三宅島 元気ハツラツぅ?

<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

GWは、優しかった母さんと写真館で写真を撮り

  今年のGWは、優しかった母さんと写真館で写真を撮り、国民に懸命にメッセージを伝え、10万年後を想いつつ、忽然と姿を消したアーチストを追い、人間と地球が抱える問題やその尊厳を伝えながら、故郷への郷愁を感じていました。

先日ラーメン屋で読んだ『OL進化論』風にいえばこんな感じ・・・
要は、いろいろな用事を片づける合間に映画やエキジビションに行っただけなんですけど。

 まず観たのが「八日目の蝉」4歳まで優しい母だと思っていた人は、実は愛人の男の家から乳児だった自分を誘拐した犯人だっというのがベースのプロット。

 大学生となった主人公恵理菜は、地中から出て七日目に死んでしまうはずの蝉が、もし翌日も生きていたら、自分だけ生き残る特別な蝉(人)生は幸せなのかと疑問を持つ。しかし、幼い頃一緒に過ごした千草と行動を共にするある日、「八日目の蝉は、他の蝉が見られなかったものを見ることができる。それはひどいものばかりではない」という彼女の言葉に、恵理菜も「自分も実父母も誘拐犯だった母も八日目を生きているんだ」と不意に思う。これが題名の由縁になっている。


d0161382_120155.jpg






Cicada of the Digi-Came





d0161382_10151243.jpg

 「ネタバレ」になっては申し訳ないので、これ以上触れないが、永作博美・井上真央・小池栄子の演技も、最後の舞台となった小豆島の風景も良かった。ただ角田光代の原作の映像化ということで期待が大き過ぎ、展開が「もうちょい」というのが率直な感想でーす。
 だいたい井上真央のラブシーンでオッと期待させといて、背中をチラッとみせるだけという罪作りな絵が、オジサンには誘拐犯より許せない!?

関連ブログ
★鳴くのなら あっちで




 その次に、これも話題作の「英国王のスピーチ」に。
 ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚で先月末からトピックとなっている英国王室のエリザベス現女王の父、ジョージ6世の物語。
  ヒットラーが権力を掌握する第二次世界大戦前、ジョージ6世が王子だった時代、兄エドワード8世が「王冠をかけた恋」のため1年足らずで退位し、自分にお鉢が回ってくる。吃音で国王としてのスピーチに悩むジョージが、変わり者の言語聴覚士や妻の助けで、ヒットラードイツへの宣戦布告の際の英国民向けの歴史的演説をして、国民に愛される国王になっていくというもの。
 コリン・ファースやジェフリー・ラッシュなどあまり縁のない英国の俳優さんたちでしたが、その演技力や脚本・演出・カメラワークなどどれも(予想外に)素晴らしい映画でした。ただ最後の場面で、これから戦争だというのに、ジョージ6世も周囲もスピーチの成功に酔いしれているのは「オイ オイ」という気も。

 三本目は、「100,000年後の安全 」というフィンランドの核廃棄物最終処分場を扱ったドキュメンタリー映画。

 資源の乏しいフィンランドは、ロシアなどからのエネルギー輸入も少なくない。
 この国は、19世紀初頭から100年以上帝政ロシアの植民地とされ、その後もソビエトに侵略された歴史を持つ。現在もロシアから侵略されなくても、もし電力や天然ガスの供給を止められれば、極寒の地の国民は凍死しかねない。そうした脅威から逃れるため、4基の原子力発電所を稼働させている。
 ただ、安定した岩盤で、原発にとって最も危険な地震は、体感できない程度の揺れがフィンランドのどこかで年に延べ15~30回起こるだけで、地震や火山の巣といわれる日本とはまるで違う大陸プレートの上に立地されている。

