三宅島 元気ハツラツぅ?

<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

3300分 夢中の旅?

 東海汽船さるびあ丸が大変なことに?!

 1月29日日曜日、定刻22時20分に下り便=三宅島・御蔵島・八丈島行きが、東京竹芝客船ターミナルを出航。
  しかし、30日(月)3時半頃 低気圧接近通過に伴う海上状況及び港内状況不良のにより、三宅島通過を決め八丈島へ。が、八丈島も接岸できないまま折り返し上り便となり、その上りも三宅島に着岸せず、スルーして夕方竹芝桟橋へ帰港。

 30日夜、三宅島・御蔵島・八丈島の各島とも条件付きで再び定刻に竹芝を出航。
「条件付き」とは、接岸できない場合は通過または引き返すこともあるという条件で出航することです。
その期待どおり?下りはシケのため三宅を通り過ぎ八丈島底土港に入港。八丈発の折り返し上り便は、昼前は三宅島三池港に寄港という案内がありましたが、またまた途中海上不良及び港内状況が悪いということで、三宅をパスし東京港へ。

 本日31日も先ほど定刻に竹芝埠頭を出たようですが、明朝2月1日の5時に三宅島に接岸できるんでしょうか??
  29日の22時から延べ55時間(3300分)あまり。東京(竹芝)←→小笠原(父島)、片道1000Kmの彼方を往復する船旅と同じ時間。島の友人等も乗船していて気の毒ですが、小笠原まで特2等(2段ベッド - 東海汽船の特2等よりは広く快適)でいけば往復7万円ちょっと。それだけ船旅を過ごせたと思えば・・・・?

d0161382_22551125.jpg

  週末から週明けは天候は良かったのですが・・なぜ?

 「バカヤロー」という声が聞こえてきますが、そうでも思わないと。
それにしても、30日午後の三宅近海は、「凪ぎ」といった方が納得がいく状態だったのに、なぜ接岸できなかったのか、判断を急ぎすぎたのではという声は数多く聞きました。
 ただ、観光客の方があまりいないこの季節の週初めというのは、まだ不幸中の幸いでした。

 ANAの飛行機(DHC8-300)は、1月19日に今年何回目かの就航をしたきり、火山ガスや視界不良で欠航し、しかも1月29日(日)から2月3日(金)まで、機体整備のため運休という状況。
  あとはちょっと交通費高くなりますが、大島または八丈島からヘリ抜けという手がなくないのですが、搭乗人員も限られるので、予約はなかなか取れません。 島の冬場はジタバタしても仕方がありません。こんな2日連続上限便ともスルーというのはそう滅多にあるわけでもないので、運が悪かったと思うしか・・・。日頃の行いが悪い人もいるけど?

d0161382_22573291.jpg

初冠雪から1週間を過ぎた今日もまだ雄山は綿帽子を脱いでません。例年よりやっぱり三宅も寒い。 HALよ早く来い!

 ってなわけで、三宅島も冬真っ最中。
でも「内地」はもっと寒いんですよね。
ご参考までに三宅島と東京(気象台=千代田区)との今月の気温を載っけておきます。

d0161382_2304428.jpg

  そんなに変わりません。最高気温は。


d0161382_231550.jpg

  でも、最低気温の差は大きい。零下なんて考えられない。


d0161382_23475495.jpg

  最低気温の差が、平均気温の差に。それでも冬はやっぱり寒いけど。

★いま、さるびあ丸にご乗船のみなさん6時間後の明朝、三宅島に無事到着されますように!


にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  離島情報 ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも


人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト></a> <br />
        <br />
    <a target=【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!


by Wamploo | 2012-01-31 22:58 | 三宅の風景

コタツで読書の冬 その2

d0161382_2035351.jpg

  今週は、東京都心や多摩でも1月23日(月)夜遅くからの雪で、翌日からも4cmの積雪の影響でしばらく通勤・通学が大変だったようですが、三宅島も24日に初雪。
  といっても、雄山の山頂だけですが(初冠雪)。気温上昇や雨ですぐ消えてしまうと思われましたが、今日もまだ白い綿帽子を被ってます。やっぱり三宅も冬なんです。 26日昼前には平地でも雪が降りました。写真を撮る暇もなく、3分ぐらいで止んでしまいましたが、一瞬目の前がまっ白となる三宅でははじめた見た光景。
 そのようなわけで、寒さがりのオジサンは、前々回のブログに続き、コタツで読書の冬継続中。


その正義があぶない 小田嶋隆  日経BP社

d0161382_2017675.jpg
  12月半ばに紹介 した元TBSのADで83年の噴火時には三宅島を取材をしたという島にも縁のある小田嶋隆さんの 「地雷を踏む勇気」 の続編。

<毎週金曜日に公開されるや否やネットで大議論を巻き起こすコラム 「ア・ピース・オブ・警句」 。それはまさに数十万人が参加する「オダジマ白熱教室」。原発に、保安院に、なでしこに、石原都知事に、誰もが一言いわなければ気が済まない。眉間にシワを寄せ、鼻の穴をふくらませながら語られる「正義」に水をかけ、時にスベり、時に火だるまになりながらも、前のめりで切り込んでいく男・小田嶋隆の真骨頂ここにあり。(ブックジャケットより) >

 このなかで一番秀逸だったのは、橋下徹氏が「その番組がなければ知事になれるわけなかった」と述べた「島田紳助元司会者」を取り上げた「紳助シンドローム」。
(紳助氏のイラストにつけられた「行列ができる非合法相談所」というキャプションも)

  新年早々、吉本の大崎洋吉社長が、4ヵ月前に暴力団との親密交際により引退に追い込まれたばかりの「紳助元司会者」の「復帰待望論」をぶち上げて、大ひんしゅくをかった。
 小田嶋さんも二度と芸能界に戻って欲しくないと願っていたが、いろいろ検討した結果、早く復帰して欲しいと考えを改めたという。政治家に転身されたら、かなわないというのがその理由だ。
                      ◇
 Wamplooも小田嶋はんに同感でんねん。なんちゅうても大阪だっさかいな!立候補すれば「2万%」当選まちがえおまへん。
  いまでも「行列からきる」出演者の2人が参議院議員と大阪市長/前大阪府知事になっていまんねんから。特に橋下市長はんは、みんなの党、「おじいさん新党結成にいそしんでいる、気の小さい」閣下から、選挙中あんだけアカンいうてた民主党・自民党、公明党まで軒並み橋下はんになびいておるんやで(そないな節操のないことをやっておるからダメやといわれるんやけどな)。

  かって「自民党の総裁候補にしろ」と要求した"どげんかせんといかん知事"の最盛期にも勝る権勢を誇る今太閤みたい御仁ですからな。ダメな内閣や政党に取って代わる日本を救う正義の味方、総理の呼び声も。
「今の日本の政治で一番重要なのは独裁」とか「選挙で勝ったら何をしてもいい」というおひとと、その「恩人」の元司会者がタッグ組まれたら、これはごっつい怖いことになりまんがな。


d0161382_20191618.jpg

      三宅島の西側の利島と伊豆半島の向こうに見える富士山も雪化粧


原子炉の蟹 長井彬 新装版 講談社文庫

d0161382_20414545.jpg
 江戸川乱歩賞史上最高齢で受賞した長井彬氏の1981年(S56)第27回受賞作品。
  推理ものに はまっていた10代の頃、図書館でふと手にした作品。
  その時の印象が強烈で、3・11後再読したかったが、絶版で入手できず、先日ブックオフでやっと発見。ただ昨年末に新装版として再版されていたんだけどね。


  サスペンスなので、詳細は書けないが、電力会社下請け企業の社長が、津軽海峡で青函連絡船から失踪するという事件を追った新聞社が、大量被曝し、「サルカニ合戦・・」と書かれた紙切れを握っていた死体がドラム缶詰めにされ処分されたという真相をスクープする。しかし、裏取り作業の甘さをつかれ、捏造記事にされてしまう。さらに、死体処分を証言した人物が原発建屋内という密室で刺殺され、さらに事件の裏で糸を引いていると思われた・・・・。

