三宅島 元気ハツラツぅ?

タグ:「内地」 ( 11 ) タグの人気記事

三宅島にはホットスポットが見つからず ホッと

  気にながらも決算期の忙しさにかまけてか、飲み会が忙しくてか?すっかりブログの更新がご無沙汰に。

先々週は、駆け足で久々に「内地」に出かけ、友人が持っているというのでガイガーカウンターを借りてきました。
 もしとんでもない数値が出たらどうしようとドキドキしながら、測定してみました。が、3.11以前とは比べるデータがないので、どのくらい高くなったのか判りませんが、幸いなことに「直ちに健康に影響はない」レベルのようです。

d0161382_7271522.jpg

  ほぼグランドレベルで、最小0.08マイクロシーベルト(μSv/h)、最大0.16マイクロシーベルト。簡易な機器は、どちらかというと高めな数値が出やすいということで、おそらく村の発表している数値と変わらないレベルだと思います。とりあえずホッ!

d0161382_72846.jpg

  ただこのなかでは、意外と部屋の中の数値が高く、日頃の無精な生活がガイガーカウンターで実証されてしまった!掃除しよっ!



それにしても野田政府の原発再稼働はなんなのか。はじめから再稼働という結論があって、それに向けてアリバイづくりをしているのがミエミエ。沖縄の普天間や辺野古基地と全くおなじ強引さ。
突っ走るノダメ総理はもちろん、原発発電に否定的と思われている枝野さんも菅内閣当時、脱原発に走った菅総理の「暴走」を防ぐため、総理だけでなく、自分を含めた4者協議で決定することをのませたという。それが現在の4者協議での再稼働に繋がったという話を11日の東京新聞が報じていたが、本当にタヌキばかり信用できない!


d0161382_729042.jpg

写真をクリックすると大きな絵で

週末夜船に乗る前に時間があったので、六義園に寄り道し、しだれ桜のライトアップを数年ぶりに見ました。


d0161382_1118188.jpg

  門の手前まですごい人出、サクラの花びらの数より眺めている人間の方が多いのでは?

d0161382_7303142.jpg

  昼休みにソメイヨシノにもご対面

d0161382_7295137.jpg

 都内某所(自生地を守るためあえて伏せます)で、七島スミレと思われる花も。まったく別の場所でも見つけたので、「内地」でも探せば意外とあちこちに?

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  離島情報
  ↑ ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも



by Wamploo | 2012-04-18 07:17 | 三宅の風景

堪へ難きを堪へ 忍び難きを忍び

 この暮れの3連休は、前回のブログに書いたように久々の「帰京」。
いつものことだが、昼間はうちの用事や通院や買い物、夜は旧友などとの飲み会であっという間に過ぎていった。

  飲み会での一番の話題は、みんなそう遠い将来でもなくなってきた年金問題。
  年金保険料は2004年から2017年まで毎年アップし、支給開始は60歳から65歳まで順次引き上げられる。民間保険会社ならば詐欺として訴えられて当然の行為なのに、厚労省はさらに68歳~70歳に引き上げることすら検討している。本当にわれわれや子供たちの老後はどうなってしまうのか。

 いま政府は、「税と社会保障の一体化改革」を進めている。が、要するに税金も社会保障も国民にとって遣らずぶったくりの制度にしますよというもの。

d0161382_17113123.jpg


 菅前総理は、「財政再建」のために消費税を10%にといって、参議院選挙で大敗した。ところが、そのあと看板を付け替え「社会保障」の財源確保のためにと「税と社会保障の一体改革」に手をつけ、いま後任の野田首相がその実現に狂奔している。

 しかし、そもそも平成元年(1989)の竹下内閣による消費税導入時から福祉のための予算といっていたのに、消費税増税分がほぼそのまま大手企業の減税に回されてきた実態が、慶大の金子勝教授を初めとする多くの学者やエコノミストに指摘されてる。
  今度は「財政再建」「社会保障」「復興財源」のためといっても、まったく信用できないんですよね。