映画『100,000年後の安全』

 原発から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分場を持つ国は、いま世界でこの国だけ。他の国の原発は「トイレなきマンション」ともいわれるように、その使用済み燃料を最終的にどうするか決めないまま行き当たりばったりで稼働している。
 シベリウスを生んだこの国は、固い岩盤を掘削し地下500メートルに地下都市のような永久地層処分場"オンカロ(隠された場所)"を建設している。何万年もの半減期の核廃棄物が安全なレベルになる10万年間の耐久性を持つ設計だという。

映画『100,000年後の安全』

 しかし、最終処分場を運営する当事者たちは、施設は10万年保たれたとしても、その間安全に管理できるのかという点で苦悩し、議論を重ねている。
 10万年後、人類がどのような状況あるかは誰も分からない。掘り返されれば核物質を巻き散らしてしまう。オンカロを発見した未来の文明に、危険だというメッセージを伝える方法はあるのか。

映画『100,000年後の安全』

 現代から10万年さかのぼると、ホモサピエンス(現生人類)がアフリカ中部に誕生した時代だ。日本列島はその1/10の1万年前でも、いまの富士山が生まれた頃で、大陸とまだ陸続きの時代。日本がどこに最終処分場をつくるにしても、10万年後そこが陸地なのか海か、山頂なのか未来都市かだれもが「想定外」である。

d0161382_848626.jpg


 未来へのメッセージの話しに戻ると、いまの言語が10万年後にも理解され、「ここは危険。立ち入るな」という警告が10年後の知的生物に伝わったとしても、むしろピラミッドのように財宝が隠されているのではなどと探求心を煽ってしまう心配があると処分場幹部は苦悩する。むしろ人々の記憶から忘れ去らせてしまった方がよいのではないかとも。しかも、延々と人々の記憶から消し去るという作業を続けることを忘れず、代々引き継いでいかなければいけないというやっかいなジレンマをかかえながら。

映画『100,000年後の安全』

 ともかく考えさせられる映画でしたね。
 日本では54基の原発から毎日およそ1.5トン、年間広島型原爆の5万発分の死の灰が発生しているという。メルトダウンがついに明らかになった福島原発自体やいま現在もその周囲に巻き散らかされている放射性物質も含め すでに発生してしまった高レベル放射性廃棄物をどうするのか。
これは、原子力発電に賛成だろうが、反対だろうが解決しなくてはならない問題だ。

映画『100,000年後の安全』

映画『100,000年後の安全』


 映画以外では、東京国立博物館(上野)の「写楽展」へ。
江戸の街に突如出現し、10ヶ月であっという間に姿を消した謎の絵師 東洲斎写楽。「生写楽」をはじめてみました。
 アニメの元祖のようなタッチも感じる浮世絵。役者絵など実際とどのくらい似せているのか前から疑問でしたが、歌川豊国や勝川春英など同じ役者を描いたライバルの浮世絵師の作品も展示され、それぞれ個性はあるものの明らかに同じ人物が描かれていました。

d0161382_85153.jpg


 また、180の展示作の半分以上が、大英博物館やシカゴ美術館、ギメ東洋美術館(パリ)など海外所蔵品で、こんなに文化財が流出してしまっているのだとあらためて驚きました。
 震災や原発事故の影響を心配して、海外の美術館等が貸出について「日本お断り」となって、各地の美術展が中止に追い込まれているらしいのですが、開催にこぎつけた「写楽展」のスタッフ苦労と努力がしのばれました。

 このほか先週も紹介した 「Days Japan」の写真展『地球の上に生きる2011』と三宅島のブロガーの作品の『島民4人と1ぴき 写真展』に
開催はいずれも18日水曜日15時までです。ご覧になっていない方はお早くぅ!

d0161382_8522266.jpg


d0161382_8524684.jpg

                   島民4人と1ぴき 写真展

5月3日~5月18日 10:30~19:00(最終日は15:00まで
新宿駅前(東口) コニカミノルタプラザ(新宿タカノフルーツ4F)にて開催。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村


