三宅島 元気ハツラツぅ?

祝 全島居住制限解除

 すべての集落が居住可能に

 12月4日土曜日夕方のニュースによれば、一地区だけ規制が残されている島東部の坪田高濃度地区(三池地区・沖ヶ平地区)への立ち入り規制の解除方針が村や専門家の会議で決定された。19歳以上に限る、脱硫装置を設置するなどの条件付きではあるが、三宅島すべての集落で居住が可能となった。
 全島避難から10年、帰島から5年の2010年の最後に訪れたビッグニュースで、来年早々にも規制解除が実現する見込みである。



d0161382_0415895.jpg

 三池港発着時の定期船から見える同地域。村役場も立地し、かっては島でもっとも賑わった場所だったという。


d0161382_2422850.jpg

         Click   (三宅村役場編 三宅島防災マップ)


d0161382_0425285.jpg


d0161382_043997.jpg


d0161382_0581965.jpg


d0161382_0594563.jpg

 10年間の立ち入り禁止期間は民宿や商店などにも大打撃


d0161382_11996.jpg


d0161382_131941.jpg


d0161382_17133.jpg


d0161382_184223.jpg


d0161382_195634.jpg

 急峻な山頂から中腹にかけてはガスにより枯れた樹木が多く荒れた山肌


d0161382_1123032.jpg

  山の裾野の居住区では、枯損木のあいだからススキなどの下草が生え植生回復がゆっくりと進む


d0161382_1125564.jpg


d0161382_1134044.jpg


d0161382_1141773.jpg

 かって家族団らんの場であった家々の無残な姿には心が締めつけられる


d0161382_1161648.jpg


d0161382_1165025.jpg


d0161382_1234013.jpg

 沖ヶ平の村役場庁舎は火山ガスのため閉鎖され、旧阿古小学校を臨時庁舎としているが、今回の規制解除でどうなるのか。ここも10年間の不在は大きく、庁舎再開は容易ではないだろう。


d0161382_1191921.jpg

 火山ガスで外装がボロボロになったサタド-岬の灯台はカラスの休憩所のようで、生きた風見鶏となっていた。灯台は老朽化しているが現役


d0161382_118067.jpg


d0161382_1195099.jpg


d0161382_1201778.jpg




 規制が解除されても居住再開は容易ではない。「もうーいいよっ」というだけでは絵に描いた餅でしかない。
 家屋の修復・再建、ライフラインの復旧、商業施設の再開、医療面でのケア、産業の立て直し、収入源の確保等々坪田の人々の生活再建への道は容易ではない。
 10年の歳月はあまりに長く、本土ですでに生活基盤も築いた人も多い。

 今回の発表は唐突な感じで、うわさ程度でもまったく事前に情報を聞くことはできなかった。島全体もまだまだ厳しい状況のなかで、三池地区・沖ヶ平地区の人たちに、具体的に何をどう協力できるかは、これから考えていくしかない。

 課題山積だが、規制解除は島にとって今年もっとも喜ばしいニュースであることは間違いない!

 ★今回の規制解除で、火山ガスを理由に、10日に3~4日しか、長いときにには1ヶ月も飛ばないANAの定期航空路線の就航もしっかりと見直しを!!本土との航空機によるアクセス確保は、三宅島の観光や物流など産業振興の面で大きな力となり、それが島の復興にも繋がるのだから。  

by Wamploo | 2010-12-05 22:14 | 三宅の風景
<< 島のクリスマス 小さい秋みつけた 2 >>



噴火から10年、帰島から5年、火山ガス「噴出ヤメッ!」とは、なかなかならない三宅島に、元気を取り戻してもらえるように、写真を中心に、テキト~に文章まき散らし、テキトーに規則正しく綴っていければと・・・
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
外部リンク
タグ
ライフログ
検索
人気ジャンル
Powered By イーココロ!
FX情報サイトの入り口
ファン
ブログジャンル
画像一覧