 自民・公明党による小泉内閣の時代の「百年安心プラン」が八百長だったことが判明し、それらへの批判で政権を取ったはずの民主党に「増税認めないと、年金払わんよ」といわれても、「承知しました」なんて簡単にいえるわけない。

d0161382_17544794.jpg

    近所の紅葉の木はほぼ終わりを告げていたが、ここだけまだ赤々と

 いまこの国で、沖縄の人たちだけの怒りだけが突出しているようにみえる。
例の普天間基地の辺野古への移転で、環境影響評価(アセスメント)の評価書の「年内」提出のため、防衛省は、宅配業者を使ったり、どさくさ紛れに警備員しかいない夜明け前の県庁に持ち込むなど むしろこじれさせるために行動してるとしか思えないむちゃくちゃぶり。

  この問題で野田首相は「『正心誠意』対応」するといっっていた。田中聡沖縄防衛前局長は「これから犯す前に、犯しますよといいますか」と度し難い発言で更迭された。しかし、こんなやり方が野田さんの『正心誠意』なのか。危険な基地はもう勘弁してくれという沖縄の人々の気持ちを「犯す」以外のなにものでもないという意味では前局長の方が言行一致ではあるが、「どいつもこいつも」としかいいようがないのは悲し過ぎる。

 普天間も社会保障・消費税増税、震災復興、原発事故も 「堪へ難きを堪へ忍ひ難きを忍」  いでも、一向に明るい未来は見えてこない。
 普天間もそうだが、消費税も年金も国民はそう簡単に認めるほど「アホ」ではないはず。
これらをやむを得ないものと誘導するメディアと国民の怒りの隔たりもやがて明らかになると思うのだが・・・。

d0161382_1756587.jpg

        三宅から見えるのは南側だが、これは東側の富士山

d0161382_1852880.jpg

   来春には、東京スカイツリーもオープン

 今年は多くの人の命が失われ、いまも原発事故の影響に怯える毎日が続く未曾有の「災」の年だった。
しかもこれらにしっかり対応してない一方、増税や普天間、TPPなど「いまなんでこんなことばかり」と思えることに熱心な政治の「冷温停止状態」で、この国の行方はたまらなく心配。
  2012年は、福島や沖縄、東北・関東各県の被災地などに少しでも明るい日が差し、新しい社会への転機となることを祈らずにいられません。

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  離島情報 ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも


 旧友たちから、最近のブログは文章が長すぎるという「難癖」があったので、だいぶ端折ったのだが、また言われそう。「もっと短く・簡潔に」と。
それは業務命令でしょうか。承知しました。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ
にほんブログ村   ポッチとクリック ほかの島々のみなさんのブログも

by Wamploo | 2011-12-30 19:58 | Other

秋は夕暮れ - 山装う 編2 -

御岳渓谷
 紅葉情報


 紅葉も、出来はともかく一応撮っていないわけではないので


d0161382_21222097.jpg
 森一面が艷づくまでにはあと10日くらい?          Click the photo 



d0161382_21235468.jpg



d0161382_21243925.jpg


d0161382_2126686.jpg


d0161382_21292928.jpg



d0161382_21314689.jpg

 多摩川の岩を利用したボルダリング(フリークライミング)



d0161382_2146832.jpg

 なぜ、そんなに一所懸命に登るの。 そこに岩があるから! だよね。



d0161382_2148252.jpg

 三宅島の逞しいハチジョウススキとはまた異なる繊細な美しさ


d0161382_21523370.jpg




 ※ 紅葉狩り・ハイキング、カヌー・フリークライミング、サンデー画家・撮影、それにお酒(小澤酒造)と、老若男女が様々な楽しみ方をしている御岳渓谷でした。

by Wamploo | 2010-11-13 21:16 | Other

秋は夕暮れ  - 山装う 編 -

佐藤先生指導の「秋の御岳渓谷で紅葉を撮る」のエチュード


 艶づいた木々が今年はまだ少なく、イマジネーションに欠けるカメラ小僧ならぬカメラおじさんとしては、なにをどう撮るか四苦八苦している間に、あっという間に撮影よりも参考になる反省会という名の本日の非公式重要イベントの時間に・・・秋の日はつるべ落としだぁ