  一般には原発のことなどほとんど知られていない時代。原子力発電所の内部構造や今も変わらぬらしい作業員の杜撰な募集・雇用などの最先端技術を集めた原発の前近代的な仕組みなど元新聞記者らしい緻密な調査に基づいて執筆された作品に初読時も衝撃を受けた。
  執筆から30年以上経った現在でもこの作品の価値はまったく損なわれていないどころか、電力会社をはじめ原子力村という密室の隠蔽体質が、福島第一原子力発電所事故に繋がったことがよく分かる社会派本格推理小説である。


d0161382_20342369.jpg

      寒い夜は鍋(今晩は豚肉のみぞれ鍋)を肴に熱燗に限ります


マネーボール マイケル・ルイス 武田ランダムハウスジャパン
(原題:Moneyball: The Art of Winning An Unfair Game
 「マネーボール:不公平なゲームに勝利する技術」)

d0161382_20523477.jpg
  これも2004年と少し前の作品。
  昨シーズン松井秀喜が在籍し、この2012年の春に日本で、イチローのシアトル・マリナーズとの開幕試合を行うオークランド・アスレチックスのゼネラルマネージャー、ビリー・ビーンの物語。

  昨年末 ビラッド・ピット主演の同名映画 が公開されたという記事を見て、長年読みかけでしまい込んでいたのを思い出し引っ張り出す。


  プロ野球のゼネラルマネージャー(GM)といえば、巨人の清武GMとナベツネ(渡辺恒雄)氏のバトルが昨年末話題となった。
  GMといっても親会社からの天下りで、けっして野球に詳しいわけではない。そうした素人GMと「俺は最後の独裁者だ」と清武さんにいったというメディアのドンとの争いは、いつまでも権力を手放さない長老支配は簡単に変わらないという日本社会の縮図のような結論が今のところ続いているようだが・・・?。

 話題を「マネーボール」にもどすと、 ビーンは、期待の新人としてニューヨーク・メッツにスカウトとされるが、メジャーで大成できずに現役引退する。引退後、チームスタッフとなり、超高校級選手といわれた自分が活躍できずに終わったことから、選手の正当な評価方法を模索していく。

  そして、年俸の高い選手は使えないメジャ-でも屈指の貧乏球団のGMとして、選手の評価やチーム戦略をデータの統計学手法から分析する方法(セイバーメトリクス)でチームを強化する。他球団で評価されていない落ちこぼれ選手を独自の評価指標で獲得し、活用していくのだ。

 日本プロ野球にたとえると、お金に飽かせて他球団の4番打者やエースを引っ張ってくる読売巨人などに対して、広島カープがトレードで年俸の高い選手を放出し、スカウトした安い選手を上手く使って、強豪チームにのし上がっていくようなイメージ。もっとも広島は相変わらず年俸の高くなった主軸選手を放出するだけのため、カープ坊やも泣きっぱなしだが・・・(>_<)

d0161382_2050652.jpg
 データ野球といえば、日本では90年代ヤクルトの黄金時代を築いた野村克也監督のID野球が有名だ。ただ、野村監督のIDはピッチャーの配球の癖を読むなど職人的な要素が強いものだった。

  ビーンの取り入れた方法は、選手のトレードも試合運びも、打者の出塁率・長打率や投手の奪三振・与四球等の数値を重視し、バントや盗塁、被安打数や防御率・勝利数にはほとんど着目しないなど革命的なデータ主義だった。
  「スポーツではなく、金銭ゲームになってしまった」といわれていたメジャーリーグの世界で、貧乏球団がその不公平なゲームに勝利するための技術であった。

  日本とアメリカのデータ野球、どちらがおもろいか?
ビーンの独創的な工夫は大いに買うのですが、プロフェッショナルスポーツとしておもしろさも必要ではないかと思うと、ビジネスモデルのようなセイバーメトリクスより、月見草の野村監督のID(いやみで毒舌?)野球のほうが、見ている方はいろいろ楽しめるかも??


