三宅島 元気ハツラツぅ?

<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

世の中に 絶えて桜の なかりせば

「大丈夫?」っていうと  「大丈夫」っていう
「漏れてない?」っていうと  「漏れてない」っていう
「安全?」っていうと  「安全」って答える
そうして、あとで怖くなって
「でも本当はちょっと漏れてる?」っていうと 「ちょっと漏れてる」っていう
こだまでしょうか? いいえ、枝野です


  官邸記者のなかで出回っている戯れ歌として、今月初めのタブロイド紙に載っていたものだが、いまや「ちょっと」どころかチェルノブイリと同じ「レベル7」に。

  また、ミュージシャン斉籐和義の「ずっとウソだった」がYou Tubeでものすごいアクセスになっているらしいが、「ただちに健康に影響はない」だけではなく、原発の「安全神話」そのものがズーとほんと大ウソだったことが、だんだん分かってきた。

  これまで、電力業界は原子力発電のリスクに対して疑問が出されても、①何重にも安全対策が施されている ②核分裂が活発になっても水等の物理現象で分裂が抑制される(軽水炉の自己制御性) ③万一重大事故に繋がるアクシデントが生じても拡大防止対策があるなど様々な措置を講じているので大丈夫と突っぱねてきた(電気事業連合会HP参照)。
 また、問題が起こっても、データねつ造や事故隠しで、「安全神話」を守ってきた。

 そして、テレビを中心とするマスメディアは、いまだその神話を守る「安全風評」キャンペーンともいうべき世論操作に必死。
 タレントやスポーツ選手を使って、「日本は一つ」「心は一つ」「日本が一つのチーム」、「日本の強さは団結力」「一つになろう日本」「強く強く未来を信じて。今一つになる時」「日本は強い国、みんなで頑張れば」・・・などなど。
  もちろん、出演してる本人たちは被災者救済を念頭においていて悪意などなく、広告代理店が書いた脚本を読んでるだけなのだろう。が、福島第一原子力発電所事故が世界中に不安を与えている状況のもとで、議論を封じるような「一つになろう」キャンペーンはどうなのか。

 大スポンサーの電力業界から膨大な広告料をもらってきたマスメディアや研究費を提供されてきた東大を頂点とする原子力専門家たち。原子力関係機関を天下り先とするエライお役人、献金や票を頂戴してきた自民党や民主党等の政治屋さんたち。「原発は千年に一度の津波に耐え素晴らしい。原子力行政はもっと胸を張るべきだ」とのべた経団連会長をはじめとする財界・原子力産業のメンメンなど「原子力村」でたらふく食べてきた利益共同体の方々のいうことを、強く強く信じて、心を一つにしていては、マグネチュード8も想定される余震が続くなかで一つしかない日本がメタメタに。

 被災者の生活や安全・コミュニティーをどう守るのか、Fukushimaだけでなく、全国の沿岸に建てられている原発をどうするのか、エネルギーは本当に足りないのか、足りないならどうエネルギーを確保するのか、また大きなエネルギーを使わない産業構造にどう転換していくのか、地方へのしわ寄せで成り立っている東京をはじめとする大都市のあり方などきちんと「多事争論」すべきであって、「みんな一つになろう」などの情報・マインドコントロールを鵜呑みにしていては、悲劇を繰り返してしまう。


「ずっとウソだった」 (作詞作曲:斉藤和義)

この国を歩けば原発が54基
教科書もCMも言ってたよ安全です

俺たちを騙して言い訳は「想定外」
懐かしいあの空くすぐったい黒い雨

ずっとウソだったんだぜ やっぱバレてしまったな
ほんとウソだったんだぜ 原子力は安全です
ずっと嘘だったんだぜ ほうれん草食いてぇなあ
ほんと嘘だったんだぜ 気づいてたろうこの事態
風に舞う放射能はもう止められない
何人が被曝すれば気がついてくれるのこの国の政府

この街を離れてうまい水見つけたかい?
教えてよやっぱいいやもうどこも逃げ場はない

ずっとクソだったんだぜ 東電も北電も中電も九電ももう夢ばかり見てないけど
ずっとクソだったんだぜ それでも続ける気だ
ほんとクソだったんだぜ 何かがしたいこの気持ち

