三宅島 元気ハツラツぅ?

<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

波乱バンジョーの人生

三宅ゆかりの人物  - その1 -


浅沼 稲次郎

d0161382_0205181.jpg


 1898年(明治31年)三宅島神着村生まれ。
 早稲田大学在学中社会主義運動に参加し、戦争中は軍部に協力するなどの遍歴を経た後、戦後社会党右派書記長、日本社会党委員長などを歴任し、「人間機関車」「ヌマさん」と呼ばれ、30年に渡り住み続けた下町を中心に絶大な人気を誇った。
 1960年10月12日、初めてTV中継された日比谷公会堂での立会演説会で、演説の真っ最中に右翼の少年に刺され、61年間の波乱の生涯を閉じた。

d0161382_0215639.jpg


 今も残る三宅島の質素な生家。都道から村道を登った芝生広場もある児童公園の一角にあるが、場所はかなり分かりにくい。
 三宅島の観光スポット全般的にいえることだが、観光を目玉にしている割には、インフォメーションがいまいち!住んでいる人間には、狭い島で目をつぶっても行ける場所でも、限られた滞在時間の観光客にはもう少し丁寧なナビゲートがあってもいい。

d0161382_023185.jpg


d0161382_328615.jpg

毎日新聞記者が撮影した有名なテロの瞬間(日本初のピュリツアー受賞の写真。世の中に事実を知らせることを優先すべきか、カメラを犯人に放り投げても人命を助けるべきかジャーナリスト入門の教材の一つともなっている)

d0161382_024916.jpg

火山ガスの影響により像はかなり変色してしまったが、浅沼氏の現代への想いは、



d0161382_0324215.jpg

日比谷公会堂での最後の「浅沼演説」

 ~略~ 総理は、投資によって生産がふえ、生産がふえれば所得がふえ、所得がふえれば貯蓄がふえ、貯蓄がふえればまた投資がふえる、こういっておるのでありますが、池田総理のいうように、資木主義の経済が循環論法で動いていたら、不景気も、恐慌も、首切りも、賃下げもなくなることになります。しかしながら……しかしながら、どうでしょうか。戦後15年間、この間3回にわたる不景気がきておるのであります。なぜ、そういうことになるかといえば、生産が伸びた割に国民大衆の収入が増加しておらないところで物が売れなくなった結果であります。
 したがってほんとうに経済を伸ばすためには、国民大衆の収入をふやすための社会保障、減税などの政策が積極的に取り入れられたければならぬと思うのであります。 ~その一つは、大企業のみ税金の特別拮置をとっておる、措置法を改正して、大企業からもっとより多く税金なとるべきであると、私どもは主張するのであります。~国民に対しては法律を守れといって、税金だけはどしどし取り立ててゆく。これでは国民はいつまでもだまってはいられないと思います。政治のあり方を正しくする基本はまず政府みずから憲法を守って、きれいな清潔な政治を行なうことであります。そして青少年には希望のある生活を、働きたいものには職場を、お年よりには安定した生活を国が保障するような政策を実行しなければなりません。

 
d0161382_0282016.jpg


 続き~ 略~ 外国の軍隊が二十五年の長きにわたって駐留するということは、日本の国はじまっていらいの不自然なできごとであります。インドのネールは「われわれは外国の基地を好まない。外国の基地が国内にあることは、その心臓部に外国の勢力が入り込んでいるようなことを示すものであって、常にそれは戦争のにおいをただよわす」こういっておるのでありますが、私どももまったく、これと同じ感じに打たれるのであります(拍手)。
 日米安全保障条約は昭和二十六年、対日平和条約が締結された日に調印されたものであります。じらい日本は、アメリカにたいして軍事基地の提供をなし、アメリカは日本に軍隊を駐とんせしめるということになったのであります。
~略~したがいまして日本が完全独立国家になるためには、アメリカ軍隊には帰ってもらう、アメリカの基地を返してもらう、そうして積極的中立政策を行なうことが日本外交の基本でなければならぬと思うのであります。
~    

