられている

d0161382_1341826.jpg

新五郎の墓は、崖地の上から江戸の方向を見つめるように建てられている。
  江島は高遠の「蓮華寺」に葬られ、別々の生涯を不憫に思った人々が、生島の墓の土を高遠に運び、一緒に埋設したいう説もある。
  しかし放免されて新五郎が江戸に戻ったとすればこのお墓は・・・?
歌舞伎や舞台・映画、小説などでいろいろ脚色された話が入り交じって、この事件の真相や顛末は謎の部分が多い。

d0161382_1373677.jpg


『花の絵島が唐糸ならば  たぐりよせたい膝元へ』

新五郎が絵島を偲んで詠んだ歌だという。
とすれば、二人は純愛だったのかも?


d0161382_135634100.jpg

                                  Click the photo 

More わんこのしま  ←Click
by wamploo | 2010-10-03 13:38 | History of Miyakejim

きょうのオタンコ

昨8日の夕方のニュースにはビックリ!

三宅島でフジテレビ製作の映画の撮影準備をしていたスタッフが自然公園の海からサンゴを無断で採取していたというもの。

共同通信の配信を各社元にしているようだが、
新聞社では、人のスキャンダルには厳しいのに”身内”のことはムニョムニョということが多いフジサンケイグループの「産経」がサンゴの大きさ・数など一番詳しく報じていたのは感心すると同時に驚いた   ↓
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100908/crm1009081832018-n1.htm

 準備していたという映画は、三宅島を舞台に、実在したロックという犬を題材に島の噴火と家族をテーマにし「わんこのしま(仮題)」という邦画。
 
 ロックは、2000年の噴火による全島避難で飼い主と離れ離れとなり、4年半後の島民帰島とともに島に戻ることができた犬として、フジテレビ「めざましテレビ」の
「きょうのわんこ」などにも出演した島一番の有名犬、島の人たちのアイドル犬だった。ただ、残念なことにこの夏に空の上の方へ旅だってしまったが。

  きょうのわんこ ↓ 
      http://www.fujitv.co.jp/meza/wanko/wsp0706.html


d0161382_3222255.jpg


つい先日エキストラ募集のチラシが島の各戸に配布され、また撮影用のセットの建築も進み、島のPRにもなるものと注目されていた。

d0161382_2242968.jpg



しかし、、自然公園でも特に重要と指定される海域(海中)公園のなかで、サンゴを勝手に捕ってくるなんて、ほんとうにオタンコ!

 違法性等について各社微妙に異なる表現をしていたが、ニュースで気になったのは、「フリーのスタッフ」の行為であることがほぼ共通して記事になっていたこと。

 しかし、放送業界は40年以上前から、コスト削減や景気変動の調整のため、どんどん下請けのプロダクションに制作を外注し、自主制作番組なんてほとんどなくなってきている。このへんは膨大な部品製造をほぼ全面的に外注する自動車業界などと似たような構造で、極端にいうとキー局本社でやるのプロダクションの管理と、編集済みのVTRを電波で送り出すことだけなどともいわれる。
 こうした構造は、プロダクション間の受注競争を生んで、華やかなイメージを支える番組制作者には、フリーという名の不安定雇用や労働条件の切り下げをもたらした。

 ここ1~2年話題となった「年越派遣村」の取材をしたテレビ局の記者が、年収100万円や200万円のワーキングプアの実態に驚いたという話しに、同じ局で働く下請けの制作プロダクションの派遣社員が、「俺たちのところへくればいくらでも実態が分かるのに」といったという話しは象徴的だ。

 今回の「フリーのスタッフ」のやったことという報道のソースは、フジテレビしか考えられない。自分たちが、下請けやフリーにほとんどの仕事をやらせる構造を作り上げながら、問題が起こると「下請けやフリーのスタッフがやったんだから、そんなに責めないでよ」というのはトカゲのしっぽ切りとうか、尻尾は本体についているんだからトカゲの方がまだマシで、究極の責任転嫁にしか聞こえない。

 安倍内閣でホワイトカラー・エグゼンプション(残業代カット法)導入が画策された3年ほど前、政府の労働政策審議会の委員をしていた派遣会社社長の「経営者は、過労死するまで働けなんて言いませんからね。過労死を含めて、これは自己管理だと私は思います」という世間に大ひんしゅくをかった発言を思い出す。

 今回の騒動で、映画のクランクインはとりあえず延期されるようだ。
もしかしたら永遠に?

 そして使い捨ての下請けは切られ、スタッフは辞めさせられることになる??
あまりに無知で低レベルの行為でそれなりにペナルティも必要だろう。が、問題が起こるたびにプロダクションもスタッフも入れ替えれば事足りるという発想が、きちんとした反省や失敗の経験から学ぶことを妨げて、新しい「フリーのスタッフ」により、また新たな問題が起こされることになるような気がする。
 ここは彼らが本当に反省するなら、もう一度チャンスを与えてもいいのではないかと思いますが、フジテレビさん、いかがでせうか?
いっそ天国のロックに決めてもらう?!

 ロックのブログ →  http://dangorock.blog.ocn.ne.jp/


And also  ←Click
by Wamploo | 2010-09-09 22:48 | Other



噴火から10年、帰島から5年、火山ガス「噴出ヤメッ!」とは、なかなかならない三宅島に、元気を取り戻してもらえるように、写真を中心に、テキト~に文章まき散らし、テキトーに規則正しく綴っていければと・・・
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
外部リンク
タグ
ライフログ
検索
人気ジャンル
Powered By イーココロ!
FX情報サイトの入り口
ファン
ブログジャンル
画像一覧