ずっと嘘だったんだぜ ほんとクソだったんだ



d0161382_0591438.jpg
 
      「帰京」した折、新宿御苑などへ
「花見なんかしてる場合か」という自粛論が唱えられていたので、御苑の人出も少ないかと思っていたら、例年の2倍くらいの賑わいで、入園券を買うだけでも一苦労

d0161382_11422538.jpg

春の訪れのなかでみんなが家に閉じこもっていたら、復興の妨げにも
リフレッシュして、明日からまた頑張ろう

d0161382_118288.jpg

エライ人から言われてやめるのでは、萎縮か他粛
どうするかは一人一人の状況や考え
自粛するにせよ しないにせよ自分の頭でどうするべきか考えよう

d0161382_1193445.jpg

                         Click the photo

d0161382_123319.jpg


d0161382_1255974.jpg


d0161382_1264551.jpg


d0161382_127735.jpg


d0161382_127502.jpg

                          Click the photo

d0161382_129231.jpg


d0161382_1305977.jpg


d0161382_1313577.jpg

 新宿御苑にも八丈木五倍子(はちじょうきぶし)が
 三宅島よりリッパかも?

d0161382_1344572.jpg


d0161382_1352731.jpg


d0161382_136318.jpg


d0161382_1415265.jpg

いままで気づきませんでしたが、この時期「内地」にも立派な椿が

d0161382_143254.jpg


d0161382_144466.jpg


d0161382_1444844.jpg

ソメイヨシノもこれで今年は見納め

d0161382_1451822.jpg


関連ブログ
  ★TSUBAKI  ・・・三宅の椿
  ★「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ 」   ・・・島の八丈木五倍子


              ♪   ♪   ♪


   ★「三宅島」島民4人と1ぴき 写真展  ←クリック
三宅島の民宿経営者・商店主・ネイチャーガイドなどが切り取った三宅島の魅力

5月3日~5月18日 10:30~19:00(最終日は15:00まで)
 新宿駅前(東口) コニカミノルタプラザ(新宿タカノフルーツ4F)にて開催。
     


★三宅島を舞台とした映画「わんこのしま」の上映7月23日に決定★
  主演:佐藤隆太・麻生久美子ほか   
      ♫主題歌 小田和正書き下ろし「hello hello」

   ☀公式サイト  ←  クリック
  ☀映画.com:三宅島復興のシンボル犬“ロック”の実話を映画化 



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ


 
p.s.
★いまは遠くにいる友人がブログを見て「斉籐和義もいいいけど」と教えてくれた サマータイム・ブルース もなかなか!!
ウィキペディアによればThe Timersという忌野清志郎によく似ているZERRYが率いる覆面バンドというが・・・。

日本の原子力発電所は安全です♪  
 同じ サマータイム・ブルース でも、こちらの画像はショッキング 

忌野清志郎のほかブルーハーツ・浜田省吾・桜井和寿に歌詞のおまけ付き 

 AC JapanなどのCMに出る善良なミュージシャンはいても、いまは清志郎のような毒で社会の虚構(嘘っぱち)をすっぱ抜くロックシンガーはなかなかいませんね。
お茶目! かっこいい! 愛してるぜ!!

by Wamploo | 2011-04-17 23:42 | まじめに?

知事選挙へ

明日10日は、知事選挙です。
が、今日の船で急遽「帰京」することにしたので、雨が降り出す前に期日前投票に行ってきました。

d0161382_1362376.jpg

 
 日本全体というか世界が被災支援に力を注ぐときに、統一地方選挙をやっていていいのかどうか。
  自分たちの代表者を選ぶ民主主義の基本だけに、選ぶ情報も不十分ななかで無理に投票させることは理解に苦しみます。
 マスメディアも選挙報道にほとんど取り組まず、『仏TV「日本人はバラエティー番組を見て笑い転げている場合か?」』というニュースを今朝見ましたが、世界が心配し、支援しようとしてるときに日本全体がアホと思われかねない状況をつくりだしています。
  日頃「世論はこうだ」などといっているのに、世論を最もあらわすべきに選挙、知事選だけでも東京1300万人、神奈川900万人を初め、約4000万人の生活を大きく左右するリーダーを決めようというときにこれでは・・・。


d0161382_1371094.jpg

  島の掲示板には本気モードの?3人だけのポスターしかありません。23区などではどのくらい貼ってあるんでしょう?