最後の演説 浅沼暗殺事件動画
http://www.liveleak.com/view?i=344_1228020096

d0161382_1123138.jpg


 浅沼氏が率いた社会党の血筋を引くのは現在の社民党になるのだろうが、政界再編のなかで、旧社会党から民主党に乗り換えた議員も少なくなく、民主党も親戚筋ではある。
 浅沼さんが死の直前まで訴えた日本の完全独立が、それから50年経っても実現されたとはいえず、むしろ米軍への「思いやり予算」などにより、むしろ日本が米軍を自国に帰りにくくしている。
 浅沼さんのDNAも含まれている政権が生まれたのに、沖縄の人々がいくら基地の撤去を訴えても、聞き入れず、あたらしい基地を辺野古につくろうとしている姿を天国の稲次郎さんはどんな想いで見ているんでしょう。

d0161382_1135385.jpg


 その民主党代表に再選されたおらが街の総理-菅さんは、結構期待はずれというか全然期待はずれ。アカン。
 人間より市場の方を信頼すべきと考える前原サンらに支持されて、市民運動家の面影なんかどこにあるのという感じ。

 人々の幸福実現を目的としているはずの経済や財政政策を、一部の富裕層の幸福のために行う市場原理主義は破綻したはずなのに、政権が変わっても、その亡霊が甦ってしまい、なかなかしぶとい。

 カンキチ君は、「強い経済、強い財政、強い社会保障」とか「第一に雇用、第二に雇用、第三に雇用」、「50、いや100ぐらいの特命チームを作る」とかだれかスピーチライターがつくったキャッチコピーを唱えているだけで、何をどうするのか消費税増税以外はまったく見えてこない。

 菅サンがあまりに期待はずれの一方、ダメダメのマスメディア(幹部や記者が長年にわたり政府から官房機密費を貰っていたことは知らんぷりなのに)があまりに小沢叩きに熱心なため、逆に小沢サンを応援したい気にもなる。 が、つい数年前、すでに国民に見放されていた自民党と大連立しようとした人物でもある。個別には菅さんよりいいことをいっているンだけど、ハズレ気味の政治的センスや、さらに一郎クンの政治的野望がどの辺にあるのかさっぱり分からないからなぁ。

d0161382_316206.jpg


 総理はまだ3ヶ月しかやってないと騒いでましたけど、引き続きあと何ヶ月だか何年だかやることになったんですから、「第一に政権維持、第二に政権維持、第三に政権維持」なんてことにならないように、公約どおり雇用対策くらいはしっかりやってください。
 なにしろ大手企業は、国家予算(一般会計)92兆円の何倍にもなる250兆円とか400兆円とかメチャクチャ貯め込んでいるらしい。新しい事業に投資するわけでもなく、株や有価証券を買ってただひたすら貯め込むだけで、使い道にも困っている。その数パーセントでいいので雇用などに使ってもらってもバチはあたらないはず!そうでなければ半年後に卒業を迎える高校生や大学生など、若い連中があまりにかわいそう!

問題は、国際競争力が低下するとか何とかいって渋る企業や経済界のみなさんに、わが総理がちゃんともの申せるかどうか。
 しかし、「賢人会議」で有名な世界経済フォーラムの先週9日に報道された「2010年版世界競争力報告」によれば、日本の総合順位は6位。
  国際競争力っていったい何者なのか?世界で6番目に強い国なのに、むしろそれが人々の幸福追求を妨げる大きな壁となっているなんて、仕事も満足にないなんてことはアリエナイ!競争力は大丈夫、菅総理がんばろう!



★今日の三宅はほとんど雲もなく、スッキリした空模様。秋を過ぎればこんな天気もこれからそう多くは望めない。連休で渡島してきた観光や帰省のみなさんには絶好の気候のもとゆったりと島を楽しんでいって欲しい。
by wamploo | 2010-09-19 23:54 | History of Miyakejim

きょうのオタンコ

昨8日の夕方のニュースにはビックリ!