d0161382_20573244.jpg



d0161382_2059969.jpg★前回の「コタツで読書の冬」 で紹介した小島慶子さんが、26日木曜日放送の
「キラ☆キラ」
で、3月いっぱいで同番組を降板することを告げたらしい。
 残念!小島さん、これまでもそうなんですけど、番組の評価がクライマックスかなと思う頃、スパッと降りるんですよね。まったく逆のナベツネさんや気の小さい知事閣下に見習って欲しいものですが、「オジキ」の看板番組が終わってしまうのは本当に寂しい。
  ニュース記事 等によれば、新たなリスナー獲得のため「40~50代の男性の共感を得られる話しをしてほしい」というTBSの要望に「今聴いている人をまず大切にしたい」と局側の求めてきた役割とのギャップから決断したらしい。



にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  離島情報 ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも


人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト></a> <br />
        <br />
    <a target=【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!


by Wamploo | 2012-01-28 22:02 | Other

ナニコレ珍三景

 新年の1月2日、「船祝い」が三宅島の各漁港で開かれました。
「船祝い」とは、船の上からミカンやお菓子などを撒いて、大漁や航海の安全を祈って行われる三宅島伝統の正月行事。新築工事で棟上げ式に餅や小銭を撒くのと似た感じで、国交省が全国から選んだ  「島の宝100景」 にも選定されています。

  阿古の船祝いの様子は、テレビ朝日「ナニコレ珍百景」という番組が取材にきたというので、1月18日の番組をチェックしました。
 雑用を片付けながら、音声に注意していたのですが、もしかすると見逃したのか、次週以降なのか、放送を確認できず?? 
  もっとも、「船祝い」とカブるような鹿児島の伝統行事で、 41歳の男性が厄払いのため自腹で41万円もの大金をばらまく大盤振る舞いとうのはありました。<みかんとお菓子> VS <現金41万円>では、やっぱりキャッシュの方をインパクトが強いので、今回はこちらを取り上げたということかも?

 その代わりでもないんですが、Wamplooが『三宅島中から発掘した、誰もが驚く(たらいい)画像から、思わず笑ってしまう(たらいい)画像まで続々紹介(できたらいい)』することに。

◎幻の海中道路
d0161382_2111890.jpg


  三池港の北側の浜辺にある不思議な標識。
年1回大潮の干潮時に海中から姿を現す沖縄県宮古島の八重干瀬(やえびし)のように、運が良ければサタドー岬に繋がる謎の海中道路が見られるのかも?(正直者だけが見られるという説も)

◇トリケラトプスの化石
d0161382_2134794.jpg


のようにも見えないこともない火山ガスで立ち枯れた樹木


◇首を落とされた謎の地蔵
d0161382_2142812.jpg


 幕末に武蔵国小金井から三宅島に流された小金井小次郎が首を切り落としたと伝えられる地蔵。近くには、慢性的な水不足に困っていた島民のために小次郎がつくったといわれる「小次郎井戸」もあります。(三宅村伊豆)


◇緑の郵便ポスト
d0161382_2161264.jpg


 アイルランドや中国の郵便ポストは緑色らしいのですが、これはおそらく日本で唯一の緑のポスト。坪田の火山ガス高濃度地区に長年置かれたため、ガスの影響で腐食した模様。


◇道路に落ちていたフクロウの置物
d0161382_217783.jpg


 ピンぼけなので、撮り直そうと準備をしていたら飛び立ってしまいましたが、本物のフクロウがなぜか車道に。「ホッホー、ホッホー」という鳴き声はときたま聞きますが、その姿を見たのはこのときだけ。


◇高さ40センチの大鳥居
d0161382_218652.jpg


  三宅観光では定番の2000年噴火時の泥流で埋まってしまった椎取神社の鳥居。
噴火前はこれより3mくらいは下に地面があったことに。新しい鳥居は奥に再建されています。