d0161382_1161078.jpg

                                  Click the photo 


d0161382_1172596.jpg


d0161382_1263568.jpg


d0161382_1272599.jpg


d0161382_1303732.jpg


d0161382_1311392.jpg


d0161382_1341851.jpg

 撮り終わったら「反省会」。もちろん希望に応じてだが。
呑んべいの素人カメラマンとしては、撮ったから呑むのか、呑むために撮るのか。それが問題?
 各地での撮影を語る佐藤先生をパチリ



佐藤先生のブログ: http://shumei.no-blog.jp/photo/
 とホームページ:  http://www12.ocn.ne.jp/~shumei/


どこが「秋の御岳渓谷で紅葉を撮る」のかという批判は甘んじて受けます。
でも、他の方はきちんと撮ってますから。たぶん?

by Wamploo | 2010-11-12 23:28 | Other

秋は夕暮れ  - そぞろ寒 編 -

帰京して少しビックリ

 繁華街はもうクリスマスのイルミネーション

d0161382_18313663.jpg

 三宅ではこの1/10の規模でも見られる場所はある?


 さらに年賀状販売はそこかしこで

d0161382_18365380.jpg

 いくらなんでもまだ年賀状の気分じゃない。早く売ったら、たくさん売れるの??
ゴクロウサマです。


              ★     ★     ★


 船で東京に着くのは夜ということもあって、竹芝桟橋は寒い!

☆今月の気温


        1日   2日   3日   4日   5日   6日   7日
 
   東京  19.6 20.7 18.7 15.0 19.2 19.7 18.6 AVG18.78℃
 最高
   三宅   23.8 18.8 18.0 18.5 19.3 20.4 20.4 AVG19.88℃


   東京 14.2 12.2 11.8 09.4 08.5 10.0 12.6   AVG11.24℃
 最低
   三宅 17.5 17.3 11.6 11.4 11.3 11.0 14.9    AVG13.57℃
      1日  2日  3日  4日 5日  6日 7日


  最高気温の平均は1度の差ですが、最低気温は三宅が2度以上高い。寒暖の差が少ない海洋性気候のおかげ。これからは風が強くなるので体感温度では寒いかも?    でも、島は何百メートルも歩くなんてことはほとんどなく、移動は車ですから(^_^)    家の中はやはり三宅の方が暖かい。もちろんそれは寒々とした家庭だからなんてことはありません!

 とはいえ、11月だというのに、東京ではまだヒマワリがあちらこちらに

d0161382_19211059.jpg

 やっぱりヒートアイランド現象?


d0161382_19222412.jpg

 「クリスマス」「年賀状」「ヒマワリ」の三題噺のオチは、三遊亭圓朝・柳家喬太郎でも難しい。
by Wamploo | 2010-11-09 20:29 | Other

秋は夕暮れ

週末はネットをチェックしていて急に思い立ち帰京。

というのは、プロ中のプロ佐藤秀明さんの撮影会と写真の楽しさを広めるため東奔西走する野村美都さんの作品展示会があったため。

佐藤先生のブログ
: http://shumei.no-blog.jp/photo/
 とホームページ:  http://www12.ocn.ne.jp/~shumei/  

野村先生のブログ: http://harucorgi.exblog.jp/



d0161382_20284380.jpg

                 夕日のさして 山の端いと近うなりたるに・・・

東京へ向かうさるびあ丸からの迫力の伊豆大島の夕日




d0161382_20382183.jpg

横浜で見かけたオレンジの絨毯のような夕日  (青葉区美しが丘<たまプラーザ>)




d0161382_20474034.jpg
    
野村先生の作品の一部    このほか一瞬、”熟練の うめかよ? ”と思うような先生の意外でスゴイ 大判の写真たちもあったのですが・・・


ついでなので、木村伊兵衛写真賞受賞の写真界のホープ
梅佳代さんもご紹介 (*^_^*): 