三宅島でフジテレビ製作の映画の撮影準備をしていたスタッフが自然公園の海からサンゴを無断で採取していたというもの。

共同通信の配信を各社元にしているようだが、
新聞社では、人のスキャンダルには厳しいのに”身内”のことはムニョムニョということが多いフジサンケイグループの「産経」がサンゴの大きさ・数など一番詳しく報じていたのは感心すると同時に驚いた   ↓
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100908/crm1009081832018-n1.htm

 準備していたという映画は、三宅島を舞台に、実在したロックという犬を題材に島の噴火と家族をテーマにし「わんこのしま(仮題)」という邦画。
 
 ロックは、2000年の噴火による全島避難で飼い主と離れ離れとなり、4年半後の島民帰島とともに島に戻ることができた犬として、フジテレビ「めざましテレビ」の
「きょうのわんこ」などにも出演した島一番の有名犬、島の人たちのアイドル犬だった。ただ、残念なことにこの夏に空の上の方へ旅だってしまったが。

  きょうのわんこ ↓ 
      http://www.fujitv.co.jp/meza/wanko/wsp0706.html


d0161382_3222255.jpg


つい先日エキストラ募集のチラシが島の各戸に配布され、また撮影用のセットの建築も進み、島のPRにもなるものと注目されていた。

d0161382_2242968.jpg



しかし、、自然公園でも特に重要と指定される海域(海中)公園のなかで、サンゴを勝手に捕ってくるなんて、ほんとうにオタンコ!

 違法性等について各社微妙に異なる表現をしていたが、ニュースで気になったのは、「フリーのスタッフ」の行為であることがほぼ共通して記事になっていたこと。

 しかし、放送業界は40年以上前から、コスト削減や景気変動の調整のため、どんどん下請けのプロダクションに制作を外注し、自主制作番組なんてほとんどなくなってきている。このへんは膨大な部品製造をほぼ全面的に外注する自動車業界などと似たような構造で、極端にいうとキー局本社でやるのプロダクションの管理と、編集済みのVTRを電波で送り出すことだけなどともいわれる。
 こうした構造は、プロダクション間の受注競争を生んで、華やかなイメージを支える番組制作者には、フリーという名の不安定雇用や労働条件の切り下げをもたらした。

 ここ1~2年話題となった「年越派遣村」の取材をしたテレビ局の記者が、年収100万円や200万円のワーキングプアの実態に驚いたという話しに、同じ局で働く下請けの制作プロダクションの派遣社員が、「俺たちのところへくればいくらでも実態が分かるのに」といったという話しは象徴的だ。

 今回の「フリーのスタッフ」のやったことという報道のソースは、フジテレビしか考えられない。自分たちが、下請けやフリーにほとんどの仕事をやらせる構造を作り上げながら、問題が起こると「下請けやフリーのスタッフがやったんだから、そんなに責めないでよ」というのはトカゲのしっぽ切りとうか、尻尾は本体についているんだからトカゲの方がまだマシで、究極の責任転嫁にしか聞こえない。

 安倍内閣でホワイトカラー・エグゼンプション(残業代カット法)導入が画策された3年ほど前、政府の労働政策審議会の委員をしていた派遣会社社長の「経営者は、過労死するまで働けなんて言いませんからね。過労死を含めて、これは自己管理だと私は思います」という世間に大ひんしゅくをかった発言を思い出す。

 今回の騒動で、映画のクランクインはとりあえず延期されるようだ。
もしかしたら永遠に?