 このブログもおかげさまで今週で満1周年。1年続くなんてまったく「想定外」でしたが、とりあえず期間では、写楽に勝ったわけです?!
 この間の記事数は57で、本当にいい加減な更新の割に平均1週間に1回ぐらいはUPしていたことに。
当初は1日数人だった訪問者も、最近は30人前後、この間延べ7千人のご訪問を頂きました。
 「文章をテキト~にまき散らしながら、テキトーに規則正しく更新していければ」という当初のマニフェストどおり、今後ともテキトーを旨として、あと少し(100,000秒くらい?)続けたいと思います。
  低レベル描写性ブログを見ても「ただちに健康に影響はない」と官房長官や保安院もいうハズですので、安心してときたまのぞいていただき、また三宅の風景等にひと言など頂ければ幸いです。
                 2011/05/14     Champloo

by Wamploo | 2011-05-14 22:54 | Other

桜花 いのちいっぱい咲くからに 生命をかけて わが眺めたり


 「帰京」のとき定期船が東京湾に入ると、山や丘の裾野にへばりつくような房総半島の海べりの集落が見えてくる。さらに羽田を越え、レインボーブリッジが見えてくると、高層・超高層ビルが林立し、万里の長城のように連なっているのが分かる。これを何キロも広がるビルにダーと繋げてしまえば、防潮堤防のかわりになるかもしれないが・・・・

d0161382_13441423.jpg


d0161382_13445111.jpg


 リゲインの『24時間戦えますか』というキャッチフレーズが流行語となったバブルの時代、国や東京都が音頭をとって、「世界都市Tokyo」「24時間都市化」「世界の金融センター化」などがめざされた。
 臨海部開発が始まり、それから20数年、いつのまにか山手線の駅前はもちろん多摩地域でも高層ビルが珍しくなくなってきた。あっちこっち向いたドミノのようにビルが建てられ、夜間陸地を冷やすはずの海風が入る隙間もない。熱がこもった内陸部はエアコンでビルや室内を冷やし、その廃熱でますます全体が高温化し、熱帯夜が増え、ますます空調に頼るという悪循環を招いているのはご存じのとおり。

 24時間都市化によって昼夜を分かたず活動することが趨勢となり、それを支えるライフラインとして、終日営業のコンビニ・スーパー・ファストフード店等がだんだん当たり前になっていく。最近では24時間営業の看板を掲げる保育園(託児施設)まで増えている。こうしたライフスタイルは定着し、バブルがはじけ、失われた20年という不況の時代になってもかわらない。というか、むしろ減少する売上を回復しようとむしろ営業時間の延長が図られてきた。

 今年の初め、新年のブログでスーパーの正月営業を取り上げた
「コンビニもないところに住んでいるひがみといわれかもしれないけど。-中略 - 消費者であるわれわれも、エコ、エコ、地球温暖化防止といいながら、365日24時間の便利さに慣れすぎ」と。若い人はコンビニが近くにあることが居住条件になっているという話を聞くが、あれば便利だけど、なくてもどうっていうこともないことは、島で暮らしてみてよくわかった。大型スーパーもコンビニもなく、夜はともかく暗いけど、だからこそ満天の星空が見える幸せを感じるというのは、けっして負け惜しみではない。

d0161382_13472242.jpg



d0161382_19463476.jpg

Click the photo 

 24時間活動する都市は電力消費量も当然多く、原発事故による夏の電力不足が喧伝されている。
原発の必要性を強調するため、揚水発電等の電力量を意図的に隠し、夏期の「電力不足」を演出していると週刊誌にすっぱ抜かれ、政府が慌てているという話もある。が、いずれにせよ、地方に原発を押しつけて、明るく便利な大都市を謳歌する時代から脱却しなければアカンことは確か。