 そのまたついでとは言っては失礼だが、いま三宅島で撮影されている「わんこのしま」の大先輩のような犬を主人公とした映画、椎名誠監督「ガクの冒険」の原作者と撮影は佐藤先生でした。
d0161382_12593290.jpg

  
      この続きは、また明日くらいのこころだぁー
by Wamploo | 2010-11-08 20:14 | Other

下町からのスカイツリー

- 前回からの続編で -

帰京の折に見かけた東京スカイツリー


d0161382_1916233.jpg

 荒川東岸から見えるツリーの骨格は芸術的な美しさ。 ツリーまでは約3200m
<望遠レンズ100mm(35mm換算)>              (葛飾区東四つ木)
 

d0161382_19165841.jpg

  隅田川(吾妻橋浅草側)からは、墨田区役所と例の〇〇〇ビル(アサヒビール)の間に見える。タワーまでは約1000m <望遠レンズ40mm(同)> (台東区花川戸)


d0161382_19192071.jpg

 もう少し下流から見ると


d0161382_1284427.jpg

 さらに下流の東武電車の鉄橋方向 <望遠レンズ30mm>


d0161382_19175512.jpg

 墨田区吾妻橋から。<望遠レンズ40mm>       


d0161382_19194780.jpg

 本所吾妻橋駅付近(都営浅草線)。塔まではおよそ600m。 ということは、完成後もしゴジラがタワーを押し倒したら・・・・    <望遠レンズ30mm> (墨田区業平) 


d0161382_19235751.jpg

                                  (墨田区吾妻橋)
  裏通りに一歩入ると通りのズーと向こうまで空はスパイダーマンの隠れ家かと思うほどの電線で興ざめ。長い不況のもとで街の活気もいまいちかなぁ~?
  新タワーを観光の起爆剤にといっても、街全体の魅力も高めないと、ピンスポットの観光地で終わってしまう心配が・・・。
  浅草仲見世通りのような外国人やお上りさん向けの定番の観光用下町(ほとんど通いの人々が商う商店街の下町なんてあり得ない)ではなく、墨田区には向島など本当の下町もある。ぜひ知恵を出して、浅草と共栄できるような街づくりを!


d0161382_19213530.jpg

    隅田公園テラス                (台東区花川戸)

d0161382_19184481.jpg


 浅草は川向こうのスカイツリーのおかげで、大幅なお客様増はまちがいなし。
  ここは世界に名高い老舗の観光地として、台東区には、周辺の墨田・江東・葛飾・江戸川区など東京東部がともに繁栄するような観光振興をサポートする太っ腹な面をみせて欲しい。ついでに三宅島も!(さんざんお上りさん向けだ、観光用の下町だなどど貶しておきながらだけど)

by Wamploo | 2010-10-19 19:14 | Other

なんと あの吉本が

週末は久々に帰京しました



新宿では、吉本の芸人さんたちがハッピを着て

d0161382_145668.jpg

このブログの応援を!

d0161382_1465777.jpg

するわけないやろ!
ほんまもんのオロナミンCとよしもとの「元気ハツラツぅ」のタイアップ企画の宣伝やないか。なに言うてんねん、このバッタモンが!

 「オジサン飲料」のイメージのままではアカンて、前からオロナミンはんは、よしもととタッグを組んどるんや。
  劇場には、オロナミンだけズラーと並んだ自販機があって、入場するとゼニ出さんでもオロナミンが飲める専用コインがもらえるらしいで。せやけど、ルミネtheよしもとの入口付近にたむろしてるベッピンさんたち?が、腰に手ぇあててオロナミン飲んでいるちゅうのもなんだかな・・・