 そして使い捨ての下請けは切られ、スタッフは辞めさせられることになる??
あまりに無知で低レベルの行為でそれなりにペナルティも必要だろう。が、問題が起こるたびにプロダクションもスタッフも入れ替えれば事足りるという発想が、きちんとした反省や失敗の経験から学ぶことを妨げて、新しい「フリーのスタッフ」により、また新たな問題が起こされることになるような気がする。
 ここは彼らが本当に反省するなら、もう一度チャンスを与えてもいいのではないかと思いますが、フジテレビさん、いかがでせうか?
いっそ天国のロックに決めてもらう?!

 ロックのブログ →  http://dangorock.blog.ocn.ne.jp/


And also  ←Click
by Wamploo | 2010-09-09 22:48 | Other

シッ、お黙り!

地球の息吹と再生を繰りかえす三宅の大自然紹介シリーズ 第2弾

~ 長太郎池 ~

d0161382_23345182.jpg

 なぜ長太郎池という名なのかは資料を見ても分からしません。
2500年以上前の噴火で流れ出した溶岩により海のなかにできた潮だまり。天然のプール(Tide Pool)です。
 以前は池の縁に当たる岩の高さが現在より1mほど高かったようですが、10年前の噴火による地殻変動で地盤沈下し、干満の影響を大きく受けるようになり、満潮のときはその姿は消えてしまいます。
 50mプールほどの大きさがあり、中・大型の肉食魚等は入ってこられないこともあって、熱帯漁のような魚たちやイソギンチャクなど多様な生物を観察することができます。


d0161382_2342230.jpg



d0161382_23544432.jpg

                                   オヤビッチャ
和名は沖縄の方言「あやびっち」から来ている。綾(=木目細かな模様を織り成したさま)がはしると言う意味?らしい。(「ダイバーのための海水魚図鑑」より http://www.sea-fishes.com/index.html)

d0161382_23472461.jpg


d0161382_23591234.jpg

  サンゴの群生の世界最北限は三宅島といわれるがこれは??

d0161382_04930.jpg


d0161382_085739.jpg

                                 カゴカキダイ
 見た目からは想像しにくいが、味は良いらしい


d0161382_0111280.jpg

                           宇宙からやってきた謎の怪奇生物?

d0161382_0175126.jpg

                             サンゴイソギンチャク
 サボテンのようなムーミンに登場するニョロニョロのような??

d0161382_021656.jpg

  クマノミの姿は見つからなかった。ザンネン

d0161382_0265697.jpg

  潮が引いているときは、お子ちゃまも安心して磯遊び

d0161382_0295836.jpg


d0161382_0324382.jpg

 この魚たちの名前をどなたか教えて ↑ ↓

d0161382_0351870.jpg


d0161382_040354.jpg

 このときは、波で海中の浮遊物も多く、スッキリとした絵はなかなか・・・

d0161382_04392.jpg

 なにか「飲み過ぎちまったゼッ」という感じのサカナくん

 
d0161382_047315.jpg


d0161382_0511188.jpg

 藻はCO2を吸収し、光合成により酸素を生み出す

d0161382_0551614.jpg

                                 ニシキベラ
 今はやりの女装家と男装家が混在する複雑な魚??
もともと雄である1次雄と、雌が性転換した2次雄がいて、
1次雄は、2次雄より体が小さく、色彩も雌に似せているという。
2次雄は体も大きく2次雄特有の派手な体色だという訳の分からなさ。
しかし、これにはそれぞれが自分のDNAを残す深い戦略があるらしい。

d0161382_0562520.jpg


d0161382_1034.jpg

  潮だまりの南には、19km離れた御蔵島が間近に見える。



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ


by Wamploo | 2010-09-06 23:28 | 三宅の風景

続  待てば大路の日和あり

大路池の生きものたち



大路池を彩るアジサイや木々の
photographs、動物たちもちょっぴり



d0161382_0555982.jpg

滴が木々や動物たち生命を育む源となり、私たち人間の水源ともなっていく

d0161382_101167.jpg


d0161382_121181.jpg

三宅島を代表するガクアジサイが湖畔で咲き誇る


d0161382_1184332.jpg

玉のようなつぼみをつけるタマアジサイ

d0161382_121635.jpg

車にひかれないようエスカルゴくん頑張って!