 その夏の電力不足を巡って、いまパチンコ業界が「この非常時に」と関東各県庁などの標的となっている。ギャンブル・借金依存症等を引き起こす「娯楽」でもあり、新装開店の店の前で学生が朝早くから並んでいるのをみると「パリとか他の国の学生ならこんなに雇用問題が深刻ならストライキをやってるのに、あんたらはパチンコかい」とツッコミたくなる存在でもある。しかし、10年以上台の前に座ったことがないとはいえ、お世話にはなっている。一宿一飯ではなく、一時(いっとき)一ションの義というべきか、膀胱が満タンのときのよく利用させてもらう義理がある。悩むところだが、トイレ分だけは庇ばわざるをえない気がする。

 まずなにか民族差別的な感じがしないでもない特定業界狙い撃ちのようでモヤモヤが残る。「欲しがりません。勝つまでは」の戦争中ではないが、エライ人が「これはムダ」というのはどこか胡散臭い。「カラオケ」だって「PS3・XBOX」、「TDL」だって、コンビニの多頻度小口配送システム、自動車工場に部品をそのとき必要な分だけちょこまか納品させるジャスト・イン・タイムだってエネルギーの「ムダだちゅーの」といえないことはない。
 農林水産業等では風評被害の補償が検討されているのだから、営業休止させるならばある程度補償も考えなくては、この業界の経営者や従業員はどう食べていけばいいのか。
 だいたいこれまで消費活性化のために「カジノを合法化しろ」と威勢良く叫んでいたこれらの自治体の知事らの多くが、パチンコなんて「どうでもいいもの」と真っ先に叩くのはいまいちスッキリしない。

d0161382_13475827.jpg


 逆にいまの事態である意味スッキリしたのは、
◇原子力村の学者のみなさんが、これまでにいかにいい加減なことをいっていたかが明らかになったこと。
◇サイエンス・リテラシーやメディア・リテラシー(科学やメディアの情報がホンマかどうか嗅ぎ分ける能力みたいなもの)をまったく持たずに、これらの人々やマスメディアを100%信頼しきっていると命すら危険になることが分かったこと。
 それにしても、「安全だ、安全だ」「直ちに影響はない」とばかりいっているこれらのセンセイたちをいつまでマスメディアが重用する気なのか。放射能をいつまでも世界に撒き散らしているという批判も起こっているが、、このままでは日本の政・財・官・学とメディアが一緒になってウソの情報も撒き散らしていると国際的非難を招きかねない。センセイたちも、大スポンサーを批判できないメディアも今後どう軌道修正を図るのでしょうか。

 もっともとっくに修正した賢明なセンセイもいないわけではない。
 一番顕著なのは、いま原発の危険性を指摘する学者としてTVに引っ張りダコの中部大学の武田邦彦教授。たしかに1年半前に出版した「偽善エネルギー」では、政治家や官僚による人災は心配している。しかし、原発そのものに関しては、「巨大地震は四国沖から北は東京湾まで、そこに(原発を)つくらなければ安全」 「日本の原発軽水炉は安全、メルトダウンなんてSFの世界の話」なんて書いている。原子力安全委員会の会議では「最も安全なエネルギー産業の1つではなかったか」  「(しかし)ほとんどの国民は「原子力発電所は安全でない」と認識しているのではないかと危惧しているわけであります」などと原発の危険性ではなく国民の認識を危惧していたわけで、その辺もきちんと明らかにしないと、学者としての信頼性が「フィクションの世界の話」になってしまうのではと危惧するのは、よけいなお節介?