話題は変わって、

久々に見た東京スカイツリーはかなりの高さに
d0161382_23938.jpg

霞がかかっていますが、羽田空港や竹芝桟橋からもしっかり見えました。

d0161382_244481.jpg

現在でも高台や高いビルなどならば、遠く多摩湖堰堤や秩父、横須賀当たりからも見えるらしい

d0161382_25105.jpg

先週末は488m。500mの大台まであとわずか

d0161382_254441.jpg



d0161382_261844.jpg

浜離宮恩賜庭園やいろいろ話題の築地中央市場の肩ごしにも(港区海岸)



★昨日海を眺めていると、真っ赤な夕日に染まった水平線の当たりにかすかにどこかで見たようなマッチ棒のような・・・塔?・・・

見えるわけないやろ!三宅から見えるようにスカイツリーを1500~2000mぐらいにしてくれへん?!

by wamploo | 2010-10-13 21:56 | Other

暑さ寒さも 来週まで?

 「猛烈な暑さ」「列島猛暑」「炎熱列島」「この夏最高の暑さ」「練馬は39度」
「猛暑うんざり」・・・・・と、ここ数日のニュースは、「暑さ」を高射砲のようにあびせてくる。馬鹿の一つ覚えのように「暑い,暑い」と繰りかえす報道にも、もうウンザリ。

 それにしても練馬やその周辺等に住む人々は、猛暑にゲリラ豪雨の災難。廃熱を出している臨海部や都心に巨大ビル群を建てまくった面々は少しは罪の意識を感じてる?!

  私は、そうした意味では幸い短い夏休みが終わり、灼熱の大都会からそれなりに暑い三宅に戻りました。多摩の地元の天気予報は最高気温35℃くらいでしたが、三宅は28℃です。練馬よりは10度以上低い暑さです。

 移動手段は今回も船でした。ANAは先週1度だけ飛んだようですが、相変わらず欠航続きです。(17日も火山ガスの影響は少ないように思ったのですがなぜか欠航?)

 三宅行きの東海汽船カメリア丸が出航する竹芝桟橋に明るいうちに向かい新発見!

d0161382_1482352.jpg


  船乗り場からかちどき橋方向を見ると、あの東京スカイツリーが見えるんです。
 もちろん浜松町駅を降りると、竹芝から増上寺までの駅前通りの正面に元祖東京タワーが見えるので、Tokyo2大タワーが見られるスポットということになります。残念ながら本家?の方は、桟橋からは高速道路や高層ビルで視野が阻まれているため、両方を同時に見ることはできませんが      °°(≧□≦)°°


d0161382_1485788.jpg



d0161382_1493884.jpg

やがて帰京・帰島時には、二つのタワーが迎え、送ってくれるでしょう。
でも両タワーは離れていて、その角度が大きく開いているのでワンショットで見られるかどうかは微妙?
(地図から想定すると浦安(TDL)沖辺りからは両方とも視野に入りそうですが、浦安から東京タワーが見られるのかな??)


d0161382_292233.jpg


d0161382_295279.jpg

 乗船券を購入したとき窓口で、離島航路に関するアンケートを渡されました。
もちろんきちんと質問に答え、意見もそれなりに書きました。
運賃が高い。 ほとんど飛ばない飛行機と比較するのも、いかがなものかと思いますが、8月現在の料金で比較すると、45分で着くANAの往復割引12,600円と比べ、6時間30分かかる東海汽船の一般乗船客の早期orネット割引で、一等(和室)13,999円、特二等(二段ベッド)10,497円は、コストパフォーマンスからどうなんですかね。見直して欲しい!
たまに飛ぶ飛行機のCA並とは言わないが、サービス業でもある旅客事業、もう少しサービス精神というかホスピタリティを向上させ、快適な船旅にしてほしい。
船が古く、とくにカメリア丸はなかなか快適に眠るのは難しい。サルビア丸と比べ時間もかかるため帰京時は帰宅するのかなり遅くなる。ぜひ新造船を検討して欲しい。できればお隣の神津島まで運行しているよな高速船を!
その他レストランの味・サービスや空調の改善などもお願いしました。