 メディアを通じての情報があまりに少ないため、候補者に対するアンケートをネットで検索し、次のHPを参考に投票しました。

 特に原発事故の最中であり、「エネルギー政策を知りたい・・・」で、各候補が原子力発電についてどう考えているのか。原発推進だとすれば、事故を防げる方策を考えているのか。原発推進に反対だとすれば、原発をこれからどうしていくのか、現実的な代替エネルギーを考えてるのかなどをチェックしました。
  アンケートへの回答だけで、それに対するツッコミまでは、限られた時間のなかのでの立ち上げなのでありませんが、メディアが伝えない情報であり、たいへん参考になりました。

 ◎投票前にチェック!都知事選に関するアンケートまとめ

 ◎「候補者のエネルギー政策を知りたい有権者の会」の各県知事候補へのアンケート 坂本龍一・田中優・大貫妙子氏らが立ち上げたもの




          ★    ★    ★


★三宅島を舞台とした映画「わんこのしま」の上映7月23日に決定★
  主演:佐藤隆太・麻生久美子ほか   
      ♫主題歌 小田和正書き下ろし「hello hello」

   ☀公式サイト  ←  クリック
  ☀映画.com:三宅島復興のシンボル犬“ロック”の実話を映画化 

             ★    ★

★「三宅島」島民4人と1ぴき 写真展
三宅島の民宿経営者・商店主・ネイチャーガイドなどが切り取った三宅島の魅力

5月3日~5月18日 10:30~19:00(最終日は15:00まで)
 新宿駅前(東口) コニカミノルタプラザ(新宿タカノフルーツ4F)にて開催。
     


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ





by wamploo | 2011-04-09 12:04 | 三宅の風景

「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ 」


 三宅の試練を被災地の復興に

 4月1日、三宅島で唯一居住禁止区域だった三池・沖ヶ平地区の居住制限が解除されました。

 生まれ育ったところで、顔なじみの人々とまた暮らしたいという気持ちで、この日を待ち望んでいた同地区の人々。
 一定の条件はつくものの、これで全島の集落に島民が戻れることに。
ただし、商店や民宿などの営業はできず、生活の糧を確保することも買い物も難しい状況。また、全島避難から11年間ほとんど家がメンテナンスできないかったため、荒廃した家も多く、暮らしていくことは容易ではありません。

d0161382_12482380.jpg

                          2011年4月1日朝日新聞朝刊

 また、10年余という期間はあまりに長く、避難先で生活基盤を作り上げた人たちも相当の人数に。避難中に高齢化が進んだこともあり、それをまたリセットして、もう一度島でゼロから再出発することは容易ではなく、帰島を諦めざるをえない島民もいます。
                            

                     ♯    ♯    ♯  

 今回の東日本大震災や津波、福島第一原発の事故では、集落そのものがなくなってしまった地域も少なくなく、その集落の再建は容易ではありません。特に今後の津波対策や原発事故の影響を考えると、いつ・どこに・どのように集落をつくり直すのか簡単に答えはでません。

 近年これほど集落が消失したことはありませんが、全住民が避難するという事態となったのが、25年近く前の三原山噴火による伊豆大島と11年前の三宅島の噴火による全島避難。
 大島は1ヶ月ほどで帰島できましたが、三宅島は島民の帰島開始が5年後で、全島帰島が可能となったのが先週末のことです。

 噴火と、津波や人災である原子力災害では、被害の状況や復興への考え方も異なります。また、三宅島でも島民が各地にばらばらに避難せざるをえなかった点など問題点も少なくありません。しかし、長期に渡る三宅島の全島避難と復興の試練は、被災した東北地方や原発周辺地域の生活再建や復興でも、リーディングケースとなるものだと思います。

  今回の被災では、被災者の方はまだとても復興を考えられる状況にはありません。しかも、津波や原発事故での被災者救援すら後手後手となっています。場当たり的な対応に終始している政府等には、三宅でのそうした課題や反省点、帰島に当たっての困難なども含め、島の人たちのこの10年の実体験を貴重な事例として、被災した住民の意見や要望も十分に踏まえて、復興の準備もしっかりしていって欲しいと思います。

 村や、シャイだけど実は面倒見のいい人が多い島の人たちは、噴火の際全国から受けた支援のお返しに被災地復興のために精一杯力をかしたいと思っているはず。


                     ♯    ♯    ♯  


 「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」ということをビジネスセミナーなどでもよく聞きます。
賢者は先人(他人)の経験・失敗=歴史から学び、同じ失敗を繰り返さないようにするが、愚者は自分が失敗して初めて失敗の原因に気付くので、経験がない事態には対応できないという趣旨だったと思います。