 また道路公団問題で勇名をはせた作家の猪瀬直樹氏なども自身のブログで「節電を機にライフスタイルの見直しを」というタイトルで、パチンコ業界叩きはともかく、電力を使いまくりのこの10年から20年くらいのライフスタイルを見直すべきと真っ当な主張をしている。が、ならばメディア等で「東京は24時間都市に生まれ変わって国際競争力を高めよ」などと正反対のことをいっていたことはどうなってしまうのか、言葉を大切にする文学者としてちゃんと説明してもらえないと胸にストンと落ちない。 

 一方、経済評論家の勝間和代さんは、原発推進の宣伝に出たり、原発に対する理解が不十分なのに番組で推進を主張した責任を自身のブログや投稿サイトで 認め謝罪している。ネットでは「自分もダマされていたと被害者面するな」などの厳しい意見もあるが、その他の学者や文化人、知識人とよばれる多くの人たちがダンマリを決め込んだり、前述のように知らぬ間に方向転換しているのと比べれば、勇気のある行動だと、カツマーを褒めてあげてもいいのでは。


★遅くなりましたが三宅島のサクラをご紹介

d0161382_143832.jpg


d0161382_1433691.jpg

    もちろんメーンは伊豆諸島が本家本元のオオシマザクラ

d0161382_1474625.jpg

    三宅高校前

d0161382_14849.jpg

    三宅農林合同庁舎

d0161382_1484316.jpg

    旧伊豆小学校

d0161382_14101441.jpg


d0161382_14173068.jpg

    旧伊豆小学校(小次郎井戸)

d0161382_1412330.jpg


d0161382_14103528.jpg

    島を出てきた30日(土)はまだ島のあちこちに八重桜の花が残っていました。

d0161382_1411057.jpg


d0161382_14113099.jpg

    大久保浜のサクラ

d0161382_14122943.jpg

    伊豆 普済院の大桜(樹齢200年を超える三宅村指定の天然記念物)

d0161382_14131635.jpg


d0161382_14141192.jpg

    伊豆 善陽寺の桜


            ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼ 


 >★「三宅島」島民4人と1ぴき 写真展
  ←クリック
三宅島の民宿経営者・商店主・ネイチャーガイドなどが切り取った三宅島の魅力
今日3日から公開中  コニカミノルタが文化事業として運営しているギャラリー 入園料無料 お近くの方や新宿付近に用事の際は駅前ですのでぜひお立ち寄りを
5月3日~5月18日 10:30~19:00(最終日は15:00まで)
新宿駅前(東口) コニカミノルタプラザ(新宿タカノフルーツ4F)にて開催。     

d0161382_12293564.jpg

三宅の「アイランドシック」とともに、「Days Japan」の写真展「地球の上に生きる2011」も同時開催中。こちらもぜひ。

d0161382_1227177.jpg

国際フォトジャーナリズム大賞入賞作などプロフォトグラファーが撮った「Days」のギャラリーは、東日本やハイチの地震、アフガニスタンなどメッセージ性が強い作品なので、奥からC→B→Aギャラリーの順で回り、最後に『「三宅島」島民4人と1ぴき 写真展』でホッとするコースがお薦め。(「Days」Bギャラリーのびっくり動物写真も癒されます)

「地球の上に生きる2011」 DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展
会場: コニカミノルタプラザ
スケジュール: 2011年05月03日 ~ 2011年05月18日
住所: 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル4F
電話: 03-3225-5001 ファックス: 03-3225-0800

DAYS JAPAN のホームページ

            ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼


★三宅島を舞台とした映画「ロック わんこの島」の上映7月23日に決定★
ポスター完成
  主演:佐藤隆太・麻生久美子ほか   
      ♫主題歌 小田和正書き下ろし「hello hello」

   ☀公式サイト  ←  クリック
  ☀映画.com:三宅島復興のシンボル犬“ロック”の実話を映画化 


d0161382_14312174.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ


 
by wamploo | 2011-05-03 09:26 | まじめに?



噴火から10年、帰島から5年、火山ガス「噴出ヤメッ!」とは、なかなかならない三宅島に、元気を取り戻してもらえるように、写真を中心に、テキト~に文章まき散らし、テキトーに規則正しく綴っていければと・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
外部リンク
タグ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Powered By イーココロ!
FX情報サイトの入り口
ファン
ブログジャンル
画像一覧