d0161382_2435391.jpg


アンケートで利用者の声を聞く姿勢は非常に好感が持てます。鉄道各社さんも見習って!
願わくばその結果を公表し、実現のメドも示してもらえたら良いと思います。
また、これから乗るみなさんは、ぜひアンケートは面倒などといわず、感じたことを率直に意見として書いください。それが島への観光の魅力を高めていくことにつながるはずです。


d0161382_249693.jpg





★北海道から沖縄まで全国17の離島で学ぶ中学生の大会。8月19日(木)~21日(土)開催。東京代表というより関東代表で、大島・三宅・八丈の三島から出場します。


by Wamploo | 2010-08-18 00:03 | Other

150年前の大先輩? -その2-

d0161382_4535642.jpg

 こうした小次郎の功績がとりもつ縁となって、1978年に三宅村と小金井市は友好都市となった。
 噴火による島民避難の際には、小金井の友好協会を中心に島の人々を支援する活動が行われた。
 東は新宿から南は川崎大師まで縄張りとして取り仕切った大親分さんも、自分の行動が120年後にこうした実を実らせるとは予想だにしなかっただろう。

(井戸のほとりにある友好の碑の碑文は、小次郎の(曾?)孫に当る関綾二郎氏(初代小金井市市長)の書)



d0161382_4544419.jpg

                               <小金井神社>

d0161382_22544711.jpg





小金井村の鎮守である小金井神社には、小次郎が明治13年に奉納したという狛犬がある。(台座には小次郎の本名で「願主 関小治郎」と記されている。)













d0161382_4581046.jpg


d0161382_2322356.jpg












 『小金井小次郎伝』(1975.4.2  皆木繁宏 小金井新聞社)によれば台座には、子分198名の名が刻まれているという。とはいっても、この著作のなかでも「現在は相当と欠損があり、判読できないものがある」と書かれている。それからさらに35年の月日が流れており、鳥居の正面左側の狛犬の台座の刻銘は、ほぼ全面的に脱落、右側(写真)も剥がれ落ちる寸前の状況で、小次郎はんも子分はんたちも天空あるいは地の底からお嘆きかも・・・・?






d0161382_533986.jpg
 島の水問題に貢献した大侠客の墓所は、はけの裾、神社から北西に200mほどの西念寺にある。一族の眠る場所で、彼の墓に隣接して、山岡鉄舟の筆になる追悼碑がそびえ立っており、一目で見つけられるように?なっている。


d0161382_543439.jpg













  『小金井小次郎伝』(前出)によれば、彼は臨終に際して、子分たちに「この道は俺一代」限りと言い残している。
 確かに彼の子孫は、跡目を継がず、普通の人として正道を歩み、やがて地域の政治的リーダーにもなっていく。しかし、彼の残した小金井一家は肥大化して、子分たちは、地域ごとに分割統治を図り、合従連衡を繰りかえしながら現在まで続いている。彼の墓の外柵には、各局が競って番組を持たせた有名な女性占い師Hとの関係が数年前にマスコミを賑わせた人物もふくめ、一家の組長たちの名前たちが刻まれている。

 小次郎の島での功績は認めつつも、こうした組織の「開祖」という一面も否定はできない。もちろん幕末の侠客・博徒と現在のヤクザはイコールではないだろうし、小次郎の想いとも異なるのかもしれない。また、ヤクザを生み出す社会、ヤクザを必要とし、利用する社会構造等々・・・・いろいろと考えると・・・・。
 どんな環境でもめげず、周囲の人たちや地域にも目配りを忘れなかった小次郎“先輩”。人間的には魅力的で、会えばファンになってしまうような人物だと思うが、それだけに小次郎さんをめぐる悩ましい”ちい散歩”であった。

by wamploo | 2010-05-29 23:38 | History of Miyakejim



噴火から10年、帰島から5年、火山ガス「噴出ヤメッ!」とは、なかなかならない三宅島に、元気を取り戻してもらえるように、写真を中心に、テキト~に文章まき散らし、テキトーに規則正しく綴っていければと・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
外部リンク
タグ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Powered By イーココロ!
FX情報サイトの入り口
ファン
ブログジャンル
画像一覧