 東北地方を襲った貞観津波の歴史やアメリカでは30年前から原発の全電源が喪失してしまう事態を想定している事実に目をつぶり、経産省や原子力員会や保安院、東電、専門家といわれる学者たちなど「原子力村」の人々が、「安全設計をしているから電源喪失など考えられない」などと言い続けてきたことが、今回の事故に繋がったということもいわれています。

 またワシントンポストからは、「唯一の被爆国なのに、原爆の何千、何万発分にも相当する核物質を原子炉に保有しているのに危機管理ができていなかった」とも書かれています。

 歴史どころか東海村の事故をはじめとする自分たちの経験からすら学ばなかった日本の「原子力村」の人々や歴代自民党や民主党の政府。これらの人々が「愚者」では、人々の命が失われることが明らかになった今回の被災。被災者救援や被災地の復興では「賢者」なってもらわなければ困ります。

千年に一度の津波は想定外でも仕方がないという論調もありますが、木走正水氏はそのブログでやはり「賢者は・・」の視点から「原発が連動型大地震に遭遇するリスクは、原発の使用年数および廃炉処理完了までの期間を約50年とすれば、時間単位で単純に考えても発生確率は50/1000、つまり5%と無視できないリスクであり、しかも貞観地震から1100年の時間が経過していることとあわせて考えればいつ発生してもおかしくない状況ともいえたわけです」と述べています。



★三宅島全島民避難と復興の歴史

 ◎三宅村ホームページ 2000年噴火時の災害記録

 ◎情報環境フォーラムの2000年6月~2004年9月までの三宅島の災害記録

 ◎婦団連研究員の三宅島噴火災害レポート

 ◎噴火の際、通信網を守ったNTT社員等の記録


  ★関連ブログ
    祝 全島居住制限解除




d0161382_3274878.jpg


  ★Books


楽天ブックス: 三宅島噴火始末記 - 帰島5年間の記録 - 村榮 : 本


d0161382_3292572.jpg





楽天ブックス: 2000年三宅島噴火・避難 - 子供たちの記録 - 松尾駿一 : 本





d0161382_3313955.jpg


楽天ブックス: 三宅島噴火避難のいばら道 - あれから4年の記録 - 村榮 : 本












この1週間の島の風景

d0161382_18254779.jpg

 3月31日(木)の伊ヶ谷港。年度末は、会社の先輩や学校の先生、東京都(三宅支庁・保健所など)の職員、三宅警察署、NTT社員などのみなさんの離任で紙テープの嵐。島の復興のために力を尽くしたみなさんありがとうございました。

d0161382_1826671.jpg


d0161382_18262322.jpg

お世話になりました。またお会いしましょう!


d0161382_18202057.jpg

錆ヶ浜の海ではカモメたちも見送りに?港周辺を飛び交ってましたが、この日船は伊ヶ谷港から

d0161382_18233835.jpg

森ではコキクガシラコウモリも?
身近に飛ぶコウモリを初めて見ました

d0161382_18223774.jpg

チョウチョのような飛び方で、最初まさかコウモリとは・・

d0161382_1821201.jpg

羽子板の羽根のような謎の種子も

d0161382_18205294.jpg

はちじょうきぶし(八丈木五倍子)の花。
木五倍子にどうルビをふるのでしょうか?
よく暖簾のようだといわれますが、下から眺めると風にゆらめくモービル。
いま23区では新宿御苑の新宿門を入って直ぐのところに咲いているはず?

d0161382_18241934.jpg

春になり、枯損木より目立ってきたヤシャブシ(夜叉五倍子)の新緑。火山ガスに強く、溶岩原を林に変えていく先行植物の一つ。アレルゲン性も指摘されるが、島の緑を復興させる縁の下の力持ち。


d0161382_18244071.jpg

これも初めて見た白ツバキ

d0161382_1825180.jpg

 島中あちこちの日陰地で見るスミレのような可憐な花。高さ10~15㎝くらい。
葉っぱは ♡ ♡ ♡ 






にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ
by Wamploo | 2011-04-06 18:50 | 三宅の風景



噴火から10年、帰島から5年、火山ガス「噴出ヤメッ!」とは、なかなかならない三宅島に、元気を取り戻してもらえるように、写真を中心に、テキト~に文章まき散らし、テキトーに規則正しく綴っていければと・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
外部リンク
タグ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Powered By イーココロ!
FX情報サイトの入り口
ファン
ブログジャンル
画像一覧