三宅島 元気ハツラツぅ?

A Happy this year

帰京しました


 ANAは飛ばないことが常態化、頼りは東海汽船です。
しかし、東京(竹芝)~三宅島~御蔵島~八丈島航路はここ数日は、しけで欠航や繰上出航などこの年末になって運航ダイヤは乱れがち。

 ちなみに繰上出港というのは、天候等により一部の寄港地を省いて、その分その島からの出港を早めること。一般には「着発」という島の”専門用語”でよばれ、昼間には東京に着いて、半日活動できるからいいという意見もあります。それは前の晩から欠航にならない程度に海が荒れ気味とか、気象予報であらかじめ予想できるときは確かにね。

 隣の御蔵島は港の状況からパスされることが多く、その場合三宅島の上り便は  30分から1時間程度の繰上となります。
 問題は八丈島(当然御蔵島も)が欠航となったとき。簡単にいうと竹芝桟橋を出て、三宅島には何とか着きました。しかし、その先の三宅島以南の運航はしけのため打ち切り、竹芝にUターンするという事態。三宅に朝5時について、5時半から6時発の折り返し東京行きとなる。その日の14時30分の船に乗るつもりだったのが、9時間も早まるんですから、身支度・港への移動など容易ではありません。その場合は、4時前後に出港場所と時間について島内放送がありますが、普通は?アルコールのおかげでぐっすり寝ている時間。

 ただ、まだこれはまだまし。困るのは、竹芝から下り便に乗船したが、しけで三宅の港に接岸できず、八丈島まで行き、折り返しの上り便で14時過ぎに三宅に着く事態。竹芝から延べ16時間の船旅となります。

 とはいえ、これは時間はかかっても目的地には到着する。最悪なのは下り便も三宅に寄れずに、竹芝~八丈~竹芝という航路で振り出しに戻るという『(漁船よりは)豪華な客船で22時間無料クルーズ』。こんなことはめったにありません。そいうことが予想されるときは、まず竹芝から船を出さないし、しょっちゅうあったら たまりません。運賃は当然払い戻してもらえますが、この時間を返してくれという気にも?

 いずれの場合も島に住む人間にはこれも宿命とあきらめようもありますが、休みをやりくりして島へやってくる観光客のみなさんには「お気の毒」としかいいようがない。近年低気圧の通過が増えており、それに伴って欠航等も増加しているとのこと。ここにも地球温暖化の影響がいわれている。観光等で島へ渡る際は、ぜひ海の安定期においでください。


 私も2~3回欠航で足止めを食ったことはありますが、さいわい繰上出港や八丈流しの体験はありません。今朝も八丈島欠航で三宅島は繰上だったようですが、欠航と繰上出港の合間の日に、昨日定刻どおりの便で帰京しました。やはり人徳ですかね?!


d0161382_14312195.jpg

 カメリア丸も松飾りのお正月バージョン 


d0161382_1432844.jpg

  今年も残りあと数時間ですが、いったい何をやったのやら・・・・
ハッピーニューイヤの前にまだまだやるべきことが?あっ、年賀状もまだ書いてなかった。




にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ

フィードメーター - 三宅島 元気ハツラツぅ?
by wamploo | 2010-12-31 13:19 | Other
<< あけまして おめでとうございます 島のクリスマス >>



噴火から10年、帰島から5年、火山ガス「噴出ヤメッ!」とは、なかなかならない三宅島に、元気を取り戻してもらえるように、写真を中心に、テキト~に文章まき散らし、テキトーに規則正しく綴っていければと・・・
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
外部リンク
タグ
ライフログ
検索
人気ジャンル
Powered By イーココロ!
FX情報サイトの入り口
ファン
ブログジャンル
画像一覧