◎うまかぁ、亀の手
d0161382_7451645.jpg


 はじめて見たとき本物の亀の手だと思いましたが、分類学上は<甲殻上綱顎脚フジツボ亜綱完胸目ミョウガガイ科カメノテ>だそうで、要はフジツボの仲間。海辺のその辺の岩等にくっついています。 スペイン料理では『ベルセベ』という高級食材 とのこと。さっぱりとした珍味で、島では味噌汁や塩ゆでで食べます。

◇異次元への入り口
d0161382_2195133.jpg


 三宅島一周道路の伊ヶ谷~伊豆の間にある不思議なバイパス道路?といっても、行き止まりだし、つなげてもかえって運転しづらい形状。もしかしたら異次元への入り口とかいま流行のパワースポットなのかも?

◇サウス・ブロンクスではなく
d0161382_2110558.jpg


 坪田高濃度地区で噴火や火山ガスの影響で朽ち果てた建物。一周道路沿いにありますが、所有権の問題で片付けられないらしい。観光客も目を見張る場所の一つですが、坪田の復旧のためにも一日も早い撤去を。
 ※ 「祝 全島居住制限解除」 参照

◇草原で「24時間ジャンケンマラソン」に挑戦するオジサン
d0161382_2112057.jpg


 なんていったら怒られてしまう三宅島が生んだ有名な政治家、浅沼稲次郎の銅像。
詳しくは 「波乱バンジョーの人生」 をご参照ください。

◎庭でウシを放牧している家
d0161382_2113158.jpg


  ここも定番中の定番となっている観光地、牛乳煎餅を製造販売している岡太楼本舗のディスプレイ。以前雄山にあった村営牧場は、噴火で壊滅し、いま島のウシはここと農林水産センター入口ののブロンズのウシだけ。

★このほか1983年(S58)の噴火で、溶岩流が校舎に阻まれ止まった阿古小・中学校溶岩埋没跡や同じく溶岩に埋まっている自動車など火山の島三宅でしか見られない観光名所の「珍百景」もありますが、それはまたの機会に


にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  離島情報 ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも
by Wamploo | 2012-01-22 20:56 | 三宅の風景

コタツで読書の冬

d0161382_2232046.jpg

  年明けの三宅島の平均気温は10度前後。最低気温も平均7.5度ほどで、「東京」のように零下にはならないもののその分寒風が強く、三宅なりの寒さが続いています。
  そのため外に出るのは仕事以外では、船への見送りぐらいで、フリータイムは専らコタツにもぐり込んで、「積ん読」を嘆いていた活字たちのお相手。
  そのなかから、お薦めしたい数冊をご紹介。

d0161382_2235825.jpg


 ラジオの魂  小島慶子   河出書房新社

d0161382_17461970.jpg  「いい加減に気づきなさいよ。女子アナブームはもう終わったのよ」と、ブリッ子とかおバカキャラとか言われているTBSアナ田中みな実に、マツコ・デラックスが言ってからだいぶ経つ。
本書の著書は、田中の先輩になる元TBSアナウンサー(現在はフリーのラジオパーソナリティを名乗る)。言うまでもないか?

  田中みな実アナが、ときどきテレビで「プニュッ」という効果音とともに話しているのを聞くと、そのアホぶりに思わず電源スイッチに手が伸びる。
  しかし顔のでないラジオでの彼女の話しぶりは、テレビとはまったく異なり、むしろ理知的で、癒しすら感じる話しぶりだ。

 男社会の放送業界(特にテレビ局)のなかでは、女子アナは可愛いリアクションをはじめ、みんなが期待する女子アナ像を演じことを求められる。が、小島さんはそれに応えることができなかったと明かす。
  映像のない世界での話しぶりから「プニュッ」のオネーちゃんも本音の部分では「アホラシ!」と思っているのかもしれない。しかし、そうすることがこの世界での「賢明」な処世術と割り切って女子アナらしさを演じている?やがて、それが習い性になってしまう危険性も高いのだが。
 