d0161382_125080.jpg


d0161382_1233954.jpg

火山岩(弾)に根を降ろす草たち

d0161382_1244242.jpg

噴火を繰り返す島は、百年単位の時を経て、
こうして深い森が再生されていく

d0161382_1255416.jpg


d0161382_1322786.jpg

大路池にもあの悪名高いブラックバスが。
それためかほかの魚の姿は見つけられなかった

d0161382_1264813.jpg

岸辺にはアナコンダを思わせる木も少なくない

d0161382_1274353.jpg


d0161382_1281321.jpg

迷子椎
古くから噴火は御神火と呼ばれ、その噴火を司る神が宿るご神木と崇められてきた樹齢600年以上のスダジイ
(600年前といえば日本では室町時代、ヨーロッパではジャンヌダルクがイギリス軍に奮戦していた。所在不明の高齢者をメディアが面白半分で取り上げているが、いくらなんでもこの椎の木に対抗する”高齢者”はいないでしょ!)
 

 キジムナーという木の精霊が住むという沖縄のガジュマルの古木に似たたたずまいを感じる。
 
この木を目標にすれば深い森の中でも迷わないということから迷子椎と名付けられている。


d0161382_3263531.jpg

     Tajaという音楽ユニットのCDジャケットにも

d0161382_1292838.jpg

こうした巨樹もやがて朽ちて分解され

d0161382_1302577.jpg

食物連鎖の循環のなかで、土壌に帰って行く

d0161382_133786.jpg

三宅島はこの連鎖のなかに、周期的な噴火という状況も加わり、独特の自然が作られてきた

d0161382_2242288.jpg

そしてまた新たな命が生まれる

d0161382_22432447.jpg

                岸辺を飛び交うコシアキトンボ(腰空蜻蛉) 
豊かな植物の恵を受け、昆虫や鳥など多様な生物が暮らす。






 サッカー日本代表の監督がようやく決まった。
 アルベルト・ザッケローニ新監督は、セリエAでACミランをリーグ優勝させた経験を持つなど名将なのだろう。しかし、サッカー協会が日本代表にふさわしい監督としてどのような基準で選考し、決定したのかさっぱり聞こえてこない。
小倉協会会長は「ヨーロッパトップリーグのクラブチームの監督を長く務めるなど、豊富な経験を持った指導者である。戦略家であるとも聞いているので、是非とも、日本が目指す“攻撃的サッカー”を実現してほしい」とコメントを出しているが、要は「一流の実績のある監督だから何とかしてくれるでしょう」程度の認識しかないのか?
ここ3回のワールドカップの間の監督たち、トルシエ、ジーコ、オシム、岡田という流れにも、何を目差し、どのように選手やチームを育成しようと考えているのかまったく分からなかったが、今回も???


 いくら実績があるとはいっても、現在の日本チームに適した指導者かどうかは別問題。大沢親分を高校野球の監督にしたら、甲子園で活躍できるチームをすぐ作れるとは限らない。

 いま中国人旅行者の化粧品や家電製品のの買い物ぶりが話題になっているが、自分に合う合わないなど関係なく日本人がパリでビトンなどのブランドバッグに群がっている姿と、このヨーロッパのトップリーグの監督経験者を有り難がたがる姿が三つ重なって見えるのは海外旅行に行けず(ある意味海外に住んでいるが)、ブランド品にも縁のないものの僻みだろうか。

by Wamploo | 2010-09-02 00:00 | 三宅の風景



噴火から10年、帰島から5年、火山ガス「噴出ヤメッ!」とは、なかなかならない三宅島に、元気を取り戻してもらえるように、写真を中心に、テキト~に文章まき散らし、テキトーに規則正しく綴っていければと・・・
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
外部リンク
タグ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Powered By イーココロ!
FX情報サイトの入り口
ファン
ブログジャンル
画像一覧