三宅島 元気ハツラツぅ?

夏を求めて秋の旅 2/2

d0161382_23472213.jpg

       「老人と海」(ウチナーバージョン)

d0161382_23491149.jpg

       「わんこのしま(沖縄版)」

d0161382_082142.jpg



d0161382_0145865.jpg



 海を一番の目的に出かけ、エメラルドグリーンの海が目の前にありましたが、台風の影響や短いスケジュールでの関係でちょっち浸かっただけ。
 澄んだ海でおさかなクンたちは元気に泳いでましたが、サンゴの減少や白化は以前より進んでいる感じも。

d0161382_23552855.jpg


★サンゴの白化といえば★
 静岡大の鈴木款教授らの研究チームの沖縄での研究によれば、サンゴの白化や死滅には、海水中よりも生活排水や土壌の流失による陸上の細菌が深刻な影響を与えている可能性が高いという「沖縄タイムス」の記事を旅行中に目にしました。
  三宅島はテーブルサンゴ群の北限地といわれますが、伊豆諸島の生活排水等の環境負荷低減の対策もどうなっているのかちょっと気になったニュースでした。

d0161382_23562991.jpg


ついでに沖縄の海に関して”あれまぁ”という点をいうと

 ビーチ沿いのホテル等が、国民の財産(国有財産)である海や浜を私物化=プライベートビーチにして、しかもエメラルドのビーチなどと称して、グリーンの夜間照明で照らす悪習がまだ続いていました。エメラルドグリーンは、お日様のもとで見えれば十分で、バスクリーンを流し込んだような不自然な海を このエコの時代に続けているのはどんなもんでしょう?

せっかくの星空もよく見えん!


                ◇   ◇   ◇   ◇


d0161382_23581478.jpg

沖縄で車を走らせていて、イヤでも気になるのは米軍基地。那覇の町を抜けると、普天間から名護までの間、右か左、または左右とも大部分に基地のフェンスが続く。


d0161382_005228.jpg


d0161382_23593475.jpg


d0161382_03436.jpg

基地の広大さに較べ、右側の市街地の過密なこと

d0161382_2251438.jpg


d0161382_2264761.jpg

住宅地も過密で、畑地の確保も難しい。手前は、米軍が使用していない接収地で地主が”勝手に”作物を作っているいわゆる「黙認耕作地」
使わないなら返せばいいと思うのだが・・・?



  嘉手納町によれば、三宅島(55㎢)の約3割にあたる15㎢の嘉手納町の面積のうち町を逆L字型に寸断する形で、83%が基地で占め、残り17%の2.6㎢に
14,000人が住む。
嘉手納基地だけで東京ドームの425倍に相当するという。

この国の0.6%の沖縄に全国の74.2%の基地が集中しているというのを実感させる風景が続く。

d0161382_2292121.jpg

  原発と同様に交付金による?立派な箱物(体育施設)はあるものの・・・

 三宅島も15年ほど前、NLP(米空母艦載機夜間離着陸訓練)基地移設問題で苦い経験がある。強行しようとする政府に最後は雄山も怒って?噴火というという事態となり、NLP基地は立ち消えになったような感じですが?
 沖縄の基地は戦後直ぐに米軍に強制的に土地を取り上げられ、それから66年も理不尽な接収が続いています。

d0161382_2344048.jpg

    ロッキード事件で一躍注目されたP-3C対潜哨戒機 オライオン


 全国紙では沖縄の基地問題は、いま政治部や外報(国際)部の対象に過ぎませんが、「琉球新報」や「沖縄タイムス」では、生活の問題・命の問題として社会部や文化部が毎日の扱う事柄でも。
  最近でいえば、米軍が1円も払わず使っている(というか3000億円以上ともいわれる「思いやり予算」付きで)基地に入って客待ちするタクシーから取り立てる「入域料」という名のショバ代が、月1台あたり最高8万9千円にもなり、業界が悲鳴を上げていることが 沖縄ではいま大きな問題になっています。 日本政府は、このやらずぼったくりに「関与すべき立場にない」と見て見ぬ振りですが、大手メディアもこの問題には「関与せず」沖縄県外ではまったく知られていません。
こうした温度差が解消されない限り「沖縄問題」は解決されない気がします。

                ◇   ◇   ◇   ◇


d0161382_3581028.jpg


d0161382_40180.jpg

賢かったrungrta号

 この旅のメーンイベントとなった乗馬。車で移動中偶然馬の駆けている姿を見かけ、問い合わせ5年ぶりくらいにパカパカ。
山腹からエメラルドグリーンの海までおよそ10kmを往復。国内で外乗ははじめて。
林の木々の間や普通の道路も通るため、枝を避ける練習や落馬しそうになったときのエマージェンシー訓練をたっぷり特訓された上で出発。
オンモで乗る開放感に大興奮の1日となりました。

d0161382_3585887.jpg



                ◇   ◇   ◇   ◇


d0161382_21593022.jpg


  世界遺産にもなった今帰仁城跡(なきじんじょうし)。広大な空間に残る石垣等の城跡は、600年以上前の沖縄が北山・中山・南山という3つの支配者に統治されていた時代(三山時代)の 北山の繁栄を思い起こさせてくれます。
  ただ、周回路が鉄パイプや安全ロープ剥き出しだったり、資料館の展示物等の整理や解説がいまいち分かりにくいものでした。城趾の歴史講座等は充実しているような様子なのですが、厳しくいうと世界遺産のブランドに寄りかかっているような中途半端なところはちょっと残念。本部半島における有力な観光資源であることは間違いないので、利用者の視点でもう一度見直していく工夫を望みます。

d0161382_2253418.jpg



d0161382_4132235.jpg

 途中寄った胡屋(コザ。沖縄市)の街。基地に依存せざるを得ない経済の街で、円高の影響もあり、メーンストリートの中央パークアベニューは入り口の店舗から貸家になり、シャッター通り化が一層進んでいました。奥の深いいい街なのに・・・。

d0161382_4141225.jpg

  那覇 国際通りは賑わっていましたが、いわゆるお土産さんぽい「お土産さん」が驚くほど増え、夏の軽井沢のよう?


                ◇   ◇   ◇   ◇


d0161382_4533018.jpg


d0161382_454594.jpg



大好きな沖縄だけに、ついつい厳しい目も向けてしまいますが、だんだん強くなっていた「本土並み」の拝金主義は影を潜めつつあるように感じました。
特にお世話になった民宿とコザの食堂の素朴で温かなもてなしに、また近々訪れたい気分に!

d0161382_455280.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
にほんブログ村  ポッチとクリック 全国の島々のみなさんのブログも

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ
にほんブログ村   ポッチとクリック ほかの島々のみなさんのブログも
by Wamploo | 2011-10-10 22:44 | Other
<< 満月の夜 月見しに行ったよ ♪ 夏を求めて秋の旅 1/2 >>



噴火から10年、帰島から5年、火山ガス「噴出ヤメッ!」とは、なかなかならない三宅島に、元気を取り戻してもらえるように、写真を中心に、テキト~に文章まき散らし、テキトーに規則正しく綴っていければと・・・
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
外部リンク
タグ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Powered By イーココロ!
FX情報サイトの入り口
ファン
ブログジャンル
画像一覧