 そのTBSラジオで、1998年10月から2010年3月まで放送されていた「バトルトークラジオ アクセス」という番組があった。その初代ナビゲータ(司会者)は、テレビ中心の華やかな女子アナの座を捨てた小島さんだった。

 この番組のレギュラーコメンテーターは、田中康夫・宮崎哲弥など一癖どころか四癖も五癖もある面々。社会現象や時の話題など日替わりのテーマをリスナーやゲストも交えてトークするのだが、ときに視聴者とバトルトークではなく、本当にバトルにしてしまう自己主張のあまりに強すぎるコメンテーターをうまく御しながら 実のある論議にしていったのが彼女だった。

 その後、出産・育児の休養を経て、レギュラー番組に復帰したのは、2006年10月にはじまった「久米宏 ラジオなんですけど」。久米さんの「土曜ワイドラジオTOKYO」以来22年ぶりのラジオレギュラー番組。もう1人の(初代)パーソナリティーが小島アナ。
 ここでも一筋縄ではいかない久米さんとタッグを組んで、対等以上に渡り合った。
 彼女の最大の欠点、この人が初代を勤めると、その後のパーソナリティーの底の薄さを感じさせてしまうことは、この番組でも同様だった。

 「ラジオなんですけど」を2年半担当した後、彼女自身の看板番組
 「小島慶子 キラ☆キラ」  (月曜~金曜の13時から15時半まで)が2009年3月からスタートする。
 開始当時は、自身の貧乳さえネタにしてしまうその女子アナらしくない話しぶりに戸惑いや批判が多かったが、徐々に理解され、今では「ラジオの女王」とまで呼ばれる。こうした小島慶子の子供頃からラジオパーソナリティーとしての今日までを書いたのが本書。

d0161382_21283995.jpg
 

 「キラ☆キラ」で共演(水曜日)するライムスター 宇歌丸が名付けた「オジキ」という愛称も持つこのパーソナリティーは、いまやラジオだけでなく、NHK「福祉ネットワーク」やタモリの「ニッポン小意見センタ~♪」、稲垣吾郎の「ゴロウ・デラックス」などあちこちに引っ張りだこだ。
  あまりの売れっ子ぶりに、長年のファンとしては、マネージメント事務所はもう少し仕事をチョイスしてあげた方がいいのではと非常に心配も。
 12月始めには、政府公報で朝刊各紙に掲載された野田首相の対談相手にまで指名された。これと小島さんの   水着写真集  だけは、「ちょっと、かんべんして」かも?

d0161382_2284788.jpg

  島のラジオの受信レベルは、送信設備の関係か超ベリーバッド。特に夜なんかは、中国語や韓国語の電波の影響が強く、まるで2カ国語音声多重放送。  そのためクリアに聴くためには、radiko(ラジコ=民放)か、らじる(NHK)、またはポッドキャストといったのネットラジオを利用するしかない。ただ、いつでもどこでも聴けないのがネック。
  海に囲まれ、火山島の伊豆諸島では、いざというときには、ラジオは重要な情報ツール。 総務省かNHKさんか分からんけど、地デジ化の1/10の熱意でいいからなんとかしてくれ!




   内村宏幸 オリジナルコント傑作集 
   
 
  内村宏幸   光文社知恵の森文庫
 

d0161382_18143081.jpg

 吉本芸人などがバラエティ番組等で見せる昨今の芸は、後輩芸人「いじり」というか「いびり」「いじめ」ばかり。芸の世界でのそうした上下関係は否定しないが、内輪の関係自体を笑いにする芸は、はたして「芸」なのか。

 本書は、そうした吉本等のお笑い芸人を排し、生瀬勝久・堀内敬子・沢村一樹・奥田恵梨華・原史奈・平泉成・麻生祐未・ONEOR8など舞台や映画・ドラマを中心に活躍する芸達者なキャストが出演するNHK番組「サラリーマンNEO」の脚本集。

