三宅島 元気ハツラツぅ?

150年前の大先輩? -その1-

 多摩に居住歴があり、三宅島にきたものとしては、小金井小次郎という名を忘れてはならない。
 などと、エラソーにいっても、桜の名所で広~い小金井公園が好きで、またオシゴトの関連で玉川上水周辺を廻ることも多かったので、名前だけは知っていたが、正直なところWho are  you? 島への転勤が決まるまでよく知らなかったンですけど。


                    * * * *

 小次郎は、小金井村の庄屋の次男として幕末に生まれた。博打好きで十代前半で勘当され、やがて多摩から神奈川にかけて、千数百人とも三千人ともいわれる子分を抱えた博徒の大親分となった人物である。
 この親分は、1849年(嘉永2年)38歳のときに度重なる賭博開帳の罪(喧嘩という説も)で三宅島遠島となる。

 急峻な山地であるため、沢はあっても、川というほど流れはない三宅島。当然この時代も水不足に悩まされていた。野川や玉川上水、はけ(国分寺崖線)からの湧水など豊かな水に恵まれ、「黄金の井戸」や「黄金に値する豊かな水が湧く」地といことから地名がつけられた小金井から、水不足の三宅島へ流されたのは皮肉な巡り合わせではある。小次郎は、島で水の尊さをはじめて知る。


d0161382_1122428.jpg


d0161382_1134332.jpg


d0161382_1330648.jpg
 

d0161382_16364834.jpg
            
           玉川上水(いずれも小金井公園付近)


d0161382_0461255.jpg 彼は、兄弟分の新門辰五郎らの博徒の人脈や自身の資金力も活かし、工事材料を江戸から調達し、島民を雇い、子分にした流人たちを動員して、貯水池(槽)を築造する。
 島の人々は、この貯水池を小次郎井戸又は小金井井戸と呼び、大変感謝した。以後およそ1世紀、簡易水道が設置される昭和四十年ごろまでこの貯水池は利用されたいう。



d0161382_1631328.jpg




d0161382_2514188.jpg

                     小次郎井戸(三宅村伊豆)



# by Wamploo | 2010-05-25 21:25 | History of Miyakejim

ゴアイサツ 

d0161382_20142463.jpg



 三宅に住み、働き、早40日余り。知り合いにも背を押され、ブログを始めることに。

  今年2010年は、噴火から10年、帰島から5年となる。移り気なメディアに報道されることも久しくなくなった。
 三宅の山神様=雄山は、火山ガス「噴出ヤメッ!」とならず、長引くその影響は大きく、イマイチ元気が足りないミヤケジマ。

 そこに暮らすものとして、島の豊かな自然や厳しさなど率直に三宅のいまを、本島である本州をはじめとする多くの人に知っていただければと思います。

 写真を中心に、その時々のボリュームに応じて文章をテキト~にまき散らしながら、
テキトーに規則正しく更新していければ、と適切に考えています。



                                

# by Wamploo | 2010-05-10 22:30 | まじめに?



噴火から10年、帰島から5年、火山ガス「噴出ヤメッ!」とは、なかなかならない三宅島に、元気を取り戻してもらえるように、写真を中心に、テキト~に文章まき散らし、テキトーに規則正しく綴っていければと・・・
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
外部リンク
タグ
ライフログ
検索
人気ジャンル
Powered By イーココロ!
FX情報サイトの入り口
ファン
ブログジャンル
画像一覧