 子どもの頃見た記憶がある 「ゲバゲバ90分」 という番組の傑作集DVDを数年前に観た。やはりショートコント番組で、低予算・タレント任せの安直番組に対するアンチテーゼを旨としていた。お笑いタレントではなく(コント55号のみ例外)、大橋巨泉と前田武彦、ハナ肇・宍戸錠・朝丘雪路・常田富士男、藤村俊二、宮本信子などのキャスティングで、しかも井上ひさしが脚本陣の一人で、制作経費と時間を惜しまず作られた番組だったらしい。

d0161382_1855151.jpg  「サラリーマンNEO」は、「ゲバゲバ」によく似た番組作り。しかも、理不尽なことも少なくないサラリーマン・OL社会をネタにしたという面では「うん、そうなんだよな」と より身近に感じられる。
 島にいてみるチャンスがなかったが、年末には「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」もやっていたらしい。ショートコントだからこそ面白い気もするのだが、2時間近い長尺ではどうなのか?観られた方だれか教えて。


      ★本傑作集から一つだけテレビ未放映のコントをご紹介

『謝って』

   (商店街の青果店。店先で店主が大声で客寄せしている。)

店主  はい、安いよ、安いよ、いらっしゃい。
        (と、そこへ、仕事帰りのOLが来る。)
店主  はい、いらっしゃい。
        (OL、いきなり店主の腕をつかんで詰め寄る。)
OL   謝って!
店主   はい?
OL   お願い、謝って!
店主  な、何なんですか?
OL   昨日、あたしここに買い物に来たの。
店主  はい。
OL   その時、あなた言ったわよね。「お姉さん、キレイだからオマケしてあげる」
     って。
店主  あ、言ったかもねぇ・・・。
OL   で、あなたは、キュウリを1本とジャガイモ2個おまけしてくれたわよね。     
     あたし、昨日一晩考えたの。あたしのキレイさって、キュウリを1本と
     ジャガイモ2個分なのって。  (略)  
     それがどうしても許せなかった! だから、謝って!ねぇ、心から謝って!
店主  す、すみませんでした、ほんとうに、すみませんでした。 
           (OL、いきなり笑顔に戻る。)
OL   いいんですよ。わかってもらえれば。   (略)
          (OL立ち去っていく。呆然と見送る店主。他の客が声をかける。)
客   ねぇ、オジサン、これおまけして。
店主  (怒ったトーンで)ダメだよ!もう、オマケはしない!
 


d0161382_18513635.jpg

 椎名誠が、ラーメン屋で椎名を有名な人らしいとしか知らないらしい店のオバサンにサインを頼まれた。お会計のときに450円だけオマケして「あら、いいのよ。サインもらったから」といわれ、「あっ、俺のサインは450円だったのか?」とどこかで書いていたのをふと思いだした。




うめ版 新明解国語事典 × 梅佳代
      写真 梅佳代    三省堂



d0161382_19205729.jpg



写真界の芥川賞といわれる木村伊兵衛写真賞(2007年)を受賞したウメカヨさんと、異色の辞典「新明解国語辞典」がコラボレートした写真付き辞書。




  「新明解」といえば、たとえば恋愛の項で、  
<【恋愛】: 特定の異性に特別の愛情をいだいて、二人だけで一緒に居たい、出来るなら合体したいという気持ちを持ちながら、それが、常にはかなえられないで、ひどく心を苦しめる(まれにかなえられて歓喜する)状態 (第4版)>

  なんていう独特かつあけすけな解釈をする学習辞典。こんな辞典で学習をする子供たちは、将来どんな才能を獲得するのかという問題はさておき、梅佳代さんも「写真界の新明解」 - 逆に書籍の方を「辞典界のウメカヨ」という表現も可能だが、「新明解」の方がはるかに先輩なので - とも呼べるユニークな世界を繰り広げる写真家。この両者の「合体」は、見るものをひどく歓喜させる(もしくは苦しめる)はず。

    ★この本の中からも一つだけ紹介すると

d0161382_22461691.jpg


<【良心】:自分の本性の中にひそむ欺瞞・打算的行為や、 不正直・不誠実・ごまかし・怠惰の念などを退け、自分が正しいと信じる所に従って行動しようとする気持ち。 「良心に恥じる/良心にまつ所が大きい/良心を疑う/良心が麻痺する/学的良心」>

という説明に、たぶん(風景や肩書から推定すると)10年ほど前に中野駅前で演説する菅直人民主党代表(当時)らの写真が掲載されている。

 3.11後のいま読むと本当に意味深。
特に原発事故対応は、不正直・不誠実・ごまかしのてんこ盛りで、良心に恥じ、良心を疑い、良心が麻痺しているとしかいいようがないのだが、四国お遍路巡りで功徳を積んだはずの元総理は、この「うめ版新明解」の説明をいまどう見るのでしょうか。


にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  離島情報 ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ
にほんブログ村   ポッチとクリック ほかの島々のみなさんのブログも
by Wamploo | 2012-01-14 21:50 | Other

あけおめ ことよろ (^_^)

d0161382_23562515.jpg

           除夜の鐘を聴きながら今年初めのブログ

旧年中御厚情賜 厚御礼申上候
本年格別御愛顧賜願候
皆様御多幸祈申候
Bye for now.

昨年末お約束のとおり、思い切り短くシンプルに新年のご挨拶申し上げます。


d0161382_23515361.jpg

     三宅島に飛来したチュウサギ


d0161382_23524918.jpg
島から渡り、恋人たちに化身したチュウサギ。だったらファンタジーなんですけどね。



p.s.

 これだけじゃ寂しい!?
 エセ中国語か インチキ漢文みたいだし。

で、ご要望にお応えしてちょっぴり追記

  2012年の三宅はどうなるか分かりませんが、連休が最も少ない年回り。観光面ではちょっと心配です。
  まず、いきなり大晦日と元日が土日で、2月・4月の祝日も土日と被り、GWのこどもの日と9月の秋分の日、11月の文化の日と12月の天皇誕生日も土日と被る。28年に1回の休日が少ないカレンダー。働く立場でも損した気分。

  もちろん島だけの問題ではありませんが、三宅の観光関係者のこれまでとは違った独自のクリエイティブな工夫で乗り切っていって欲しいと思います。なんて上から目線でいうのも何だけど、観光は三宅の最重要産業ですからなんとかがんばっていただきましょう。
  もっとも、そうした努力を無駄にしないよう島と「内地」のアクセス問題の改善が肝心かなめなんですけど。ANAの空路廃止なんてとんでもないし(最近全然飛んでもないし)、東海汽船は運賃とホスピタリティーの抜本的改善に努めてくれないと。

  それから、個人的には、東北の被災者や福島原子力発電所事故の被害者へのボランティア活動になんとか都合をつけて加われればと思っています。
  特に福島の人々は故郷からバラバラに離れて暮らさざるを得ない状況にあります。東電や政府が『冷温停止』『原発収束宣言』をだして、一区切りついたような雰囲気も産み出されつつありますが、根本的問題は何も解決しておらず、数十年単位の息の長い応援が欠かせません。 

ただ、しっかりと系統的・組織的にボランティアの斡旋をしている団体のHPを見ると、数週間前に事前説明会に参加することが条件となっています。当然だとは思いますが、三宅のような離島からの参加は、経済的問題はさておいても、それだけの時間をつくるのが難しいので、そこが大きなネックではあります。


d0161382_23533641.jpg

      新鼻新山

というようなことで、今年もよろしくお願いします。


にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  離島情報 ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ
にほんブログ村   ポッチとクリック ほかの島々のみなさんのブログも
 

by Wamploo | 2012-01-01 01:01 | Other



噴火から10年、帰島から5年、火山ガス「噴出ヤメッ!」とは、なかなかならない三宅島に、元気を取り戻してもらえるように、写真を中心に、テキト~に文章まき散らし、テキトーに規則正しく綴っていければと・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
外部リンク
タグ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Powered By イーココロ!
FX情報サイトの入り口
ファン
ブログジャンル
画像一覧